BTSの神戸事件の真相は?ペン卒急増でグクやジンの対応も問題だった?

BTSの神戸事件の真相は?

デビュー当時から深い信頼関係で結ばれているBTSとARMYですが、その信頼関係が一度崩れかけ、多くのARMYがペン卒してしまった事件がありました。

それが「神戸事件」です。

この記事では多くのARMYが傷を負った「神戸事件」について詳しく紹介していきます。

この記事では、BTSのメンバーであるジンやグクの対応についても紹介していきたいと思います!

BTSの神戸事件の真相とは?

BTSは2015年12月26日から28日の3日間、神戸ワールド記念ホールにて BTS LIVE“〈花様年華〉on stage ~Japan Edition~” を開催する予定でした。

1日目は予定通り開催されましたが公演2日目に神戸事件は起こりました。

ファンが会場入りを済ませメンバーが登場する瞬間を今か今かと待ちわびていた時に、突如アナウンスが流れ、神戸公演の公演中止が発表されたのです。

公演中止に伴い3日目に全国で開催が予定されていた生中継のライブビューイングも中止となりました。

アナウンスが発表されると会場は騒然とし、ARMYの泣き声が会場に響き渡りました。

 

公演中止はテテとユンギの体調不良によるもので、二人は会場へ訪れたARMYのためにもステージに立ちたいという強い意志を表明していたため発表が遅れたそうです。

結局、27日は他の5名のメンバーがステージに登場し3曲を披露しましたが、悲しみに包まれたまま幕は閉じました。

BTS公式サイトによる神戸公演中止の案内はこちらからご覧いただけます。

 

BTSの神戸事件で炎上した理由は?

体調不良による公演中止なら「事件」とまでは言えませんよね。

この公演中止が炎上した理由は一体何なのでしょうか?

炎上した理由は、公演中止発表後の事務所やメンバーの対応にありました。

公演中止の案内時に公式からは謝罪がありましたが、メンバーのテテやユンギからは特にコメントもありませんでした。

 

さらに、心待ちにしていたコンサートが突如中止となったファンには悲しい出来事が続きました。

炎上した主な理由として考えられるのは以下の通りです。

  • テテのツイート
  • ユンギのツイート
  • グクやジンの対応
  • 振替公演
  • 事件後すぐに韓国の音楽番組に出演

 

これらについて一つずつ詳しく紹介していきます。

 

テテのツイートが問題だった?

12月29日、テテが愛らしい笑顔の動画とともに神戸公演中止後に初めてTwitterを更新しました。

それがこちらのツイートです。

僕らのかわいこちゃん達 心配したんだって?? #オッパは大丈夫

 

続けて更新されたものがこちらです。

心配しないで オッパはスーパーマン

 

天然で無邪気なテテらしく体調を気遣うARMYを想ってツイートしたのだと思います。

ですが、ARMYからは「ファンの気持ちも汲み取ることができず、プロ意識が欠けている」「誠意を感じられない」などの声も上げられました。

 

ユンギのツイートが問題だった?

ユンギも12月29日にTwitterを更新しました。

ユンギのツイートはこちらです。

大丈夫という言葉さえも皆さんが心配をしてしまう気がして簡単には言えないけれども僕は本当に大丈夫です!!心配してくださったARMYの皆さんにとても感謝していますし、愛しています。僕は本当に大丈夫だから、これからは心配せずに!本当に愛していますARMY本当に。

 

ユンギのツイートは感謝や愛の気持ちも伝えており、ARMYを安心させる文ではありますよね。

ただ、すべて韓国語で書かれていたため日本のファンへの想いが感じられず、落胆してしまったARMYも少なからずいました。

 

グクやジンの対応も問題に?謝罪がなかった?

27日の公演中止発表後、3曲を披露する際にリーダーであるRMが冒頭に謝罪しました

曲を披露している間、グクはテテのパートで涙を流し、ジミンとジンからも涙を堪える姿が見られたそうです。

他のメンバーもファンと同じように涙ぐむ姿も見られ、披露後は頭を下げながら退場したと言います。

このことから、グクやジンの対応には問題がなかったのではないのでしょうか

また、公式サイトでも公演中止の案内の際に謝罪をしていました。

 

振替公演がなかった?

