付き合ってない人から寂しいと言われた時の返事は?男性心理・女性心理も解説!

付き合ってないのに寂しい

付き合ってない人から寂しいと言われて困ったことありませんか?

好意がある人から寂しいと言われると嬉しい気持ちになります。

逆に、そんなに好きじゃない人から寂しいと言われたらどう返事をしたらいいか困ってしまいますよね。

今回は、付き合ってない人から寂しいと言われた時の返事を紹介します!

また、寂しいと言ってしまう男性心理と寂しいと言われたときの女性心理について解説しましょう。

付き合ってない人から寂しいと言われた時の返事

付き合ってない人から寂しいと言われた時の返事は次の4つをおすすめします。

  1. 話を聞いて寂しい理由を聞き出す
  2. 飲み会を開くなどみんなで会える機会を作る
  3. 好意があるのであれば同じ気持ちであることを伝える
  4. 好意がないのであれば深く関わらない

付き合ってもいないのに男性から女性に寂しいというのは、構って欲しいからです。

あなたのことを好きか嫌いかで言えば好きでしょうが、恋愛感情があるかは別の話になるでしょう。

 

寂しいと言われた時、あなたが相手のことをどう思っているかが重要です。

好意があるのか、ないのか、はっきりした態度は必要になるかと思います。

人によっては友達のままでいたいと思う人もいるでしょう。

寂しい理由を聞いたり、仲間内で集まって楽しい時間を共有することも対処法のひとつになります。

 

話を聞いて寂しい理由を聞き出す

嫌いな相手でなければ、まず話を聞いて寂しい理由を聞き出すことがおすすめです。

逆の立場だったら、自分が寂しいと思っているときに話を聞いてほしいと思うのではないでしょうか。

好意があれば、なおさら寂しいと言う男性の話を聞いてあげましょう。

寂しいと言っている理由を聞き出すことで、対処法も見つけやすくなりますし、寂しいと言っている男性の気持ちも楽になるかもしれません。

 

恋愛感情の有無にかかわらず、寂しいと言ってしまう男性はいます。

例えば、彼女と連絡が取れなかったり、別れてしまったりして寂しいと言っているのかもしれません。

ひとり暮らしで、最近退屈をしているから寂しいと言ってしまう男性もいるでしょう。

嫌いな相手でなければ、まずは寂しい理由を聞いて、あなたのできることを考えてみるのがおすすめです。

 

飲み会を開くなどみんなで会える機会を作る

寂しいと言われたら、仲のいい友人などを呼んで飲み会を開くなどみんなで会える機会を作ってみてはいかがでしょうか。

嫌いな人ではないけど、恋愛感情を抱いていなかったり、すでにパートナーがいたりすると返事に困ってしまいますよね。

そんなときは、周りの人の力も借りて相手の寂しさを解消してあげるのも良い手段だと思います。

 

男性があなたに好意を抱いてい、寂しいからふたりで会いたいと遠回しに伝えている可能性もあるでしょう。

男性があなたに好意を抱いているかわからなくても、あなたが男性に好意を抱いていない場合、ふたりきりになるのは避けるべきです。

飲み会や複数人で遊ぶ計画を立てることで、男性に好意がないことも伝えられます。

さらに、男性の寂しい気持ちも少しは解消できるのではないでしょうか。

 

好意があるのであれば同じ気持であることを伝える

あなたが男性に好意があるのであれば、寂しいと言われたら、私も寂しいと素直に伝えてみてはどうでしょうか。

男性は、寂しいと伝えることで好意をそれとなく伝えているのかもしれません。

告白する勇気がまだなくて、こちらの様子をうかがっている可能性もあります。

 

あなたから積極的にアプローチする必要はありませんが、好意を抱いていることを伝えるタイミングとしては最適です。

男性の気まぐれで寂しいと言っているかもしれないと思うと、下手に返事はできない人もいるでしょう。

男性があなたに対して好意を抱いているかわからなくても、嫌いな人にわざわざ寂しいという男性はいません。

あなたも寂しいと言う男性に対して好意を抱いていて、離れている時間を寂しいと感じているのであれば素直に寂しいと伝えてみましょう。

 

