別れて半年でまだ辛い理由と対処法は?まだ好きでも立ち直る方法を紹介!

別れて半年でまだ辛い理由と対処法

「元彼・彼女と別れて半年以上たってもまだ辛い…」「まだ好きで立ち直れない…」そんな辛い思いをしている人は多いです。

大好きな恋人との別れ。それは人生の中でも非常に辛い出来ことですよね。

1~2か月で立ち直る人もいれば、半年や数年かかっても立ち直れない人もいます。

今回は別れて半年でもまだ辛い理由と、まだ好きだと想っていても立ち直るための対処法について紹介します。

別れて半年でまだ辛い理由は?

絶望する女性

はじめに、なぜ別れて半年でもまだ辛いと感じてしまうのか。

その4つの理由を次項から紹介していきます。

 

元彼・彼女をまだ好きだから

まず1つめの理由は元彼・彼女がまだ好きだからです。

恋人同士が別れてしまう原因は様々ですが、以下に当てはまる人はこの傾向にあります。

別れた原因例
  • 元彼・彼女に振られてしまった
  • 喧嘩をした勢いで別れてしまった
  • 周囲の反対などでやむを得ず別れることになってしまった

 

この場合、元彼・彼女が好きなのに別れることになってしまったため、別れたあとでも好きだという想いがなかなか忘れられません。

また、現在の元彼・彼女との関係が好きという気持ちとは裏腹になっているため、辛いと感じる気持ちに拍車をかけています。

 

別れたあとの関係も人によって様々です。

連絡を完全に断ち切って一目会うことも叶わない場合もあれば、友人として交流を続けている場合もあります。

ただ、いずれにしても友人以上の関係ではないでしょう。

これは好きなのに恋人には戻れないという非常に辛い状態です。

 

つまりは元彼・彼女をまだ好きだと想っているのに、恋人時代のような付き合いをすることが叶わない。

それによって辛いと感じてしまうのです。

 

元彼・彼女の幸せを願えないから

2つめの理由は元彼・彼女の幸せを願うことができないからです。

恋人同士が別れた場合、基本はそれぞれ別々の道を歩みます。

そして新たなパートナーと出会い、いずれ幸せな家庭を持つこともあるでしょう。

 

また、幸せは新しいパートナーとの出会いだけではありません。

年収が増加したり趣味に全力を注ぐなど様々な形があります。

当然、別れた元彼・彼女も同様です。

 

しかし、それを願えないという人も多いのではないでしょうか。

それは主に以下のような感情によってそう思ってしまうのです。

幸せを願えない感情例
  • 自分が惨めだと感じてしまう
  • 自分が元彼・彼女の一番だと思っていた
  • まだ未練がある
  • 自分より幸せになってしまうことが許せない
  • 恨みがあり幸せになってほしくない

 

このように思い出によって様々です。

それではなぜ辛いと感じてしまうのでしょうか。

それは、元彼・彼女が幸せになることを恐れて不安な気持ちになっているからです。

自分にはどうすることもできないもどかしさもあるでしょう。

 

つまりは元彼・彼女の幸せを願えないのにいつかは幸せになってしまう不安から辛いと感じてしまうのです。

 

夢中になれる事がないから

3つめの理由は自分が夢中になれる事がないからです。

お付き合いをしているときに、恋人に対して夢中になるのはごく自然のことです。

しかしそれ以外に夢中になれるものがなく、恋人が生活の中心であった人はこの傾向にあります。

別れてしまったときに夢中になれるものがなくなってしまうのです。

 

夢中になれる事がない状態だとついつい元彼・彼女のことを考えてしまいます。

そして別れてから時間が経てば経つほどに思い出がどんどん美化されていってしまうのです。

 

もちろん美化されていなくとも素敵な思い出がたくさんあるでしょう。

しかし、どれだけ元彼・彼女のことを考えたとしても、今は以前のような関係ではありません。

また、なにも考えることができず無気力状態になっている場合もあります。いずれも非常に辛い状態と言えます。

 

つまりは他に夢中になれる事がないからつい元彼・彼女のことを考えてしまい辛いと感じてしまうのです。

 

