アプローチされなくなったことを後悔する瞬間は?男性心理や対処法は?

アプローチされなくなったら後悔

アプローチされなくなったことで後悔したことはありませんか?

今まで誰が見てもわかるような好意を向けてくれていたのに、急になくなってしまうことで寂しくなってしまうこともあります。

同時に、急にアプローチをやめてしまったのはなぜ?と疑問に思う人もいるでしょう。

今回は、アプローチされなくなったことを後悔する瞬間とアプローチをやめてしまった男性心理、アプローチされなくなった時の対処法を紹介します。

アプローチされなくなったことを後悔する瞬間5つ

絶望する女性

アプローチされなくなったことを後悔する瞬間5つを紹介します。

  1. 時間がたって相手の良さに気づいたとき
  2. 相手が自分のタイプにイメチェンしたとき
  3. 駆け引きのつもりになっていた場合
  4. 自分の恋が上手くいっていないとき
  5. 相手が別の女性と幸せそうにしているのを見たとき

後悔先に立たずと言われるように、いざアプローチされなくなったことで後悔してしまう人が多いでしょう。

 

男性から好意を示すことがなくなってから男性と接する機会があって、その時に相手の良さに気づいて惚れてしまう場合があります。

また、時間がたってからイメチェンした彼を見て、実はタイプだったことを知る場合もあるでしょう。

アプローチを素直に受け取れず、相手にしないことで駆け引きしているつもりでいたときに相手からのアクションがなくなると後悔しますね。

相手とは関係なく自分の恋が上手くいっていなかったり、今までアタックしてきた人が違う人と幸せそうにしているのを見たりすると後悔する場合もあります。

 

時間がたって相手の良さに気づいたとき

好意を向けられることがなくなってから、時間がたって相手の良さに気づいたときに後悔する瞬間がある人が多いようです。

男性から好意を向けられているときは、相手のことを知らなすぎたり、男性慣れしていなかったりすると困ることもあったでしょう。

対応に困って、冷たくしたり、相手にしないよう避けたりした人もいるかもしれません。

相手もあなたの対応でアプローチをやめてしまった可能性があります。

 

アプローチをされなくなったからと言って立場が変わることもないので、同じ職場であれば顔を合わせ、一緒に仕事をすることもあるでしょう。

アプローチされることがなくなり、相手の男性を少しずつ知っていくことで、その人の魅力に気づく場合もあります。

アプローチされたときにしっかり彼と向き合えばよかったと後悔する瞬間があるようです。

 

相手が自分のタイプにイメチェンしたとき

アプローチしなくなってからイメチェンする男性もいます。

相手が自分のタイプにイメチェンしたときは、逆に惚れてしまうことで後悔する瞬間があるようですね。

アプローチされているときは、相手の雰囲気や服装などの見た目で判断することもあったのではないでしょうか。

あまり知らない相手だとしたら、好みのタイプか判断するには材料が少なかったかもしれませんね。

 

しかし、アプローチされなくなってから、時間がたって相手があなたの好みのタイプにイメチェンしている場合があります。

アプローチに答えてくれないあなたと距離を置いてから、男性は変わる努力をしたのかもしれませんね。

髪を切ったり、筋トレしてたくましくなったり、服のセンスが良くなったり、男性自身も自分磨きをした可能性があります。

好意を向けられなくなった後に見た目が好みのタイプになってしまうと、もっとよく見ておくべきだったと後悔するかもしれません。

 

駆け引きのつもりになっていた場合

あなたが駆け引きのつもりになっていた場合、アプローチがなくなってしまったとしたら後悔するでしょう。

恋の駆け引きと考えて、アプローチに対して冷たい態度をとったり、思わせぶりな態度をとったりしていると男性の方が疲れてしまう場合があります。

男性が女性にアプローチするには相当の勇気や気力が必要になるからです。

 

男性が必死に思いを伝えようとアプローチしているのに、駆け引きのつもりで相手にしないようにしては男性の方が先に音を上げてしまいます。

相手のことを同じように好きなのであれば、相手のアプローチも受け入れることもしないと、好意が伝わっていないと思われるでしょう。

そして、アプローチされなくなったときに駆け引きのつもりになっていたことを後悔してしまうようです。

 

