女性から寂しいと言われた男性心理は?寂しいと言う女性心理や脈は?

女性から寂しと言われた男性心理

女性から寂しいと言われた男性心理を考えたことがありますか?

女性から寂しいと言われた男性は、好意があるかないかではっきりと態度に出る人が多いでしょう。

また、中には恋愛感情は関係なく肉体関係を求めていると勘違いをする人もいるので注意が必要です。

今回は、女性から寂しいと言われた男性心理、寂しいと言う女性心理と脈アリなのか、女性から寂しいと言われて勘違いする場合を解説します。

女性から寂しいと言われた男性心理5つ

女性から寂しいと言われた男性心理は次の5つが考えられます。

  1. 頼りにされているようでうれしい
  2. 自分に好意があると感じる
  3. 付き合ってもいないのに困る
  4. 相手をするのは面倒くさい
  5. 肉体関係を求めているように感じる

女性から寂しいと言われると、基本的に男性は頼りにされていると感じ、自信がつくので満足感を得られる人が多いでしょう。

しかし、関係性やもともとの性格上、疎ましく感じる人もいるようです。

 

男性が寂しいと言う女性に対してネガティブな感情を抱いていなければ、うれしいと感じるでしょう。

また、寂しいと自分に行ってくるのは好意を抱いているからと確信する男性もいます。

しかし、男性側があなたに対していい印象を抱いていないのであれば、反応に困ったり、面倒くさいと感じてしまったりする人もいるでしょう。

あなたの恋愛感情の有無とは関係なく、体の繋がりを求めていると感じてしまう男性もいるようです。

 

頼りにされているようでうれしい

あなたに好意があるか、嫌いではない状態である場合は、頼りにされているようでうれしいと思う男性が多いと思いますよ。

男性は女性に頼りにされたいと思う人が多い傾向があります。

女性から頼りにされたことが自信となり、承認欲求を満たしていくのでしょう。

そのため、嫌いでない限りは寂しいと自分に打ち明けてくれたことをうれしいと思うようです。

 

女性に対して好意が合って、その女性から寂しいと言われるとうれしいと思うのは当然と言ってもいいでしょう。

女性が言う寂しいが、彼氏がいなくて寂しい、貴方ともっと一緒にいたい、など言っているように聞こえるのです。

女性がどういう意味で言っているかよりも、男性にとって都合よく解釈してしまう可能性があります。

 

自分に好意があると感じる

女性が好意があるかないかは別として、男性は自分に好意があると感じる人が多いようです。

実際好意があって、男性に寂しいと言ってみる女性もいるでしょう。

一方で、最近彼氏と別れてしまい寂しいと感じている女性が、仲の良い男友達に寂しいとこぼしているだけの場合もあります。

このような状況でも、寂しいと言うと自分に好意があると感じてしまうようです。

 

男性の脳は、女性よりもポジティブに解釈することにたけている傾向があります。

そのため、相手が寂しいと言う言葉も、自分に好意があるから言っていると考える人が多いのでしょう。

女性からの寂しいというネガティブな言葉も、男性の頭の中では自分に好意を伝えるポジティブな言葉に変換されている可能性があります。

 

付き合ってもいないのに困る

寂しいと言われても、付き合ってもいないのに困ると思ってしまう男性もいます。

男性は女性からの寂しいという言葉を、自分に向けられた好意から出てきた言葉と解釈する場合があるようです。

特に真面目な男性であれば、付き合ってもいないのに寂しいと言われても困ってしまうようですね。

 

付き合っていない男性からすると、女性の寂しさを埋めるのは彼氏の役割であり自分の役割ではないと感じるのでしょう。

女性からすると、少し話を聞いてほしいだけかもしれません。

しかし、男性が女性から好意を感じてしまっているのであれば、自分の役割ではないことを要求された気分になるのです。

どうしたらいいか分からずに、困ってしまう男性もいるでしょう。

 

