お互い好きなのに別れるのが辛い場合の対処法は?復縁の可能性も解説!

好きなのに別れるのが辛い場合の対処法

お互い好きなのに別れると辛い気持ちでいっぱいになりますね。

共依存が強かったり、一緒にいることが難しかったり、別れる理由はさまざまあります。

別れた事実を受け入れ、前に進むことを選ぶことも時には必要でしょう。

今回はお互い好きなのに別れるのが辛い場合の対処法を紹介します!

また、お互い好きなのに別れた場合の男性心理や復縁の可能性についても解説するので参考にしてください。

お互いが好きなのに別れるのは辛いのに別れた理由

お互い好きなのに別れるのは辛いことがわかっていながら別れた理由は次の5つが考えられます。

  1. 遠距離恋愛で会うことが難しく、辛くなった
  2. どちらかが既婚者、もしくは既婚h差同士の恋愛で続けられなくなった
  3. 結婚観など将来に対する考えに違いがあった
  4. 一緒にいるうちに価値観の違いに耐えられなくなった
  5. 共依存が強く、お互いの成長が止まったと感じた

お互いが好きだとしても、一緒にいる未来を考えられない場合はどうしても別れることを考えてしまいますよね。

 

いくら好きだとしても、遠距離恋愛は長く続けるのはお互い辛い思いが増えるでしょう。

また、どちらかが既婚者だったり、既婚者同士だったりすると、恋愛を続けるのはとてもリスクがあります。

お付き合いを続けていくうちに、結婚を意識する人もいると思いますが、将来についての考えがあまりにも違うと別れることを考えるようになるでしょう。

恋愛に対する価値観や優先順位が違い、お互い理解できない場合は相手のことがわからなくなり別れる場合もあるようです。

また、共依存が強いとお互い人としての成長を止める可能性があるため、成長が止まったと感じる場合は別れた方が良いと判断する場合があるでしょう。

 

お互い好きなのに別れるのが辛い場合の対処法5選

お互い好きなのに別れるのが辛い場合の対処法は次の5つがおすすめです。

  1. 別れた理由を落ち着いて整理する
  2. 信頼できる人に今の気持ちを暴露する
  3. 仕事や趣味に専念する
  4. 自分磨きをする
  5. 復縁について考えてみる

お互い好きなのに別れるのはとても辛いことだったと思います。

辛いと思っているうちは別れたことが正解だったのか、間違っていたのか判断が難しいのではないでしょうか。

少し落ち着いたタイミングでいいので、別れた理由をもう一度整理して考えてみましょう。

 

信頼できる人に別れた理由や気持ちを話すことで落ち着く場合もあります。

別れたばかりで辛いのであれば、恋愛以外の仕事や趣味に時間を費やすものおすすめです。

特別趣味がない場合は、自分磨きをすることで前向きな気持ちになると思いますよ。

何をしても元彼を思い出してしまうようであれば、復縁について考えてみてもいいかもしれません。

 

別れた理由を落ち着いて整理する

別れた理由を落ち着いて整理することで別れたことを少しずつ受け入れられるでしょう。

女性は別れた直後に強く後悔したり、辛いと感じたりするようです。

そのため、別れた直後から少し時間がたつと、別れたことに対する事実から少し離れて、客観的に考えることもできるようになってきます。

そのタイミングで、別れた理由についても一度納得できるまで整理して考えてみましょう。

 

一方的に振られたわけではなく、お互い好きなのに別れたのであれば必ず理由があるはずです。

例えば、将来結婚まで考えていたのに、相手は結婚願望はなく、あなたから話をしてもはぐらかすだけだったなどの価値観のズレはありませんでしたか?

些細なことでも、積み重ねれば別れる理由につながります。

相手を嫌いになる必要はありませんが、別れたことは間違いではなく、別れを選択した自分を褒めてあげられるような理由を探してみてください。

 

信頼できる人に今の気持ちを暴露する

信頼できる人に今の気持ちを暴露することで、お互い好きなのに別れた辛さを解消できるかもしれません。

あなたの話を真剣に聞いて、胸の内にとどめて最後には笑ってくれるような信頼できる友人や家族にあなたの気持ちを話しましょう。

あなたが心から信頼している人であれば、周囲の人に大袈裟に話したり、面白い噂話にしたりはしないはずです。

また、話すことで自分の考えも整理できて、別れたことに対して肯定的な考えを持つようになるかもしれませんね。

 