自分の恋が上手くいっていないとき

別に好きな人がいてアプローチを断っていたのに、自分の恋が上手くいっていないときになって後悔してしまう場合があります。

自分の好きになった人とうまくいかないときに、アプローチしてくれていた存在があったと思い出してしまうのではないでしょうか。

もしかしたら、自分が好きになった人ではなく、自分を好きになってくれた人と一緒にいた方が幸せではなかったかと考えてしまうのです。

 

好きな人がいるタイミングでアプローチされている時は、あまり相手にしていなかったはずです。

好きな人に誤解されたくない気持ちもあったと思います。

しかし、いざ自分の恋がうまくいかなくなって、別の男性にアプローチもされなくなったとなると寂しくなり、後悔してしまうのです。

アプローチされているうちに、相手のことをよく見ておけばよかったと後悔する場合もあるでしょう。

 

相手が別の女性と幸せそうにしているのを見たとき

自分にアプローチをしていた相手が別の女性と幸せそうにしているのを見たとき後悔する場合があります。

アプローチを受けている立場のとき、相手が女性に対してどんな接し方をするかなど考えていなかったのではないでしょうか。

または、アプローチの仕方がしつこいと感じていたのであれば、付き合ったらめんどくさそうと思った人もいるかもしれません。

 

しかし、アプローチがなくなって少し寂しいと思っているときに、その相手が別の女性と幸せそうにしていたらどうでしょう?

幸せそうな女性を見て羨ましいと思ったり、嫉妬のような感情を覚えたりするかもしれません。

あの時アプローチを真剣に受け止めていれば、私が別の女性の場所にいたのかもしれないと思うと後悔の気持ちが強くなるでしょう。

 

アプローチしなくなった男性心理5選

男性の気持ち

アプローチしなくなった男性心理5選を紹介しましょう。

  1. 反応が薄くて自信をなくした
  2. アプローチしても相手にされないと諦めた
  3. 他の女性を好きになった
  4. アプローチすることに疲れた
  5. 女性に対して幻滅するようになった

男性もアプローチするのに勇気や気力が必要です。

そのため、相手の反応によってはアプローチを諦める人も出てくるでしょう。

 

相手の反応が薄かったり、相手にしてくれなかったりするとアプローチを続けられなくなります。

他に好きな人ができて、好意を向ける相手が変わったという場合もあるでしょう。

アプローチするのにも気合いが必要なので、気疲れしてしまってやめたという人もいるようです。

アプローチをしながら相手の女性についても深く知っていって、幻滅するようなことがあったらアプローチすることはなくなるでしょう。

 

反応が薄くて自信をなくした

いくら好きという気持ちがあったとしても、相手の反応が薄くて自信をなくしたのであれば、アプローチはやめてしまうでしょう。

男性は相手に振り向いてもらうために、頑張ってアプローチをするのです。

それなのに、全く成果もなく相手の反応も薄いとなっては心が折れてしまいます。

 

例えば、仲良くなりたい一心で食事に誘ってみたり、ふたりで行くのがダメなら複数人でと誘ってみたり、工夫しても断られ続けたらどう思うでしょう。

さらに他の人と遊びに行っても、男性からの誘いを断っていたとしたら、多くの男性は自信をなくしてしまいます。

好きな人だからこそ、誘いを断られたショックは大きいはずです。

何回誘っても断られてしまったら自信をなくして、アプローチをやめてしまうと思います。

 

アプローチしても相手にされないと諦めた

アプローチしても相手にされないと諦めたという男性もいるでしょう。

自分の気持ちをいつまでたっても真剣に聞き入れてもらえないとこれ以上続けてもしょうがないと思ってしまいます。

例えば、年下の男性からのアプローチをあしらうように相手をしていないことはありませんでしたか?