相手をするのは面倒くさい

女性から寂しいと言われると、相手するのは面倒くさいと感じる男性もいるでしょう。

男性は感情よりも理論や結果を重視する傾向があります。

さらに、男性は女性よりも人間関係を築くのが苦手という人が多いです。

そのため、女性から寂しいと言われても、理解できず、話を聞くのも面倒くさいと思ってしまうようですね。

 

女性が寂しいと泣きそうになっても、好きでもない女性であれば自分が手を貸せることもないと判断する男性もいます。

結論を出すことを重視する男性と、感情を理解してほしい女性とでは求めている答えも違いがありそうです。

そのため、女性の話を聞く前に感情的な話を聞かされることを予想して、面倒くさいと感じてしまう男性もいるでしょう。

 

肉体関係を求めているように感じる

女性の言う寂しいという言葉が、肉体関係を求めているように感じる男性もいます。

男性は女性よりも性的欲求が強い傾向があるので、女性が寂しいというとそのように解釈してしまうのかもしれません。

特に、彼氏に振られたあとなど気持ちが落ち込んでいるときは、男性の目にも人肌恋しそうに見えるのでしょう。

 

寂しいと言った女性は、ただ話を聞いてほしいという気持ちがあっただけかもしれません。

相手の男性に寂しいというほどには気を許していると思いますが、彼氏と別れたことですぐに肉体関係を結びたいと思う女性は少ないです。

しかし、男性は自分が望む方へ勘違いする傾向もあるため、あなたの様子を見て自分の都合のいい解釈をする人もいるでしょう。

 

女性から寂しと言われた男性心理は関係性で変わる

女性から寂しいと言われた男性心理は、あなたと男性の関係性で大きく変わってくるでしょう。

上司や同僚、同級生、友人と関係性が近ければ近いほど、女性が寂しいといったとき真剣に聞き入れてくれるでしょう。

立場上聞いてくれる場合もあります。

寂しいという女性のコンディションが悪いと、仕事に支障をきたすようでは上司や同僚は聞かざるを得ないと思います。

 

さらに、好意があるかないかで反応が大きく違います。

好意があれば関係性を無視してでもあなたの寂しい気持ちも受け入れてくれるはずです。

なぜ寂しいのか、自分に何ができるか真剣に考えてくれます。

好意がなければ、あなたに好かれる必要もないので話を聞いてくれないか、友人も呼んで飲み会をするなどふたりきりになることを避けるでしょう。

 

付き合っていないのに寂しいという女性心理3つ

付き合っていないのに寂しいという女性心理を3つ紹介します。

  1. 好意がある
  2. 友人の一人として話を聞いてほしい
  3. 相手の反応を見たい

女性が男性に寂しいと言うのは、ある程度信頼はあるからですが、恋愛感情を抱いているかはまた別のようですね。

 

付き合っていないのに寂しいと男性に話すのは、相手に好意を抱いていて相手をしてほしいからの場合が多いのではないでしょうか。

寂しいと感じていて、好きな人がいるのであれば、できる限り好きな人に相手をしてほしいと思うのは自然なことです。

また、男性とは何でも話せる間柄だとしたら、友人の一人として話を聞いてほしい場合もあるでしょう。

男性のことは気になっているけれど相手の気持ちがわからないから、寂しいと行ってみたときの反応を見たいという女性もいるようです。

 

好意がある

女性が男性に寂しいというのは、男性に対して好意があるからという人が多いのではないでしょうか。

女性は好きと声にするよりも、遠回しに好意を伝える人が多いかもしれません。

男性よりも女性はネガティブなほうに勘違いする傾向が強いので、ストレートに感情を伝えることを苦手とする人が多いのです。

寂しいというのは、女性から好意を伝えたくて出た言葉のひとつなのでしょう。

 

寂しいと男性に伝えるのは少しリスクがあることもなんとなくわかるのではないでしょうか。

好意がなくても好意があると伝わってしまう可能性もありますし、肉体関係を求めているようにも聞こえてしまうからです。

女性が男性に対して好意を抱いていているのであれば、そんなリスクは関係ありません。

女性は男性に対して好意を抱いているから寂しいと言えたのではないでしょうか。

 