既婚者同士の恋愛をしていたが、このまま続けるのは良くないと思って別れた場合だと厳しい言葉をもらうかもしれません。

しかし、あなたはそれすらも愛情に感じるようになるでしょう。

別れたことを辛く感じて、親友に話したことですっきりするだけでなく、あなたの近くにはとてもステキな人がいることを再認識できます。

 

仕事や趣味に専念する

仕事や趣味に専念することで別れた辛さを忘れるのもひとつの手段になるでしょう。

お互い好きなのに別れるのは、お互いひとりの時間が上手く作れていなかったという人もいるのではないでしょうか?

相手と一緒にいる時間ばかり優先して、仕事の進捗が遅れていたり、趣味は全くできていなかったりしていませんでしたか?

もし、たまった仕事ややっていなかった趣味があるのであれば、別れたことをきっかけにして一気にやってみてはどうでしょう。

 

最初は別れたことが辛くて手につかないという人もいるでしょう。

しかし、別れたからこそ時間ができたと考えると、今すぐできそうなものから手を付けてみるのもひとつの手です。

仕事でも、趣味でも、集中してできることで達成感が生まれます。

そして、その達成感で心が満たされることで元彼との別れは間違いではなかったと思えるようになるでしょう。

 

自分磨きをする

自分磨きをすることで、気持ちがポジティブになるので、辛い気持ちを吹き飛ばすことができますよ!

お互い好きなのに別れると辛い気持ちが先立つので、なかなか気持ちを消化することができない場合もあります。

そんなときこそ、自分磨きがおすすめです。

自分磨きをして、外見も内面も美しくなることで満足感を得られ、前向きな気持ちになれるからです。

 

辛いと感じるのは、別れに対してネガティブなイメージを持っているからです。

別れをあなたにとってポジティブなできごとにするには、別れたことによってあなたの心をポジティブな感情で満たす必要があります。

自分磨きとして、ヨガ教室に行ってみたり、美容室に行ってイメチェンしたりすることで満足感や達成感を得られるでしょう。

自分磨きをしてあなたがあなたの事を愛せるようになることでわかれてよかったと思えるようになるのではないでしょうか。

 

復縁について考えてみる

何をやっても元彼を思い出してしまい辛いと感じるのであれば、復縁について考えてみるのもいいかもしれません。

お互い好きなのに別れることを選択しているのですから、未練が残っているのは当たり前と言ってもいいでしょう。

復縁するためにはどうしたらいいのか、あなたができる範囲で考えることで気持ちが落ち着く場合もあります。

 

別れた原因は解決可能なのか、あなたがより魅力的になると復縁の可能性が上がるのか、考えてみましょう。

そして、相手に迷惑が掛からない範囲で自分磨きをしたり、身の回りを整理したりなど行動してみてもいいです。

復縁を考えることで、別れたことに対する辛さを忘れることができるのであれば、ひとつの手段としても考えられるでしょう。

 

お互い好きなのに別れるのが辛い男の心理

お互い好きなのに別れるのが辛い男の心理は次の5つが考えられます。

  1. 結婚について考えが違うことで将来不安になった
  2. 一緒にいる時間が少なくて相手の気持ちがわからなくなった
  3. 恋愛よりも優先したいことがある
  4. 幸せにしてあげれる自信がない
  5. 別れたことに未練を感じている

男性は女性よりもプライドが高い傾向があるので、自信を無くしてしまうと好きなのに別れる選択をしてしまうようです。

 

今付き合っていることに満足している男性は、結婚などの将来の話をされると不安に感じる人もいるでしょう。

また、遠距離恋愛などで会えない時間が長くなると、相手のことがわからなくなってしまうようです。

人によっては、恋愛よりも仕事やプライベートを優先したいと考える男性もいるので、彼女と価値観がズレてしまうこともあるでしょう。

些細なことから、彼女のほうが頼りになると感じたり、頼りにされていないと感じることで自信を無くしてしまう男性もいます。

女性と一緒で、お互い好きなのに別れたことで未練タラタラという男性も少なくありません。

 

結婚について考えが違うことで将来不安になった

交際を続けていると、結婚など将来の話をするようになってくるでしょう。

結婚について考えが違うことで将来不安になったために、お互い好きなのに別れる選択をする場合があります。

 