相手のアプローチをさまざまな理由から真剣に聞き入れることをしていないと、相手が先に音を上げてしまいます。

 

誰でも望みがないことをいつまでも頑張ることは難しいですよね。

少しでも結果や成果がないとやりがいもありません。

アプローチも、相手が何かしらの反応を返してくれることで、アプローチを続けようと気合が入るのです。

何を言っても、何をしても相手にされないとわかったら、相手も未来が見えずアプローチを諦めてしまうでしょう。

 

他の女性を好きになった

アプローチをしているときでも、他の女性を好きになったとあればアプローチはやめるでしょう。

あなたに対してアプローチも本気ではなかった可能性も考えられます。

あなたの事も好きだったけれども、それ以上に自分の好みの女性があらわれたのであれば、アプローチする対象を切り替えるはずです。

好きになった女性に勘違いされないようにするためにも、今までのようなアプローチはやめるでしょう。

 

他の女性を好きになったのは、今までアプローチしてもいい反応がなかったことに原因がある場合もあります。

同じようなアプローチを他の女性にして反応が良かったら、反応が良かった方に気持ちが移ってしまうこともあるのではないでしょうか。

好きな人から冷たくされるよりも、好きじゃなかったけれども相手をしてくれる人のほうが一緒にいて楽しい場合もあります。

 

アプローチすることに疲れた

アプローチすることに疲れたことで、アプローチをやめたという男性もいるようです。

好きな女性に対してアプローチすることに慣れていない男性は多くいます。

慣れていないことをするには、気力が必要になるでしょう。

また、女性にアプローチして反応が薄かったり、嫌われてしまったりしたらどうしようと不安な気持ちもあるはずです。

いくら好きな相手でも、アプローチするたびに気疲れしてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

アプローチを続けるにしても、相手が飽きないように毎回同じアプローチをしないように工夫もするでしょう。

以前食事に誘ったのであれば、次は別の店にするとか、食事ではなくて映画に誘うとか考えるのではないでしょうか。

次は断られるかもしれないという不安も抱えた状態で、相手を楽しませようと必死になります。

そんな中で、アプローチしてもなかなか仲良くならなかったり、断られることが多かったりするとアプローチすることに疲れてしまうのです。

 

女性に対して幻滅するようになった

女性に対して幻滅するようになったとあれば、アプローチは一切しなくなるでしょう。

女性にアプローチをしていた当初は、男性も女性のことをよく知らなかった可能性があります。

見た目がタイプだったり、周りの噂を頼りに知ったり、実際関わってはいなかった状態でアプローチをしてしまったのではないでしょうか。

アプローチをするために女性に近づいて、はじめて女性の人となりを知った可能性があります。

 

例えば、見た目がとてもきれいな女性だったとしても、食事のときの食べ方がきたなかったら男性も引いてしまいますよね。

噂ではステキな女性だとしても、実際は言っていることとやっていることが違うようなことがあれば女性のことを信用できなくなります。

女性を知っていく過程で、幻滅するようなことがあったとしたら、いくら男性から始めたアプローチだとしても中断せざるを得ないでしょう。

 

アプローチされなくなったことを後悔したときの対処法

ハートに絆創膏

アプローチされなくなったことを後悔したときの対処法を5つ紹介します。

  1. 現在の状況を把握する
  2. あなたの方から男性にアプローチしてみる
  3. アプローチされなくなって寂しいことを伝える
  4. 諦めて新しい恋を見つける
  5. 今まで通りに接する

アプローチされなくなったことを後悔する気持ちもあると思いますが、後悔したままでは先に進みません。

大事なのは、これからどう行動するかなのではないでしょうか。

 

まずは現在の状況把握が必要になるでしょう。

なぜアプローチされなくなったのかなどを考えるためにも状況把握は必要です。

アプローチされなくなった原因や相手の状況などもわかれば、あなたからアプローチしてもいいかわかるでしょう。

アプローチされなくなったことが寂しいことなどを伝えるのもいいかもしれません。

場合によっては新しい恋を探すことで、今までのことは忘れるのもおすすめです。

アプローチされなくなったことを後悔する気持ちを忘れるためにも、相手の男性には今まで通りに接するようにした方が良いでしょう。

 

現在の状況を把握する

アプローチされなくなって後悔する気持ちもあると思いますが、できるだけ早く現在の状況を把握するべきです。

まずはなぜアプローチされなくなったのか、原因を考えてみましょう。

冷たくしすぎたのか、駆け引きと思い込んでいなかったか、相手に好きな人がほかにできたのか考えてください。

共通の友人などにも相談してみるといいかもしれませんね。

 