好意がないのであれば深く関わらない

すでにパートナーがいるなど、男性に対して好意がないのであれば深く関わらないことをおすすめします。

あなたが男性に対して、優しい態度をとることで男性からロックオンされてしまう可能性があるからです。

みんなに優しくしたいと考える人、他人からのイメージが気になってしまう人もいるでしょう。

しかし、それを利用して近づいてくる人がいるのも事実です。

 

彼女と別れて寂しいから、飲みに付き合ってほしいと言う男性もいるでしょう。

少しならいいかと、好意が全くないのに付き合いで行ってしまうなど言語道断です。

場合によってはあなたの価値を下げる行為になってしまいます。

パートナーがいる人であれば、なおさらきちんと断るようにしましょう。

好意がないのであれば、もっと大事なパートナーやあなたの尊厳を守るために深く関わらないことも大切な選択です。

 

付き合ってないのに寂しいという男性心理とは?

付き合ってないのに寂しいという男性心理は次の5つが考えられます。

  1. 本当に寂しいから構ってほしい
  2. 好意があることを伝えたい
  3. 脈があるかうかがっている
  4. 弱みを見せることで女性に甘えたい
  5. 性的欲求がある

男性は女性よりも社交性が低い傾向があるので、ひとりになると寂しいと感じてしまう人もいるでしょう。

新しい人間関係を作るよりも、今まで構築してきた人間関係の中で寂しさを埋めたいと考える人は多いかもしれませんね。

 

本当に寂しくて構ってほしいという男性もいるでしょう。

または、好意を抱いていたり、脈アリなのか気になって寂しいと言っている可能性もあります。

甘え上手な男性は、弱い部分を見せることで女性の母性本能を刺激しているのかもしれませんね。

男性は女性よりも性的欲求が強い人もいるので、身体目的で近づいてくる人もいるので注意が必要です。

 

付き合ってないのに寂しいという男性心理とは?

本当に寂しいから構ってほしいと感じて、つい寂しいと声に出してしまうことがあるようです。

男性は女性に比べて社交性が低い傾向があります。

人間関係も広く浅くというより、狭く深くという考えを持っている人が多いのではないでしょうか。

そのため、彼女に振られた、とても仲の良かった友人が結婚して遊ぶ回数が減ったなど、親しい人と距離ができると寂しくなるのでしょう。

 

寂しいと感じたとき女性は多くの人に関わることで解消したり、新しいことをはじめて気をそらしたり、うまく消化ていく人が多いです。

男性の場合、話せる人が少なかったり、ひとりで行動することが苦手だったりする人もいます。

そのため、近くにいて比較的仲のいいあなたに寂しいと言って、構ってもらおうとしているのかもしれませんね。

 

好意があることを伝えたい

あなたに好意があることを伝えたいと思って、寂しいと言っているのかもしれません。

飲み会に行った帰りなど、ふたりきりになったタイミングで寂しいと言われたらどうですか?

男性は自分に好意を抱いているな、と伝わってきてしまいますよね。

男性は、好きだと告白する勇気がなくても、アプローチをかけたいと思っています。

寂しいという発言は、好意を示している気づきやすいサインのひとつになるでしょう。

男性もそれがわかっていて、意図的にあなたに寂しいと言っているのではないでしょうか。

 

男らしく、ビシッと告白したいと思っている男性は多いと思います。

しかし、告白するのには、勇気がいりますよね。

少しずつでも好意を伝えて、告白するタイミングを見ている可能性も考えられるでしょう。

 

脈があるかうかがっている

男性は寂しいと言ったときのあなたの反応を見て、脈があるかうかがっている可能性があります。

あなたに好意を寄せている男性であれば、好きと伝える前に脈アリか脈ナシか気になるのは当然です。

 