ひとりの環境に慣れていないから

4つめの理由はひとりの環境にまだ慣れていないからです。

恋人と別れてしまい、ひとりの状態になると様々な環境の変化があります。

その変化になかなか慣れることができない人は多いでしょう。

環境の変化は大きく分けて2つあります。

 

まずは愛する人とのふれあいがなくなったことです。

物理的なふれあいだけではなく、連絡などの手段も恋人だったときのようにはできません。

恋人と会ったり連絡をとりあう頻度は人によって様々ですが、今までずっと続いてきたことが急になくなってしまった喪失感は相当なものでしょう。

 

もう1つの変化は恋人関連のイベントに参加できなくなったことです。

それによって寂しくなったり、恋人がいる人に対して劣等感やひがみの感情さえ持ってしまう人もいるでしょう。

 

以上を踏まえてまとめますと、まだひとりの環境に慣れていないため喪失感や寂しさなどから辛いと感じてしまうのです。

 

別れて半年でまだ辛いと感じる・思い出す瞬間はどんなとき?

次に、別れて半年でもまだ辛いと感じてしまう・思い出してしまう瞬間はどんなときでしょうか。

4つのこと例を次項から紹介していきます。

 

元彼・彼女との思い出がよみがえったとき

1つ目は元彼・彼女との思い出がよみがえったときです。

別れてどれだけの期間が過ぎたとしてもふとした瞬間に元彼・彼女との思い出がよみがえります。

思い出すシチュエーションは下記のように様々です。

シチュエーション例
  • 一緒にデートした場所を通った
  • 元彼・彼女が好きなものを見た
  • 元彼・彼女と同名を聞いた
  • 元彼・彼女の誕生日に気がついた
  • 思い出の品が出てきた
  • 同じ香り(香水や柔軟剤など)がした
  • 元彼・彼女のSNSを見た
  • 寂しかったり悩んだりでネガティブになっている

 

このようなときによみがえるのは基本的に楽しかった思い出が多いです。

それによって「あのころは楽しかった…」「どうして別れてしまったのか…」「戻りたい…」などネガティブな感情が出てきてしまいます。

 

つまりは元彼・彼女との思い出がよみがえったときにネガティブな感情が出てきてしまいまだ辛いと感じてしまうのです。

 

イベントのタイミング

2つめは各イベントのタイミングです。

イベントはカレンダーにも載っている季節の恒例イベントや、娯楽施設などでの限定イベントなど様々なものがあります。

中にはカップル向けのイベントも多くあります。そして、元彼・彼女とお付き合いしていた時期に参加していた人も多いでしょう。

とくにバレンタインデーなどのイベントは街中がカップル向けの装いになっていて、どうしても目に入ってしまいます。

 

また、イベント当日は多くのカップルが街中で愛を育んでいるところを見てしまうでしょう。

そのイベントのタイミングで元彼・彼女のことを思い出すのと同時に、寂しさがこみあげてきてしまうのです。

 

このことから、イベントのタイミングで寂しさと同時に辛いと感じてしまうのです。

 

元彼・彼女に会った・見たとき

3つめは元彼・彼女に会った、もしくは見かけたときです。

別れてしまったあと、元彼・彼女と連絡をとることはなくなり疎遠になった人が多いでしょう。

中には友人として連絡をとり続けている人もいますが、大多数の人が疎遠になっています。

 

しかし、運命のいたずらか疎遠になったとしても、思わぬところで再会を果たしてしまう場合があります。

それぞれの生活圏が変わらなくても、離れてしまっても、見かけたり出会ってしまうことがあるのです。

そのシチュエーションは下記のように様々です。

シチュエーション例
  • 生活圏内でばったり
  • 共通の知人と会ったら元彼・彼女もいた
  • 同窓会などのパーティーに参加していた
  • 仕事関連の付き合いで偶然

 

パーティなどはともかく、ほとんどが偶然で予想外に再会してしまいます。

心の準備が一切できていない状態で会ってしまうため動揺も大きいです。

実際に会って話をしたともなれば、お付き合いしていた当初の記憶がよみがえり、過去に戻れないことを自覚してさらに辛くなってしまうことでしょう。

 

