既婚者同士の好意サインを職場で確認する方法!会話やラインでも分かる?

既婚者同士の好意サインを職場で確認

既婚者同士の好意サインを職場で確認する方法があるのをご存知ですか?

既婚者同士でも同じ職場にいると、好意を抱いたり、好意サインを見つけたりすることがあるでしょう。

よく目があったり、時には好き避けと思われる行動が見られます。

今回は既婚者同士で好意サインを職場で確認する方法、好意がわかる会話やラインを紹介しましょう!

また、既婚者同士で好意を抱く理由や、好意が勘違いである可能性についても解説します。

既婚者同士の好意サインを職場で確認する方法7選

既婚者同士の好意サインを職場で確認する方法は次の7点に着目するといいでしょう。

  1. よく目が合うか確認する
  2. パーソナルスペースが近い
  3. 直接関係ないことでも褒めてくれる
  4. 休憩時間などを合わせてくる
  5. 仕事以外の連絡が来るようになる
  6. 食事に誘われるようになる
  7. 好き避けするようになる

既婚者同士だとしても、パートナー以外に好意を抱く人はいるのではないでしょうか。

恋愛感情が生まれれば、あなたに対して好意サインを示しているはずです!

 

あなたが視線を感じるなと思ったときは、確認してみるといいでしょう。

あなたと目が合う回数が多いのであれば、好意サインの可能性があります。

また、パーソナルスペースの近さや、共有する時間が増えたと感じるのであれば好意サインのひとつと考えていいでしょう。

ふたりきりの時と、職場にいる時とで態度が違うのであれば、好き避けしている可能性もあります。

 

よく目が合うか確認する

よく目があるか確認することで、好意サインかどうか気づくのではないでしょうか。

同じ職場にいるのであれば、お互いの存在を確認できる範囲にいることもあるでしょう。

視線を感じたり、ふと顔をあげたりするとき、相手と目が合うことが多いのであれば、相手があなたのことを見つめているからではないでしょうか。

 

既婚者となると、異性をそんなに見つめることは誤解を生むこともあるので率先してすることではありません。

それでもあなたとよく目が合うということは、無意識にあなたのことを目で追っているからかもしれません。

あなたに好意があるから、あなたのことを見つめてしまうのです。

目を合わせたときに、微笑んだり、恥ずかしそうに目を背けたりするのであれば、あなたに対して好意があるからと考えられます。

 

パーソナルスペースが近い

既婚者同士だとしても、好意を抱いていればパーソナルスペースが近いと感じるのではないでしょうか。

好きな人の近くにいたいと思うのは自然なことですよね。

既婚者同士で、恋愛するような立場ではないとしても、それは変わりません。

 

既婚者同士だと、お互いにパートナーがいるため必要以上に近づくことはしないはずです。

相手があなたに好意を抱いているとしたら、パーソナルスペースを近づけていき、どれくらいの距離が許容範囲か確認している可能性もあります。

好意があればパーソナルスペースが近くなっていくのを知っているのでしょう。

既婚者同士の両思い・好意サインはパーソナルスペースでわかるので見逃さないようにして、あなたにとって良い距離を保つことをおすすめします。

 

直接関係ないことでも褒めてくれる

同じ職場にいて、相手にとって直接関係ないことでも褒めてくれるのは好意サインのひとつかもしれません。

直属の上司や先輩にあたる人であれば、あなたの仕事を褒めたり、労ったりすることはあるでしょう。

しかし、全く関係ない部署の人が、わざわざあなたの仕事を褒めてくれることは少ないのではないでしょうか。

 

仕事ではなくても、たまたま話した家庭での一面や、あなたが頑張っていることに対して純粋に褒めてくれるのは好意があるからと考えられます。

あなたから自慢することがなくても、スマートにあなたのことを褒めてくるでしょう。

褒められることが嫌いな人はいませんし、好きな人のことはどんなに些細なことでも肯定したいと思いますよね。

直接関係ないことでも褒めてくるのは、好意サインのひとつになるのではないでしょうか。

 

休憩時間などを合わせてくる

わざわざ休憩時間などを合わせてくるのは好意サインと考えていいでしょう。

休憩時間だけでなく、通勤時間や退社時間が同じ時間になることが多いのは、相手が合わせているからかもしれません。

休憩時間が同じくらいの人は多くいるでしょうが、全く同じタイミングで席を立つ人は少ないのではないでしょうか。

きりの良いところまで仕事をしたいときもあれば、できるだけ早く休憩に入りたいときもあるでしょう。

全く同じタイミングで毎回休憩に入ることも珍しいのです。

 

試しに、違う時間に出勤したり、休憩時間をずらしてみたりしてください。

相手の方から、何かあったのか聞いてくるかもしれません。

聞くのが恥ずかしい男性は、次からあなたが変更した時間に合わせてくる人もいるでしょう。

休憩時間や出勤時間をずらしたのに、わざわざあなたに合わせてくるということはあなたに好意があるからと考えられます。

 

