既婚者同士食事2回目の意味とは?女性・男性の心理やその後を解説!

既婚者同士で食事2回目

既婚者同士にもかかわらず食事に誘われるのが2回目となると相手のことも意識してしまいますよね。

職場の同僚たちも一緒なら気軽に行けるのですが、ふたりきりの食事となるとその後どうなるのか気になってしまいます。

今回は既婚者同士で食事に行くのは2回目とはどんな意味があるか解説しましょう!

また、既婚者同士で食事に行く女性心理、男性心理や食事のその後はどうなるのかなども解説します。

既婚者同士で食事に誘うのは2回目ってどういうこと?

既婚者同士で食事に誘うのは2回目とはどんな意味があるかというと、次の4つが考えられます。

  1. あなたに悩みを聞いてほしい
  2. 立場上あなたのことを元気づけたいと思っている
  3. あなたのことをもっと知りたい
  4. デートのつもりで誘っている

既婚者同士にもかかわらず、個人的に食事に誘ってくるのは気になってしまいますよね。

さらに食事に誘われるのが2回目となると、好意があるのか考えてしまいます。

 

既婚者同士で食事に誘ってくるのは、好意があるとは限りません。

既婚者同士だからこそ、これ以上の関係はないと安心して食事に誘っている可能性もあります。

あなたに相談したいことがあったり、仕事で落ち込んでいるなら励ましたいと思っていたりして深く考えず気軽に誘っているのではないでしょうか。

一方、あなたのことをもっと知りたいと思っていたり、好意を抱いていることを自覚してデートのつもりで誘っている可能性もあります。

 

あなたに悩みを聞いてほしい

あなたに悩みを聞いてほしいという気持ちから、既婚者のあなたを食事に誘っている可能性があります。

1回目の食事で、あなたとならこれ以上の関係になることはないだろうと思っているのかもしれませんね。

仲のいい既婚者の友人であれば浮気を疑われることもなく、プライベートなことまで相談しやすいと思われているのではないでしょうか。

 

既婚者であれば、お互いの家庭があるため特別な関係にはならないという安心感があります。

そのため、異性の既婚者で話しやすい人を選んで、あなたを2回目の食事に誘ったのではないでしょうか。

既婚者ということで、自分のパートナーについても相談しやすいのかもしれませんね。

既婚者同士でこれ以上の関係に発展することはないと安心して、あなたを相談相手として選び2回目の食事に誘っている可能性があります。

 

立場上あなたを元気づけたいと思っている

相手が先輩や上司、仲の良い同僚の場合は、立場上あなたを元気づけたいと思っているから2回目の食事に誘っているのかもしれません。

既婚者同士という立場や、恋愛感情から誘っているのではなく、先輩としての役割や仲間意識などから食事に誘ってくれたのではないでしょうか。

 

もし、仕事で失敗した大切な部下や同僚がいたとき、あなたはフォローしてあげたいと思いますよね。

同じように、相手も既婚者同士だとしてもどうにか元気づけたいと思ったのではないでしょうか。

直接手を貸してあげられない状況だとしたら、食事にでも誘って元気づけたいと考えたのかもしれません。

既婚者同士など深く考えずに、立場上あなたを励ましたくて食事に誘った可能性があります。

 

あなたのことをもっと知りたい

既婚者同士だとしても、あなたのことをもっと知りたいと思い、2回目の食事に誘った可能性があります。

1回目の食事であなたに好意を抱いたのかもしれませんね。

既婚者同士だとしても、好意を抱いてはいけないことはありません。

あなたのことを純粋に知りたいと思って、2回目の食事に誘った可能性があります。

 

見た目や話し方など、人に好意を抱くポイントはいくつかありますね。

性格に関しては実際会話をして、プライベートまで覗いてみないとつかめない部分が多いです。

また、食事に誘ってプライベートな状態まで近づけたときに、相手の気持ちや性格がわかるのではないでしょうか。

相手の既婚男性もそれが知りたくてあなたと2回目の食事に誘おうと決めたと考えられます。

 

デートのつもりで誘っている

相手の既婚男性はすでにあなたに好意を抱いており、デートのつもりで誘っている可能性があります。

最近彼とよく話すようになったり、よく連絡が来るようになったりしたと感じることはありませんか?