このことから、元彼・彼女に会った・見たときに瞬間的に思い出がこみ上げてきてしまい辛くなってしまうのです。

 

元彼・彼女の幸せな情報を聞いたとき

4つめは元彼・彼女の幸せな情報を聞いたときです。

意図せずとも元彼・彼女の現状を知る機会があります。

それは共通の知人からの情報だったり、SNSによる本人の投稿などがあります。

つい気になって自分から調べてしまう人もいます。

そして、そのときに元彼・彼女が幸せになっているという情報を見聞きすることもあるでしょう。

 

上記でも紹介していたとおり、半年でも辛いと感じてしまう理由の1つに「元彼・彼女の幸せを願えない」という感情があります。

そのような状態のときに元彼・彼女の幸せな情報を聞いてしまうのは非常に辛い状況といえます。

 

そのため、元彼・彼女の幸せな情報を聞いたとき、幸せを素直に願うことができず辛いと感じてしまうのです。

 

別れて半年でまだ辛い・好きな場合の対処法(立ち直り方)は?

青空を向く女性

それでは、別れて半年でまだ辛い・好きな場合はどうすればいいのでしょうか。

6つの対処法と立ち直り方を次項から紹介していきます。

 

自分が夢中になれる事を見つける

1つめの対処法は自分が夢中になれる事を見つけることです。

夢中になれる事があると、それらに集中することで自然と元彼・彼女を考えてしまう時間も減り、辛いと感じることもだんだんとなくなっていきます。

ジャンルはどのようなものでも問題ありません。

 

仕事関係に夢中になって成果を出したり、資格を取得してキャリアアップをするのもいいですね。

もしくは、趣味など自分が興味のあるものに夢中になって趣味を全力で楽しむのもいいでしょう。

それによって新しい交友関係が生まれ、新たな出会いが生まれることもあります。

 

「自分が夢中になれるものがわからない」という人も多くいます。

そういった人は現状で自分にできそうな事を片っ端からやってみましょう。

自分でも気づいていない趣向や才能を開花させる可能性がありますよ。

「自分が夢中になれる事を見つける」ことに夢中になるのでもいいです。

そうすることで少なくとも、元彼・彼女を思い出して辛いと感じる時間が少しでも減っていきます。

 

このように自分が夢中になれる事を見つけて、辛いと感じる時間を減らしていきましょう。

 

新しい場所に出かけてみる

2つめの対処法は新しい場所に出かけてみることです。

思い出が詰まった場所から動かず留まっていると、元彼・彼女を思い出す機会が多いため辛い状況が続いてしまいます。

そのため、思い切って今まで行ったことのない新しい場所へ出かけてみることで、いい気分転換になります。

もしかしたら新しい発見や出会いがあるかもしれません。

 

近場に出かける場合は、いつもは通らない道やお店など新しい場所はたくさんあります。

もし、近場は行きつくしてしまったという人は、隣の駅など少し離れてみるだけでも新しい場所があります。

遠方の場合は、思い切って今と全く違う環境の土地へ旅行してみましょう。

環境からすべて新しい場所になるので、さらに気分転換なります。

 

このように近場・遠方関係なく新しい場所に出かけてみることで、辛いと感じる気持ちをリフレッシュできるのです。

 

元彼・彼女に関する物を処分する

3つめの対処法は元彼・彼女に関する物は処分することです。

元彼・彼女との思い出の品を大ことに保管している人は多いです。

また、元彼・彼女を思い出すきっかけになってしまいそうな物もそのまま使い続けていることもあります。

持ち続けている理由は「元彼・彼女が忘れられない」「まだ使えるのにもったいない」「めんどくさい」など人によって様々です。

 

元彼・彼女に関する物はすべて処分してしまいましょう。

大きな家具などすぐに処分が難しい物だった場合でも、できれば処分して新しいものに買い替えましょう。

元彼・彼女に関係する物を使用し続けることで、自然と思い出してしまい辛いと感じてしまいます。

思い切って全て処分してしまうことで、立ち直るキッカケになります。

 

立ち直りたいと思っているのであれば、元彼・彼女関連の物をすべて処分し、少しでも思い出すキッカケになりそうな物をなくしていきましょう。

 

新しい恋を探す

4つめの対処法は新しい恋を探すことです。

元彼・彼女のことをずっと想い続けたとしても、再び恋人に戻る可能性はゼロではありませんが難しいでしょう。

自分と相性がいいのは元彼・彼女しかいないと思い込んではいませんか?