こちらの公演は2016年3月22日、23日に振替公演が行われました

また、23日の公演は全国の映画館でライブビューイングも開催されました。

ただ、返金や振替公演などの対応が迅速に行われないままファンクラブは冬期休暇に入ったため、ファンからは反感を買いました。

BTS公式サイトからの神戸公演の振替の案内は2016年1月7日、払い戻しの案内は1月13日に発表されました。

 

振替公演ではグクが「お待たせしました。待っていてくれてありがとう。」とARMYに声をかけ、冒頭でユンギが謝罪しました。

ただ、テテからは特に謝罪もなく、途中で席を立つARMYも見受けられました。

しかし、最後にはテテも「心が重かったですよね?ごめんなさい。」と日本語で謝罪しました。

 

BTSは事件後すぐに韓国の音楽番組出演

体調を案じて公演を中止し、すぐに帰国したメンバーですが、2015年12月31日には韓国の音楽番組「2015 MBC歌謡大祭典」に出演しました。

この番組では体調不良だったユンギ、テテともに何事もなかったかのように元気な姿でパフォーマンスをしていました。

そのため、SNS上では「体調不良は嘘だったのではないか」「神戸公演の中止はもともと決まっていたのではないか」などさまざまな憶測が飛び交いました。

また、この時点では精密検査の結果が明らかになっておらず、休養させるべきだとの声も上がりました。

 

BTSユンギの神戸事件後のツイートとは?

ユンギは2016年1月10日にTwitterを更新し、自身の心境を長文で伝えました。

神戸公演の2日目…その日以降僕は深い眠りについた記憶がない気がする。多くの方々を傷つけてしまったせいなのか、いつも眠りにつくと冷や汗とともに目が覚める。ステージに上がることができず多くの方々を傷つけてしまったので、何があってもステージに上がろうと誓った。(中略)時間を戻すことができるのなら僕はあの日何があってもステージに立っただろう。

 

BTSユンギの神戸事件後のツイートの内容は

  • 神戸公演のステージに立てなかった後悔
  • 休暇の間に再び神戸を訪れていたこと
  • 今後は何があってもステージに上がるという決意

でした。

このツイートからユンギは公演中止後とても悩んでいたことが垣間見えますね。

ですが、神戸に行った証拠や目撃情報がなかったため、本当に神戸に訪れたのかと疑問視する声もありました。

また、日本のファンのことをARMYではなくファンの方々と書いていたことから日本のファンはARMYではないのかと複雑な心境を口にするファンも見受けられました。

 

BTSの神戸事件でペン卒が急増した?

神戸事件の際、メンバーの態度からはプロ意識や誠意を感じられず、ARMYからは「苛立ちや悲しみを覚えた」「信頼できない」「失望した」との声が多く上がりました。

本当に心から応援しているからこそ失望するファンの気持ちはよく分かりますよね。

この事件がきっかけでペン卒した人が多いことは確かですが、事件後にもファンを続けていくという選択をしたARMYがたくさんいることも間違いありません。

 

ファンを続けることを選択したARMYがいたからこそBTSは今、世界的大スターとして活躍しているのではないのでしょうか。

ユンギのツイートからこの事件を機に、彼らの意識や考え方が変わったことが伝わりますよね。

この事件を乗り切ったことでBTSとARMYの信頼はさらに深まったのではないのでしょうか。

 

まとめ

今回はBTSの神戸事件の真相について紹介しました。

なかなか会えないBTSの公演を心待ちにしていたファンには今も深い傷として残っているのではないのでしょうか。

直前にして楽しみを失った悲しみは計り知れませんし、ペン卒した方の気持ちもよく分かります。

また、神戸事件におけるグクやジンの対応は誠意が感じられ、問題は見つかりませんでした。

これからもBTSとARMYがお互いに信頼し合い、ARMYが曇りなく応援できることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。