仕事以外の連絡が来るようになる

仕事以外の連絡が来るようになるのはあなたに好意を抱いているサインになるのではないでしょうか。

既婚者になると、浮気や不倫を疑われる可能性もあるので仕事以外の連絡を異性にすることは少なくなると思います。

相手も既婚者となると、相手に迷惑になる可能性も考えるので、更に連絡するのは難しいはずです。

それでも、既婚者であるあなたに連絡をしてくるのは、好意を抱いているからなのではないでしょうか。

 

連絡をするようになったきっかけは業務連絡だったかもしれません。

同じ職場にいることで一緒に仕事をしたり、仲間と一緒に食事に行ったりする機会もあるでしょう。

仲良くなるきっかけがあり、あなたのことをもっと知りたい、自分の事を知ってほしいという欲が出てきたのではないでしょうか。

あなたに好意を抱き、気になっているのであれば既婚者同士だろうと仕事以外の連絡は増えていくでしょう。

 

食事に誘われるようになる

仕事上がりなど、ふたりきりの食事に誘われるようになると好意を強く感じます。

同じ職場なので、同僚や上司と一緒に複数人で食事することはあるでしょう。

しかし、相手があなたとふたりきりで食事に行きたいというのはあなたと時間を共有したいと思っているからです。

 

既婚者同士になるととても勇気がいる行動にも感じますね。

お互い家庭があることを考慮すると、既婚者同士で食事に誘うのはよほどの理由がないと実行しないでしょう。

場合によってはあなたに家庭のことで相談したいことがあるだけかもしれません。

しかし、相談するにしても愚痴をこぼすにしても、相手は同性の同僚ではなくあなたを選んだのです。

少なからず好意がある可能性を考えていいのではないでしょうか。

 

好き避けするようになる

相手が好き避けするようになったと感じることが多くなると、好意が強くなったと考えていいかもしれません。

好き避けするのは相手も好きという感情が強くなってしまい、職場内で感情のまま行動しないように注意しているのです。

職場では避けるような行動が多いのに、ふたりだけのときや、ラインなどのメッセージのやりとりをするときは優しく接してくれます。

 

職場内で出会っても、挨拶したらどこかにいなくなるようになったと感じることはありませんか?

昨日までのラインのメッセージのやり取りが嘘のように感じることもあるでしょう。

しかし、そこまではっきりとわかるとあなたも好き避けされていると感じるのではないでしょうか。

既婚者同士ということもあり、相手も感情を抑えたり、周りの目が気になったりするのでしょう。

既婚者同士で両思いと自覚しても好き避けする男性心理や特徴、対処法がわかっていると、あなたも相手のことをフォローできますよ。

 

既婚者同士の好意サインは会話やラインでわかる!

既婚者同士の好意サインは会話やラインでわかることが多いでしょう。

職場での会話とふたりきりだけの会話は雰囲気や話し方が全く違うのではないでしょうか。

ふたりだけの会話ではプライベートのことまで話せるので、仕事中の雰囲気とのギャップを強く感じますよね。

男性は複数の物事を同時にするのは苦手な人が多いのですが、その分スイッチの切り替えははっきりしている人も多い傾向があります。

そのため、職場内とふたりだけの空間では全く話し方が違うことが好意サインのひとつになるでしょう。

 

職場の話し方とラインなどのメッセージはもっと差が出るのではないでしょうか。

同じ職場で働く人という認識でメッセージが送られてくる場合は、話しているよりも文章だけの方が冷たく感じます。

しかし、好意があるのであればラインなどのメッセージの雰囲気が全く違うと感じるでしょう。

職場の上司から可愛いスタンプが送られてきたら少し驚きますよね。

あなたに好かれたいと思っているラインはあなたも感じ取れるのではないでしょうか。

 

職場での会話とふたりだけの会話が全く違う!

職場での会話とふたりだけの会話が全く違うと感じるのであれば、好意サインのひとつになるかもしれません。

男性は仕事とプライベートをしっかり分けたいと考える人が多い傾向があります。

そのため、職場ではあなたに同僚や部下として接しているけれど、仕事以外の時間になると雰囲気や話し方が柔らかくなるのです。

 

職場ではあなたに好意を抱いていても、既婚者同士ということもあり自分を仕事モードにして上手に隠しているのではないでしょうか。

しかし、ふたりきりでいるときが仕事時間外であれば仕事モードではなくなります。

あなたに優しい言葉をかけたり、食事に誘ったり、プライベートな質問をしたりするのではないでしょうか。

職場での会話とふたりだけの会話が全く違うとわかりやすいので、好意サインとして見つけるのは簡単かもしれませんね。

 

職場ではそっけないのにラインでは優しい

職場ではそっけないのにラインでは優しいという人もいます。

結婚相手は知らなくても、お互いが既婚者同士というのは職場でも知っている人は多いでしょう。

そのため、職場で仲の良いところを見せるわけにはいきません。

その点、ラインはメッセージのやり取りだけなので見られさえしなければ大きな問題になることもないですよね。

 

職場で上司と部下であれば仲良く話すこともないでしょう。

さらに、既婚者同士であればなおさら、仲良くお話していたら変な噂が立ってしまうリスクもあります。

ラインのメッセージやスタンプは少し工夫をすれば誰かに見られることはありません。

ラインのメッセージでは職場では考えられないほどに優しい一面が見られるのではないでしょうか。

職場での対応が塩対応でも、ラインのメッセージがとてもやさしいのであれば、好意サインのひとつになっている可能性は高いと思います。

 

既婚者同士で好意を持つ理由

なぜ、既婚者同士で好意を持ってしまうのでしょうか?