例えば、男性は一緒にいられることが幸せなので、結婚などは考えていなかったとしたらどうでしょう。

自分の彼女が結婚を望んでいると知ると、心の準備もまだなのに急に将来のことを考えなければならなくなります。

結婚すると、自分の収入も時間も家族のものになると考えるのではないでしょうか。

結婚することによって生じる責任についても考えることになります。

今まで考えてこなかった現実を考えると、誰でも不安に思ってしまいますよね。

その現実に耐えきれなくなったために、お互い好きだとわかっていても別れることを決断した可能性があります。

 

一緒にいる時間が少なくて相手の気持ちがわからなくなった

遠距離恋愛などで、一緒にいる時間が少なくて相手の気持ちがわからなくなったことから別れる選択をした場合もあります。

付き合った当初は近くにいて、週末デートが当たり前だったのに、仕事の都合などで引っ越し遠距離恋愛になったらどうでしょうか。

お互いを取り巻く環境も変わっていくので、別人のように性格が変わらずとも、考え方が変わっていく可能性はあります。

いつの間にか変わっていく彼女のことがわからなくなって、自信を無くしてしまうことがあるようですね。

 

遠距離恋愛が難しい理由の一つは、コミュニケーションをとる時間が減り、相手の変化に追いつかないからです。

毎日会っていえば、相手が誰と話してどんな考えを持ったか、話したり雰囲気を感じることで理解することができます。

なかなか会えない相手になると、次に会うまでの変化が大きくなって、違和感を感じるようになってしまうのかもしれませんね。

 

恋愛よりも優先したいことがある

恋愛よりも優先したいことがあるなどの価値観のズレから別れることを選択する場合があります。

男性はひとつのことにしか集中できない傾向が強いからです。

恋愛も仕事も全部大事にするというより、今は恋愛を大事にする、この期間は仕事を優先するというように時間でスイッチを切り替えるのです。

 

逆に、女性は同時に複数のスイッチをいれることができます。

彼にごちそうする夕飯を考えながら仕事をするなど、男性よりも短い期間でスイッチを切り替えたり、作業しながら考えたりすることが得意です。

女性のように同時に仕事も恋愛も考えることができずに、仕事を優先したいと思ってしまうことで別れを選択するしかないと思い込んでしまいます。

お互い好きなのに別れるのは辛いとわかっていながらも、恋愛以外に集中したいために別れを選ぶのです。

 

幸せにしてあげれる自信がない

自分が頼りない存在であるなど劣等感を感じてしまうことで、好きなのに幸せにしてあげれる自信がないと思ってしまい別れを選択するひともいます。

彼女のほうが頼りになったり、彼女が頼りにしているのが自分以外だと感じることで自信を無くしてしまうようですね。

例えば、彼女のほうが決断力があってかっこいいと言われているのを聞いてしまうだけで、自信を失ってしまう場合もあります。

 

男性は女性よりも頼りにされたりというプライドが高い人が多い傾向にあります。

とくに自分の好きな人からは頼られたいと思う男性は多いでしょう。

将来結婚して、自分が家庭を支えられるのか考えると、現時点で頼りにされていないと感じる場合、自信を無くしてしまいます。

 

別れたことに未練を感じている

お互い好きなのに別れるのは辛いとわかっている部分もあると思うので、別れたことに未練を感じている男性も多いと思います。

お互い好きとわかっている分、付き合い続ける方法をそれとなく探すように考えを巡らせるのです。

遠距離恋愛だったらどうにか近くに引っ越せないものか、価値観のズレはお互い理解し合えないのか考えていると思います。

 

また、別れたことに対して未練があれば、未練があるような行動をとる可能性が高いです。

例えば、別れたにもかかわらずあなたに連絡をしてきたり、仲間内で元カノの話をしたり、未練を感じるような行動が増えます。

一方で未練をうまく消化している男性もいるでしょう。

お互い好きだけど別れた男で未練がある男の行動と未練がない男の行動をチェックして、未練があるかどうかを見極めてください。

 

お互いが好きなのに別れると辛いことから復縁の可能性はある?

お互い好きなのに別れると辛いことから復縁の可能性はあるのかもしれません。

復縁が考えられる条件を3つ教えましょう!