友人の一人として話を聞いてほしい

昔からの幼馴染や何でも話せる同僚という立場の男性に対してなら、友人の一人として話を聞いてほしいと思って寂しいと言った可能性もあります。

かなり親しい間柄だからこそ、信頼の意味も込めて寂しいと言ったのではないでしょうか。

彼氏と別れたばかりだったり、友達から避けられたり寂しい状況は様々あります。

友人として慰めてほしくて寂しいという人もいるでしょう。

 

恋愛感情は抱いていなくても、友人として信頼を寄せている人がいるのはとてもいいことです。

男女は関係なく、信頼関係を結べるならば心強いでしょう。

友人の一人として真剣に話を聞いてくれる人がたまたま異性であるだけと言ってしまえばそれだけです。

関係性によっては、好意が全くなくても信頼しているからこそ話しを聞いてほしいと思う女性はいるのではないでしょうか。

 

相手の反応を見たい

寂しいと言ったときの相手の反応を見たいと考えている女性もいるようです。

気にはなっているけど、お互い好意があるのか確認したいと思っている女性は、寂しいといったときの相手の反応を観察しています。

脈アリであれば、いい返事が返ってくるので恋愛に対しても前向きにとらえるでしょう。

逆に脈ナシであれば、相手の反応も悪くなるので恋愛感情を強く持たないようにしようと諦める人もいるでしょう。

 

女性は男性に比べて感情に左右されやすい傾向が強いです。

そのため、寂しいというネガティブな発言を男性がどう受け入れているかを感じとる力は、男性よりも優れている人が多いでしょう。

相手の反応を見て、今後の自分の考え方や行動を決めているともいえます。

 

寂しいと言う女性は本当に脈アリ?

寂しいという女性は本当に脈アリとは言い難いですね。

男性に寂しいというくらいですから、男性に対してある程度の信頼は寄せていることはわかります。

しかし、必ずしも好意があるとは言い切れません。

男性との距離が近過ぎて何でも相談できるから寂しいといっただけの人もいれば、好意を抱くかは相手の反応しだいと考えている人もいるからです。

 

男性からしたら、好意があるから寂しさを埋めてほしくて自分に声をかけたと感じてしまう人もいます。

また、女性の言う寂しいは好意を向けていると思い、面倒くさいと一方的に避ける人もいるかもしれません。

女性の寂しいという言葉は男性にとっては脈アリと勘違いさせる言葉にもなるようなので、好意がない場合はあまり使わないことをおすすめします。

 

女性から寂しいと言われた男性心理から勘違いされる場合もある

女性から寂しいと言われた男性心理から勘違いされる場合もあることを覚えておきましょう!

女性から寂しいと言われた男性は、女性は自分に対して好意があると思う人が多いです。

男性脳は女性脳よりもポジティブ思考である人が多い傾向があります。

そのため、勘違いするときもポジティブに考える人が多いのでしょう。

 

女性は理論よりも過程や感情を重視する傾向が強いです。

どんなことが起きて、どう思ったかの方が重要なので、基本的に男性よりもしゃべりたがる傾向があります。

一方、男性は結果や理論重視の傾向が強いです。

女性の寂しい感情ではなく、自分に寂しいと伝えることで自分と付き合いたい、もしくは肉体関係を求めていると考えるのでしょう。

安易に女性から寂しいと口にしない方が良いかもしれませんね。

 

まとめ

女性から寂しいと言われた男性心理、寂しいという女性心理などを解説しました。

女性が寂しいと言うからといって、必ず脈アリであるとは限らないですよね。

しかし、女性から寂しいと言われた男性心理としては自分に好意があるとポジティブなほうに勘違いする傾向が強いです。

また、肉体関係を求めていると思う男性もいるため、好意がない限り、男性に寂しいと言わない方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。