その理由は次の3つが考えられます。

  1. 既婚者同士で悩みや苦労を分かち合える
  2. お互い余裕があって話しやすい
  3. 恋愛をもう一度楽しみたい

既婚者同士であればお互いパートナーがいる身になるので、別の異性に想いを寄せる日が来るとは思っていなかったのではないでしょうか。

 

既婚者同士になると同じステージに立っていると考えることもできますね。

同じステージに立っている者同士、悩みや苦労が同じでお互いが支えになっている部分があると感じるのではないでしょうか。

既婚者同士は既にパートナーがいるので、お互い余裕があるように感じるのかもしれませんね。

今のパートナーとかつてしていた恋愛をもう一度味わいたいと思っている人もいます。

 

既婚者同士で悩みや苦労を分かち合える

既婚者同士で悩みや苦労を分かち合えると思って、お互いが心の支えになっている場合は好意を抱きやすい関係になるでしょう。

既婚者同士で心から悩みや苦労を話せる人は少ないと思います。

もしかしたら、パートナーに言えないことでも既婚者同士の相手には言えることがあるのではないでしょうか。

その人にだけ言えることがあると、まるで秘密を共有しているような感覚になりますよね。

秘密を共有する人がいるとなると、既婚者同士だとしても特別な存在になるのではないでしょうか。

 

さらに、秘密の内容があなたの悩みや相手の困っていることだったりすると、お互い心の支えになっている感覚になるのです。

自分も支えてもらっている分、相手のことも支えてあげたいと思うことは恋愛感情に繋がるきっかけになるのではないでしょうか。

 

お互い余裕があって話しやすい

既婚者同士はお互い余裕があって話しやすいことから好意を抱きやすいのかもしれません。

既婚者同士になると一度は恋愛を経験しているので、お互いが異性の扱いをわかっている節があります。

女性が喜ぶ言葉や、男性が好む気遣いが自然とできてしまうのです。

パートナーに不満を持っている人ほど、異性の扱いに関しては上手かもしれませんね。

 

結婚して家庭を持つと、人によっては恋愛していたことが嘘のような夫婦関係になってしまう場合があります。

恋人から夫婦になると、間に子供ができるなどふたりを取り巻く環境が大きく変わるでしょう。

そのため、恋人扱いするようなことは減っていきますよね。

それは人によっては寂しいと感じることもあるのではないでしょうか。

同じような悩みを持ち、ひとりの異性として扱ってくれるステキな人がいたら恋愛感情も抱きやすいですよね。

 

恋愛をもう一度楽しみたい

家庭を持ってから恋する気持ちを忘れているときに、職場でステキな人が現れたら恋愛をもう一度楽しみたいと思ったのではないでしょうか。

既婚者同士だからこそ、女性の扱いにたけていたり、同じように家庭に不満を持っていたり、気を許せる人がいるかもしれません。

今まで家庭が忙しくて忘れていた、恋する気持ちを取り戻す瞬間も訪れるでしょう。

 

同じ職場でステキな人が現れるまで恋愛したいなんて思ってもいなかったのではないでしょうか。

ただ忙しなく一日が終わっていく感覚の人もいるでしょう。

だからこそ、同じ職場のステキな人が現れたとき、とても衝撃的だったのではないでしょうか。

既婚者同士だということも忘れ、もう一度この人と恋愛したいと思うのです。

 

既婚者同士の好意サインを職場で感じているのは勘違いかも?

既婚者同士の好意サインについて解説していきましたが、好意サインを職場で感じているのは勘違いである場合もあるので気を付けましょう。

熱い視線が送られていていると思ったら、変な寝癖がついているだけかもしれません。

仕事のことで話したいことがあるだけだったり、そもそもパーソナルスペースが近かったりする人もいるのです。

同じ職場であることから、一緒にいる時間も長くなるため勘違いも起きやすいので注意しましょう。

 

既婚者同士だから、いくら距離感が近くても恋愛に発展することはないだろうと思って平気で近づいてくる人もいます。

誰に対しても同じような接し方だと感じたら、好意サインだと感じるのは勘違いかもしれません。

既婚者同士の好意か勘違いかを見極める方法がいくつかあるので参考にするといいでしょう。

 

まとめ

既婚者同士の好意サインを職場で確認する方法や、会話やラインでのポイント、既婚者同士で好意を抱いてしまう理由を解説しました。

既婚者同士だと堂々と恋愛できない分、相手の好意サインにはしっかり気づいてあげたいですよね。

しかし、同じ職場にいると関係も近くなるので、好意サインだと勘違いしてしまう場合もあるので注意しましょう。

周りの人とはどう接しているかも確認しつつ、好意サインかどうかチェックしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。