異性は元彼・彼女だけではありません。

日本中・世界中を探せば自分と相性がいい人はたくさんいます。

 

思い切って元彼・彼女に見切りをつけて、新しい恋を探し最後まで自分を愛してくれる人と出会うように行動しましょう。

探し方は以下のようなものがあります。

恋の探し方例
  • 知人友人に紹介してもらう
  • 仕事関係の集まりなどに積極的に参加する
  • 合コン・街コンに参加する
  • 恋活パーティーに参加する
  • 出会い系サイト・マッチングアプリに登録する
  • ゲストハウスに宿泊する
  • 普段は行かない場所へ出かける

 

近年では婚活ではなく恋活というものが話題になっています。

結婚ではなく恋をすることが目的なので、気軽な気持ちで参加することができるでしょう。

もちろん、将来的に結婚を視野に入れている場合は、婚活パーティーや結婚相談所に登録するという方法もあります。

 

元彼・彼女への想いから立ち直るためには、辛い恋には見切りをつけて新しい恋を探しに行きましょう

 

別れた原因を改善する

5つめの対処法は元彼・彼女と別れた原因を改善することです。

4つめの対処法で「新しい恋を探す」と紹介しましたが、その前に元彼・彼女と別れることになった原因を考えてみましょう。

別れた原因は人によって様々ですが、自分に非があると自覚している場合は改善することが必要です。

 

また、相手に非があると思っていたとしても、自分に非が無かったか思い出しましょう。

無自覚に相手を傷つけていた可能性もあります。

もし改善しないまま新しい恋を探した場合、元彼・彼女と同様に別れてしまうことになってしまうでしょう。

 

また「いくら考えても自分の非がわからない」「改善方法がわからない」という人もいるでしょう。

下記にいくつか方法を載せましたので、ぜひ参考にしてみてください。

別れた原因の調べ方
  • 共通の友人に元彼・彼女からなにか聞いていないか確認してみる
  • 自分の性格について家族や友人にリサーチする
  • 別れたときの状況を第三者に説明して原因はなにか聞いてみる
  • 恋愛相談サービスでアドバイスをもらう

 

ここで重要なのは、もし自分に非があった場合は素直に認めて改善しようと努力することです。

もしかしたら聞いた内容が納得できないかもしれませんが、第三者の意見は受け止めましょう。

 

元彼・彼女と別れた原因をはっきりさせ改善することで、新しい恋もうまくいくことでしょう。

 

占いで幸せになるヒントをもらう

6つめの対処法は占いで幸せになるヒントをもらうことです。

占いは当たるも八卦当たらぬも八卦とはいいますが、実は幸せになるヒントがもらえることも多いのです。

対面や電話占いなど、実際に占い師とお話ししながら占ってもらう場合、カウンセリングのような効果もあったりします。

そして占い結果でヒントをもらうことで、同時に新しい行動をする後押しをしてもらえるのです。

 

私の一番のおすすめはココナラ電話占い(チャットも可)です。

全国の人気占い師2,500人以上が登録/

【登録で3000円無料クーポンゲット】ココナラ電話占い

上場企業が運営しているから安心▲

 

占い師から風水のアドバイスをもらって部屋の環境を改善するという方法もあります。

風水には「各場所を清潔に保つ」「空気をこまめに入れ替える」など、気軽に実践できるものもあります。

自分に実践できそうな範囲で試してみてはいかがでしょうか。

 

立ち直るためになにをどうしたらいいのかわからなくなってしまった時は、占いでヒントをもらってみましょう

 

まとめ

今回は別れて半年たってもまだ辛いと思ってしまう理由と、立ち直るための方法について紹介しました。

元彼・彼女のことを忘れられずに辛いと苦しんでいる人たちが、この記事を読んで少しでも気持ちが前向きになっていただけたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。