当サイトはアフィリエイト広告・PRを利用しています

テテ燃え尽き症候群はいつでバーンアウトの原因は?時期別に様子を紹介!

テテ燃え尽き症候群(バーンアウト)の時期はいつ頃だった?

ソロ活動がメインとなってからもファンの前に元気な姿を見せてくれているテテですが、実は元気がないと言われていた時期があります。

後になって燃え尽き症候群を経験したと語っていましたが、その時期はいつだったのでしょうか?

今回はテテの燃え尽き症候群はいつだったのか、バーンアウトの原因や、時期別にテテの様子を紹介していきます。

テテの燃え尽き症候群(バーンアウト)の時期はいつ頃?

テテはよく喋りよく笑う、そういった印象を抱いている方も多いと思います。

テテが元気がないのはいつからなのか調べていくと、2019年12月頃から元気がない・笑わないと心配の声が頻繁に上がるようになってきたようです。

そのため、2019年12月頃からテテが燃え尽き症候群(バーンアウト)を患っていた可能性がありそうです。

BTSがワールドツアー「`LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF`」の成功を収めた後ということになりますね。

 

テテが元気がない、笑わないと言われ始めた時期を時系列で検証していきます。

  • 2019年5月~10月のワールドツアー中:元気だった
  • 2019年12月~2020年1月:テテが笑っていないと言われ始めた
  • 2020年2月のカムバ:元気がないという印象はなし
  • 2020年3月:あまり話さず元気がないと言われる
  • 2020年4月~6月:少し元気になってきた
  • 2020年7月:表情が明るくなってきた
  • 2020年8月:やっぱり元気がないと心配の声も上がる
  • 2020年9月~:元気になったとの声が増える
  • 2020年10月:オンラインライブで元気そうな姿が増える
  • 2020年11月:元気になったとの声が増える

 

テテが元気がないと言われ始めた時期は2019年10月のワールドツアーを終えた後ではないかとも思われます。

2019年12月のテレビ出演時などは以前に比べ笑顔も減った印象でした。

 

2020年1月にはテテが”寝れない”といった投稿もしていたようです。

同じく1月後半〜2月のON期も元気がない様子がありました。

 

その後2020年4月からはそれ以前より元気になった印象を受けましたが、ときどき元気がないように見受けられるシーンもありました。

2020年9月以降はさらに元気になったと感じるファンも多いように感じました。

 

こうしてみると、2019年12月~2020年8月頃までに「元気がない」との声が多く上がっていた印象です。

約9か月間ということになりますね。

ただし、元気がないと言われた時期のVライブでも歌を歌ったり楽しそうな様子を見せてくれたこともありました。

ですので、この間ずっと元気がなかったわけではなく、その日、もしくは期間ごとに少し元気になったり元気がなかったりということを繰り返していたのではないでしょうか。

 

2020年10月にはオンラインライブ【MAP OF THE SOUL ON:E】が開催され、テテの元気そうな姿を見ることができました。

テテも世界的な情勢の中で辛く不安な思いをしていたのが伝わってきますよね。

ですが、こういった思いをファンの前で言えたことも回復の助けになったのではないでしょうか。

 

テテの燃え尽き症候群(バーンアウト)の原因は?

テテのバーンアウトの原因は、テテのコメントによると

  • 仕事上のストレス
  • ワールドツアーの中止によりファンに会えなかったこと

が主だったようです。

世界的な情勢によって、予定していたさまざまな活動が白紙になり、先が見えない状況になってしまったことが大きかったのかもしれませんね。

ただ、テテが燃え尽き症候群を経験したのは2019年12月頃からで、世界的な情勢の変化よりも前に発症していたようです。

そのため、仕事上のストレスなどいくつかの要因も関係していたのかもしれませんね。

 

テテの燃え尽き症候群(バーンアウト)は回復した?

テテの燃え尽き症候群が完全に回復したかは分かりませんが、2021年以降はテテが元気ないという声はほとんど見かけなくなりました。

また、テテ自身が自分の経験を振り返って「克服できた」と語っていることから、症状は良くなったのではないでしょうか。

ただし、前述したように燃え尽き症候群はうつ病の一種です。

うつ病は短期間での完治が難しいと言われていますし、再発することも多いですよね。

そういったことから、現在は症状は良くなっていても完治しているかどうかは分かりません。

 

症状がよくなったきっかけは、テテ自身が自分の気持ちに向き合い、達成感を得ることができたことのようです。

テテの曲である「Blue&Gray」には自分の気持ちを、タイトルには(自分の気持ちを)克服したいという意味を込めたと本人が話していました。

また、曲で表現している憂鬱な気持ちは、自分が打ち勝つために入れたもので、達成感によって”憂鬱”を克服できたとのことです。

 

テテが経験した燃え尽き症候群とは?

テテが経験した燃え尽き症候群ですが、精神的・身体的に影響がある病気です。

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)とは、それまでモチベーションを高く保っていた人が、突然やる気を失ってしまう症状です。努力に見合った結果が出なかった場合や、逆に大きな目標を達成したことで打ち込めるものがなくなり、何もやる気が起きなくなってしまう場合もあります。医学的には、うつ病の一種とされています。

引用元:かせ心のクリニック

特定の人が患うものではなく、誰もがいつ患ってもおかしくない病気だということですね。

 

まとめ

今回はテテ燃え尽き症候群はいつだったのか、ON期はどうだったのかを時系列で紹介しました。

テテが燃え尽き症候群を経験したのは2019年12月頃からで、仕事上のストレスやワールドツアーの中止によりファンに会えないことが原因だったようです。

最近では笑顔も多く楽しそうにしている姿を見せてくれて元気になったのでとても安心ですね。

これからもテテを応援していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。