  1. お互い未練を感じている
  2. お互いの存在の大きさに気づく
  3. 別れた原因を解決することができる

復縁をするということは、お互いが今まで以上に歩み寄る必要があります。

 

まず、お互いが別れたことに対して強い未練を感じていることが条件です。

別れた原因や理由を掘り下げても、自分の考え方しだいで別れずに済んだのではないかと感じているのであれば復縁の可能性は高くなります。

別れたことで、物理的にも精神的にも距離をとることで相手の存在の大きさに気づくと、相手への理解も深まることもあるでしょう。

そして、別れた原因を解決することができると確信したのであれば復縁というゴールはもうすぐそこまで来ていると考えられます!

 

お互い未練を感じている

お互い未練を感じていることが、復縁の第一関門と言っても過言ではありません。

どちらか一方が未練を感じているだけでは、片思いで終わってしまいます。

別れた理由を冷静になって考えても、乗り越えられたのではないかと感じたり、自分の事しか考えていなかったと後悔したりしていますか?

また、相手からも未練を感じているようなアクションはあったでしょうか。

お互いが未練を感じている状況こそ、復縁の第一歩です。

 

お互いがいる環境によっては、復縁は難しいと思われるかもしれません。

状況が整えられないから仕方がないと諦められるくらいであれば、別れたことに納得して未練はない状態なのでしょう。

しかし、未練がないと復縁のために状況を整えようとはしません。

強い未練があるからこそ、復縁のために行動できるのです。

 

お互いの存在の大きさに気づく

物理的にも精神的にも距離を置くことで、客観的にお互いを見ることができるようになると思います。

お互いを客観的に見たとき、お互いの存在の大きさに気づくことができたら、復縁について真剣に考えるようになるかもしれません。

 

相手がすぐそばにいると、そばにいることが当たり前になってしまい相手への感謝の気持ちを忘れてしまうことがあります。

ご飯を作ってくれたり、車を運転してくれたり、最初はうれしく感じていたことも日常に溶け込んでしまうのです。

別れることで相手の存在の大きさや感謝を再認識し、別れたことに対する後悔を感じるようになるでしょう。

お互いの存在の大きさに気づくことができたら、復縁についても真剣に考えるようになります。

 

別れた原因を解決することができる

復縁を実行するためには、別れた原因を解決することができると明確にわかっている必要があります。

遠距離恋愛が辛くて別れたのに、遠距離を解消していないとまた同じことを繰り返してしまうと感じますよね。

遠距離恋愛だったら、近くに引っ越すことが決まっている事実が必要になるでしょう。

 

別れた原因が精神的な、価値観のズレや優先順位の違いだったとしても同様のことが言えます。

結婚に対する考え方、優先順位が違うことも受け入れられる器の大きさ、今までとは違う考えも必要になるでしょう。

別れている間に、人間としての成長も求められるものがありそうです。

物理的な原因でも、精神的な原因でも、何らかの形で解決できると確信が持てるのであれば復縁の可能性はグッと高くなるでしょう!

 

お互いが好きなのに別れると辛いけど別れて正解の場合もある!

お互いが好きなのに別れると辛いけど別れて正解の場合もあることを覚えておきましょう。

なぜなら、別れることで辛い気持ちを経験し、学ぶこともたくさんあるからです。

別れた原因の中には、自分自身を見つめなおすきっかけとなったものはありませんでしたか?

相手の価値観を受け入れられなかったり、自己犠牲が多くなっていたり、自己成長が停滞してしまっていたり、気づいたから別れたはずです。

 

元彼とはこの先に進めないかもしれませんが、あなたが進めない理由にはなりません。

恋愛は人生の中で、その時にしか味わえない経験と学びがあるのです。

お互い好きなのに別れることを選んだのはとても勇気が必要だったことでしょう。

まず、お互いのために精一杯考え、別れを選択した自分を褒めてください。

そして、別れた辛さを糧に前へ進みましょう!

 

まとめ

お互い好きなのに別れるのが辛い場合の対処法、男の心理、復縁の可能性について解説しました。

お互い好きなのに別れる選択をした理由はさまざまあるようですが、まずはその理由をしっかり落とし込みましょう。

そして、あなたの心が喜ぶことへ時間を使ってください。

あまりにも辛い場合は復縁の可能性もあるので、相手のことをもう一度見つめ直して行動してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。