原因が分かったのであれば、次は今までアプローチしてくれた男性が他の人と付き合っていないか確認してください。

他に好きな人がいて、既にいい雰囲気であれば手遅れということもあるでしょう。

しかし、他に好きな人がいるわけでもないのであれば、あなたの行動次第で結果も変わってきます。

そのため、アプローチがなくなって後悔しているのであれば、できる限り正確な現状把握をするべきなのです。

 

あなたの方から男性にアプローチしてみる

悪い状況でないのであれば、あなたの方から男性にアプローチしてみるのもいいでしょう。

今まで男性が一生懸命アプローチしてくれていたのであれば、アプローチがなくなった今こそ、男性にアプローチするチャンスと考えてみるのです。

男性がアプローチをやめたのは、女性の反応が薄くて脈がないと思ったからだとしたら、その女性からアプローチされたら嬉しいと思うのではないでしょうか。

あなたの方からアプローチすることで、諦めかけていた気持ちが届いたと喜ぶと思いますよ。

まずは相手の男性の本音を探ってみましょう!

アプローチがなくなって寂しい場合の男性の本音を探る方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

 

しかし、相手の男性に他に好きな人がいたり、すでにお付き合いをしていたりする場合は、アプローチすることで逆効果になってしまう場合があります。

自分のアプローチには無反応だったのに、いざアプローチしなくなったら言い寄ってくることに怒りを覚える人もいるかもしれません。

状況を見て、相手の迷惑にもならなそうであればアプローチするようにしましょう。

 

アプローチされなくなって寂しいことを伝える

アプローチされなくなって寂しいことを伝えることで、男性の気持ちを取り戻すことができるかもしれません。

あなたの反応が薄くて諦めてしまったり、疲れてしまったりしてアプローチを止めてしまった男性もいるでしょう。

あなたの寂しいという本当の気持ちを伝えることで、再びあなたをアプローチする気になります。

 

また、あなたも気持ちを伝える大切さに気付くかもしれません。

男性もあなたが素直になってくれたことで、アプローチの仕方をいい方に変えてくれるのではないでしょうか。

よりいい関係が築けるようになる可能性もあります。

アプローチされなくなって寂しいと言うことを素直に伝えることで、ふたりの関係もいい方に変わってくるでしょう。

 

諦めて新しい恋を見つける

アプローチされなくなるのは寂しいけれども、諦めて新しい恋を見つけることも寂しさを忘れる手段になります。

特に、アプローチしている男性に新しく好きな人ができたり、恋人ができたりしたのであれば、あなたが無理に追いかけない方が良い場合もあります。

アプローチされた時にそっけない態度をとってしまったのであれば、その反省を活かして次の恋では素直に自分を表現しましょう。

 

アプローチしてきた男性に新しい恋人ができているときに、あなたからアプローチをかけてしまうと相手にとっても迷惑になってしまうかもしれません。

周りから見たら、男性が二股をしているようにも見えてしまう可能性もあります。

また、あなたが略奪愛に燃えているようにも見えてしまうでしょう。

どうしても彼でなくてはいけない理由がないのであれば、彼の幸せを願って新しい恋を見つけた方が良いかもしれませんね。

 

今まで通りに接する

アプローチされなくなったからと言って、あなたが何かをする必要はないかもしれません。

少し後悔はあるかもしれませんが、今まで通りに接することで寂しさもいつしか忘れていくのではないでしょうか。

気持ちが振り回されることで、精神的に疲れがたまっていきます。

できるだけ今まで通り過ごすことで、相手との関係も崩れずに適度な距離を保てるでしょう。

 

また、今まで通り接することで、相手にもこれが平常運転であることが伝わります。

アプローチをしているときは振り向いてほしさに必死になってしまうのです。

しかし、時間がたつにつれだんだん冷静になってきます。

冷静になったときに、女性は簡単に振り向かないことがわかれば男性としてもアプローチの方法を変えてくるかもしれません。

急にアプローチがなくなると寂しくなりますが、いつも通り接することでよりいい関係になる可能性もありますよ。

 

まとめ

アプローチされなくなったことを後悔する瞬間、アプローチしなくなった男性心理や対処法を解説しました。

アプローチされていたのに、相手をよく知ろうとせずにそっけない態度をとってしまったら後悔する日が来てしまうかもしれませんね。

アプローチされなくなったとしても、現状をしっかり把握することで打開策が見つかるでしょう。

相手のことが気になるのであれば、素直な気持ちを伝えてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。