NiziUアンチ・嫌いな理由は?飽きた・韓国感が原因か調査してみた!

NiziUアンチ・嫌いな理由

NiziUは帰国後にメディア露出が極端に増えるにつれアンチや嫌いな人も増えているよう…。

NiziUアンチ・嫌いな理由は何?

メディア露出が多すぎて飽きた・微妙な韓国感を出してるとの声も聞こえてきますが、これが原因なのでしょうか?

今回はNiziUアンチ・嫌いな3つの理由を調査しました。

NiziUアンチ・嫌いな3つの理由は?

NiziUアンチ・嫌いな3つの理由がこちら。

  1. 飽きた
  2. 韓国感を出しすぎ
  3. 日テレゴリ押しで番組出演

 

さっそく1つずつ見てきましょう。

NiziUアンチ・嫌いな理由1:飽きた

デビュー前から音楽番組、大手企業とのコラボCM、雑誌掲載などが続き

「テレビを付けるとNiziU」

「雑誌の表紙にNiziU」

「ラジオから流れてくる音楽がNiziU」

といった状況に飽きた人がいるようです。

需要に対して供給が多すぎて飽きたわ…
虹プロ見て推してたけど、ゴリ押しに萎えて冷めてきた
メディア露出が多すぎて、見てて飽きた

 

これはNiziUの問題というよりも各企業側の作戦ですよね。

商品を売るために話題の人物を起用するのは定番ではないでしょうか。

メディア露出のタイミングが重なりすぎて「見すぎて飽きた」人もいるのかもしれませんね。

 

NiziUアンチ・嫌いな理由2:韓国感を出しすぎ

以前から「メンバー同士での韓国風の呼び方が変」との声が上がっていました。

最近はNiziUメンバーの食べ方・食事マナーが嫌いとの指摘があるようです。

『嵐にしやがれ』出演時のメンバーの食べ方が汚いとツイッターで話題になっていました。

  • 日本で活動するなら日本のマナーを守って器を持って食べて…
  • 食事マナーまで韓国ぽくしなくていい

 

こういったことから、日本のメディア露出が多いのに「韓国っぽさを出しすぎなのが嫌い」と感じる方もいるのかもしれませんね。

NiziUメンバー同士の「オンニ呼びが変」なことについては、NiziUが可愛くない理由で詳しく紹介しています。

オンニ呼びや韓国風の「ファイティン」で寒気がする方もいるよう…

 

NiziUアンチ・嫌いな理由3:日テレゴリ押しで番組出演

最近のNiziUが嫌いな理由は『嵐にしやがれ』出演が発端のよう。

これもNiziUが悪いのではなく、日テレのゴリ押しが原因でしょう。

NiziUが仕事を選べないことを分かった上で「NiziUを嫌いになった」と言う人も。

NiziUの嵐にしやがれ出演のタイミングが悪いとの指摘が非常に多かった印象です。

さらに『嵐にしやがれ』に出演したNiziUの態度を指摘する人もいました。

がれの早押しでのNiziUのがめつさ、うるささ、でしゃばりで嫌いなった

 

日テレとしてはこの機会にNiziUを売り出したいのでしょうが、ゴリ押ししすぎでNiziUのファンが離れていく可能性も…。

ファンがいてこそ活動できるはずですよね。

今後はNiziUの出演番組をしっかり選んで露出していったほうがいいのかもしれませんね。


NiziUの完成度の低さを指摘する声も

NiziUの「完成度の低さ」も指摘する人もいました。

  • バラエティーに力入れてないでステージの完成度あげなよ。お遊戯じゃないし。
  • 今NiziUに必要なのはテレビ出演じゃなくて練習。完成度が低い。
  • メンバーによって完成度にバラつきありすぎ…。
  • Kpopの新人グループは完成度めっちゃ高いのにNiziUはイマイチ。

 

NiziUはKpop要素もあり、どうしてもKpopの新人グループと比べられますよね。

Kpopはデビュー時から完成度が高いのに比べ、NiziUはイマイチと感じられるのかもしれません。

ダンスのふらつきや足首・膝の角度が揃っていないとの指摘もありました。

こういったポイントが合っていないのが完成度の低さにつながってしまうのかも…

 

NiziUが「世界進出を目指すグループ」であることも”完成度の低さ”を指摘する声につながっているのかもしれませんね。

まとめ

今回はNiziUアンチ・嫌いな3つの理由を調査しました。

3つの理由のうち2つはメディア露出のタイミングや企業の作戦が関係していました。

NiziUには長く活動してほしいので、運営側が露出量やタイミングをしっかり調整してくれるといいですね。

また「アンチ・嫌い」という声は少なくても目立ってしまう傾向がありますが、NiziUを応援している人はたくさんいます。

あまりアンチや嫌いな人の声を気にせず応援していきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。