すとぷりの歌詞は最低・感情がないと言われる理由は?名言や泣ける歌もある?

すとぷりの歌詞は最低と言われる理由

2023年1月からの全国アリーナツアー開催も決定し、これからの音楽活動が楽しみなすとぷり。

そんなすとぷりの歌詞を、みなさんはどのように感じているのでしょうか。

最低・感情がないといったような批判的な意見があるのか気になりますね。

また、名言や泣けることで評判なのはどの曲の歌詞なのでしょうか。

今回は、すとぷりの歌詞に最低・感情がないという意見はあるのか?名言や泣ける歌詞は?といった疑問について調査します。

すとぷりの歌詞は最低・感情がないと言われる理由は?

すとぷりの歌詞は最低・感情がないと言われているそうです。

その理由は何故でしょうか?

すとぷりの歌詞が最低・感情がないと言われている理由を調査しました。

 

すとぷりの歌詞で最低・感情がないと言われる歌は何?

すとぷりの歌詞で、最低・感情がないと言われている歌は見つかりませんでした。

「AquaKiss」や「苺色夏花火」など過去に炎上したすとぷりの歌も見つかりましたが、これはMVの内容に対してパクり疑惑が浮上したものでした。

歌詞に対しての批判ではありませんね。

 

すとぷりの歌詞は、すとぷりメンバーの個性を非常によく表現しています。

また、それぞれのメンバーが思いを込めて作詞している曲も多いですよね。

歌詞に不満を抱くファンは少ないのではないでしょうか。

 

すとぷりの歌詞で最低・感情がないと言われる理由は?

すとぷりの歌詞が、最低・感情がないと言われる理由は見つかりませんでした。

しかし、状況によっては批判的な意見に発展するケースがあるようです

 

1つ目は、すとぷりの炎上騒ぎが発生したために、歌詞に対する嫌悪感が生まれてしまうケースです。

炎上騒ぎを連想させるような歌詞があると、好きだった曲であっても素直に受け止めることができなくなってしまいますよね。

好きな曲が嫌いになってしまうことは、すとぷりとファン両方にとって悲しい出来事ではないでしょうか。

 

2つ目は、すとぷりを知らない人に歌詞の内容が合わないケースです

すとぷりはファンに語りかけるような曲が多いですよね。

また、「STRIKE the PRISON!!」や「おかえりらぶっ!」のように、メンバーのセリフが入っている曲も多くあります。

ファンにとってメンバーに語りかけられることは嬉しいことですが、すとぷりを知らない人は気恥ずかしく感じて敬遠してしまうようです。

 

すとぷりの歌詞で名言や泣ける・感動する歌もある?

すとぷりの歌詞には、名言や泣ける・感動する歌が沢山あります!

Twitterにあがっている声をもとに、すとぷりの名言や泣ける・感動する歌を紹介します。

 

シルベボシ

2022年5月8日に公開された「シルベボシ」

るぅとさんとTOKUさんが作詞をしています。

 

https://twitter.com/rau_tagenari_ro/status/1557945893923434496?s=20&t=p7wfOuM1Yb67BQQXtE_A2w

「シルベボシ」は2022年3月14日にななもり。さんが無期限活動休止の発表をしてから、初めての5人でのオリジナル曲となります。

この歌詞には、ななもり。さんのことを思って書いた歌詞ではないか?という考察や、リスナーへの感謝を込めた歌詞ではないか?という考察がありました。

5人での活動となったすとぷりに寂しさと不安を抱えたファンにとっては、多くの意味を考えさせられる歌詞となったようです。

 

ヨアケイロ

2022年9月19日に公開された「ヨアケイロ」

るぅとさんとTOKUさんが作詞をしています。

 

https://twitter.com/umi_rinu330/status/1571830891999297539?s=20&t=p7wfOuM1Yb67BQQXtE_A2w

「ヨアケイロ」は、2022年8月28日の埼玉・ベルーナドームでの公演をもってジェルさんが活動休止してから、初めての4人でのオリジナル曲となります。

「ヨアケイロ」の歌詞については、ジェルさんのことを思って作った歌詞ではないか?と考察されていました。

MVのオレンジ色や歌詞の内容から、ジェルさんを連想するファンが多かったようですね。

 

また、MVに紫色が使用されていたことから、ななもり。さんへの思いも込めているのでは?という考察もあるようです。

すとぷりの変わっていく姿を見守ったファンにとっては、非常に心に響く歌詞になっています。

 

Since 1998.(莉犬)

2020年5月24日に公開された「Since 1998.」

莉犬さんのソロ曲となり、作詞も莉犬さんが行っています。

 

莉犬さんは過去に自身が性同一性障害に悩んでいたことを告白しています。

歌詞からはそんな莉犬さんが抱えてきた苦悩と、前に進もうとする強い決意を感じました。

莉犬さんの生き様と言っても過言ではないこの曲には、非常に多くの泣けたという声が寄せられています。

 

まとめ

今回は、すとぷりの歌詞に最低・感情がないという意見はあるのか?名言や泣ける歌詞は?といった疑問について調査しました。

批判的な意見は見つかりませんでしたが、名言や泣ける歌詞は沢山見つけることができました。

紹介できたのはごく一部なので、またすとぷりの名言や泣ける歌詞を紹介したいと思います。

今後の新曲を楽しみに、すとぷりを応援していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。