テテ元気になった?元気がないのはいつからで燃え尽き症候群か検証してみた!

テテ元気になった?

今世界で最も熱い男性グループであるBTS。

日本でも大人気メンバーのテテ(キムテヒョン)ですが、一時期元気がないと話題になりました。

現在は元気になった姿でファンを楽しませてくれるテテですが、燃え尽き症候群では?とファンから心配されていた時期もありました。

そこで今回は、テテはいつから元気がないのか、そして元気になったのかを調べていきたいと思います。

テテ(キムテヒョン)は元気になった?

メンバーやファンから「天然・四次元・宇宙人」などと呼ばれているテテ。

自由奔放に振舞う姿は世界中のARMYたちを魅了してきました。

 

性格も人懐っこく、芸能界での交友関係も幅広いことで知られています。

そんなテテに「元気がない・笑わない・表情が暗い」などの心配の声が上がっていました。

 

どことなく元気がなく、心ここにあらずのようにも見えますよね。

テレビ出演やVライブなどでも元気がなさそうな様子がうかがえました。

数ヶ月前はこのように「元気がない」「あまり笑わない」「テテ大丈夫?」という声が多く、ファンも心配していたようです。

 

しかし、現在のテテには少し変化が見られています。

 

「テテが楽しそう」「元気になってよかった」と安心するという声が多いみたいです。

確かに表情も明るく、心から笑っているように見えますね。

顔をくしゃくしゃにして笑うテテにファンの皆さんも癒されているようです。

 

現在は元気になったテテですが、元気がない・笑わない時期はいつころからだったのでしょうか?

元気になった時期も気になりますよね。

次項で検証していきます。

テテ(キムテヒョン)が元気がない・笑わないのはいつから?

 

テテはよく喋りよく笑う、そういった印象を抱いている方も多いと思います。

テテが元気がないのはいつからなのか調べていくと、2019年12月頃から元気がない・笑わないと心配の声が頻繁に上がるようになってきたようです。

BTSがワールドツアー「`LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF`」の成功を収めた後ということになりますね。

 

テテが元気がない、笑わないと言われ始めた時期を時系列で検証していきます。

 

2019年5月~10月のワールドツアー中は元気だった

ツアー中、とても楽しそうなテテが印象的でした。

そんなテテにパワーをもらった方も多かったと思います。

 

2019年12月~1月にテテが笑っていないと言われ始めた

この頃から度々「テテ元気がないように見えるけど大丈夫?」と心配の声が上がるようになりました。

 

2020年2月のカムバックでは元気だった?

『MAP OF THE SOUL : 7』は久しぶりのカムバックということもあり、テテの元気がないという印象はありませんでした。

ファンもテテから元気をもらえたようです。

 

2020年3月も元気がなかった

この時もあまり話さず、いつもより元気がないと心配の声が上がりました。

2020年4月~6月は少し元気になってきた

この日は歌も歌ったり楽しそうな様子で、そんなテテの姿に癒されたファンが続出しました。

 

 

だんだんテテに笑顔が戻ってきた感じがしますよね。

テテが元気がなくて心配だったけど、元気になったようで少し安心したという声も聞こえてきました。

 

2020年7月は表情が明るくなってきた

2020年7月には日本4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』をリリース。

日本のテレビ番組で目にした方も多いかと思います。

この時は「テテ少し元気になったかな?」という声もあり、安心するファンが増えてきたように思います。

以前に比べると表情も少し明るくなったように見えますね。

 

2020年8月はやっぱり元気がないと心配の声も

2020年8月にはデジタルシングル『Dynamite』を発売。

「テテが元気がなくて心配」という声はかなり減ってきた印象でしたが、「やっぱりテテ元気がない」という声も少なくはありません。

 

2020年9月から元気になったとの声が増える

この頃から、「テテが最近元気になった気がする」という声も増えてきました。

表情を見ても自然に笑っている感じがしますよね。

 

2020年10月もオンラインライブで元気そうな姿

 

オンラインライブ【MAP OF THE SOUL ON:E】が開催され、テテの元気そうな姿を見ることができました。

 

テテもコロナ禍で辛く不安な思いをしていたのが伝わってきますよね。

テテが正直に語ってくれた言葉にファンは感動し、元気がなかったテテへの理解がさらに深まったような気がしました。

 

2020年11月には元気になった

 

『BE (Deluxe Edition)』の発売時は「楽しそうにしているテテが見れて嬉しい」という声も多かったです。

元気そうなテテの姿にファンも安心しているようでした。

とてもリラックスしていていい雰囲気だったと思います。

 

テテ(キムテヒョン)が元気がない・笑わないと言われた時期をまとめ

先ほど見てきたとおり、テテが元気がないと言われ始めた時期は2019年10月のワールドツアーを終えた後ではないかとも思われます。

2019年12月のテレビ出演時などは以前に比べ笑顔も減った印象でした。

 

その後2020年4月からはそれ以前より元気になった印象を受けましたが、ときどき元気がないように見受けられるシーンもありました。

2020年9月以降はさらに元気になったと感じるファンも多いように感じました。

 

テテ(キムテヒョン)が元気ないのは燃え尽き症候群だった?

BTSは2021年11月に『BE(Deluxe Edition)』をリリースし、記者会見でテテが「バーンアウトを経験した」と発言しました。

バーンアウトとは燃え尽き症候群のことをいうそうです。

燃え尽き症候群の時期については発言がありませんでしたが、ファンが「テテが元気がない・笑わない」と感じた時期と重なっていたのかもしれませんね。

ただ会見で克服したとも語っていたので、今は落ち着いているのではないかと思われます。

 

またテテはBTSのリアルバラエティ『In the SOOP BTS ver.』の中で「ARMY(ファン)に直接会えないと愛されている確信が持てなくて辛かった」といった発言もしています。

 

開催予定だったツアーも中止になってしまったことでとても悔しい思いをしたようです。

ファンにとってもテテやBTSメンバーと会えず辛い時期でしたよね。

テテ(キムテヒョン)が変わった・痩せたと話題に!現在のテテは?

 

現在のテテは燃え尽き症候群も経験し、少し痩せた?と話題になったようです。

少しフェイスラインがすっきりしたように見えますね。

 

 

表情も明るく、以前のように心配の声は無くなってきたと思います。

 

以前のように無邪気に騒ぐようなことは減りましたが、成長したという声が多いように感じます。

最近は以前のテテに戻ったというよりも、元気になってすごく落ち着いて大人の男性になったという印象です。

その中でたまに見せる少年のような姿がファンを夢中にさせている理由の1つではないでしょうか。

 

まとめ

今回は元気がない・笑わないと話題になっていたテテについて調べてみました。

燃え尽き症候群を経験したことと、ワールドツアーの中止によりファンに会えないことが原因だったようです。

最近では笑顔も多く楽しそうにしている姿を見せてくれて元気になったのでとても安心ですね。

これからもテテを応援していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。