寂しいと言ったときに、理由を聞いてくれる女性であれば少なくとも嫌われていないことがわかります。

一緒にいないと寂しく感じることを肯定すれば、そのまま告白してくれる可能性もあるでしょう。

逆に、そっけない態度を取ったり、複数人で遊びに行く提案をされたりしたら脈ナシと判断して、告白を見送るのではないでしょうか。

もしかしたら、さらに強いアプローチをかけてくる可能性も考えられます。

寂しいと言ったときのあなたの反応を見て、今後のプランを考えている可能性が高いです。

 

弱みを見せることで女性に甘えたい

男性は寂しいと言って弱みを見せることで女性に甘えたい時があるようです。

男性の中にも、人懐っこい甘え上手な人っていますよね。

逆に、いつもは誰にも甘えたりしない男性から寂しいと甘えられたらキュンとしてしまう瞬間があるのではないでしょうか。

 

誰かに甘えられると女性は母性本能をくすぐられる感覚になります。

男性の中には、寂しいと言って甘えることで女性の母性本能を刺激できるとわかっている人がいるのです。

世話好きの女性であれば、恋愛感情がなくても構ってしまう人はいるのではないでしょうか。

異性から言われていることもあり、ドキッとしてしまうこともあるでしょう。

男性は、自ら弱みを見せることで女性に甘えることができると本能的に感じ取っているのかもしれませんね。

 

性的欲求がある

性的欲求がある場合も、寂しいと言って女性を誘う男性はいるでしょう。

恋愛感情があるかはまた別に、自分が楽しみたいからという理由で女性を誘う男性もいます。

あなたのことを好意的に思っていることに違いはないでしょう。

しかし、恋人を作らずに身体だけの関係を求めている人もいるので注意が必要です。

 

男性は女性よりも性的欲求が強い人が多いと言われています。

これは、男性が目で恋すると言われている所以でもあるでしょう。

お互いを知って恋愛するよりも、あなたの見た目にひかれて誘っている可能性もあるということです。

全ての男性がそうではありませんが、性的欲求から寂しいと言ってあなたの気を引康としている可能性があるのは覚えておきましょう。

 

付き合ってない人から寂しいと言われた時の女性心理

付き合ってないのに、男性から寂しいと言われた時の女性心理は恋愛モードになりやすい状況です。

寂しいと言われたら、まず恋愛感情の有無を考えてしまうということです。

男子の気まぐれや性的欲求から寂しいという言葉が出てきただけなのに、この男性は私のことが好きなのかなと考えてしまいます。

 

男性も好意が全くない人に寂しいという発言はしないでしょう。

しかし、必ずしも女性と同じように恋愛感情があるとは限りません。

一方、女性は男性よりも恋愛のスイッチが入りやすい思考を持っています。

また、女性は将来のことまで考えている人が多いので、恋愛は結婚の通過点という認識が強いです。

男性が寂しいと発言しているときに、頭の中でこの男性と付き合ったらどうなるかという考えが巡っているのではないでしょうか。

 

男性の寂しいは好意だけじゃないので注意!

先ほどから言っているように、男性の寂しいは好意だけじゃないので注意が必要です。

好意から、あなたの気を引きたくて寂しいと言ってくる人ももちろんいます。

しかし、今退屈だから寂しいと言ってみたり、性的欲求を満たしたいから寂しいと言ったりする男性はいます。

 

寂しいと言ってくる男性の普段の様子を思い出してみるといいでしょう。

いろんな人に同じように話していないか、約束を破るような人ではないか、よく思い出してください。

普段から適当な態度をとっている人は、人付き合いも適当な人が多いです。

ましてや、寂しいと言ってくる男性のことをよく知らないのであれば、まずは話を聞くことから始めてください。

寂しいというから構ってあげるというのは、あなたの価値を下げてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

まとめ

付き合ってない人から寂しいと言われた時の返事と男性心理、女性心理について解説しました。

寂しいと言われた時、自分が頼られている感じがしてうれしくなってしまう女性もいるでしょう。

しかし、男性はただ構ってほしいだけだったり、性的欲求を満たしたいだけだったりする人もいるので注意が必要です。

あなたの気持ちも大事にして、男性の寂しいという発言に向き合ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。