1回目の食事から、相手の好意を感じるようなそぶりが見えるのであれば、相手の既婚男性はデートのつもりであなたを食事に誘っている可能性があります。

 

食事2回目をデートとして考えているのであれば、あなた好みのレストランや居酒屋、バーなどをチョイスしてくるでしょう。

告白はなくても、相手は付き合っているかのようにふるまってくるかもしれません。

いい雰囲気を演出したり、さりげないボディタッチが増えたり、あなたもデート気分になってしまうかもしれませんね。

 

既婚者同士で食事2回目の女性心理

既婚者同士で食事2回目の女性心理は次の4つが考えられます。

  1. 脈あり!と嬉しくなる
  2. 独身気分を味わっている
  3. 仕事などの立場上断れない
  4. 配偶者に少し罪悪感がある

食事に誘われたのが2回目であることを考えると、少なからず自分の事を気にしてくれていると感じるのではないでしょうか。

 

既婚者同士だからこそ、素敵だなと思う人っていますよね。

食事に誘われるのが2回目だと、もしかして自分に好意を抱いているのではないかと思う人もいるでしょう。

食事に誘われることで、自分は魅力があると自信が出て独身気分をもう一度思い出すのではないでしょうか。

誘ってくれるのが上司や先輩の場合は、既婚者同士や恋愛感情の有無など関係なく、断りにくいと感じますよね。

また、配偶者との関係によっては罪悪感を覚える人もいそうです。

 

脈あり!と嬉しくなる

個人的に食事に誘われるのが2回目となると、既婚者同士だとしても脈あり!と嬉しくなる人もいます。

既婚者だから恋愛をしてはいけない、ということはありません。

既婚者同士だからこそ、魅力的に見える部分があると思います。

素敵な男性から食事に誘ってもらえるのは、いくつになっても嬉しいのですよね。

 

理由にもよるとは思いますが、食事に誘ってくれるのが2回目ということは、相手にとってあなたは信頼関係を結べる人と思われている可能性が高いです。

それは、あなたも本能的に感じているのではないでしょうか。

普段の接し方がみんなと同じでも食事に誘ってくるのはあなただけであれば、脈ありの可能性は十分あります。

しかし、嬉しくなる気持ちもわかりますが、既婚者であることを忘れてはいけません。

時には、自分が守るべきものなども考えて食事に付き合ってあげましょう。

 

独身気分を味わっている

食事に誘われることは既婚者になってから少なくなったのではないでしょうか?

そのため、既婚者同士だとしても2回目の食事に誘ってもらえると独身気分を味わっている感覚になります。

結婚すると、男性と出かけることはもちろん、友達と出かけることも少し減ってしまいますよね。

もしお子さんがいるのならばなおさら、プライベートと感じる時間が減ります。

少し良いなと感じている異性から、食事に2回も誘ってもらえるだけで、女性としての自覚や魅力を再確認するのではないでしょうか。

 

結婚して、化粧もそこそこに、家庭と仕事で手一杯な気持ちになって女性としての魅力なんて考えていられません。

そんな時に、既婚者同士でも食事に誘ってもらえると、私の女性としての魅力も捨てたもんじゃない!と考え直すでしょう。

まるで独身に戻ったような、ドキドキする感覚がよみがえるかもしれませんね。

 

仕事などの立場上断れない

相手に対して特別な感情はなくても、仕事などの立場上断れない状況も考えられます。

いつもよくしてくれている上司や先輩なら、既婚者同士だとしても断りにくいですよね。

相手に下心もないとわかっている分、既婚者同士だからと断るのも気が引けます。

さらに、こちらから既婚者同士だから食事に行けないと言うと、まるでこちらが意識しているような感じがして余計断りづらいですよね。

 

例えば、普段から一緒に仕事をしている上司や先輩の誘いは、既婚者だからと言って断りづらいところがあります。

もし、お子さんがいたとしても、食事に誘ってくるのはお子さんがある程度大きくなっていると知っているからなのではないでしょうか。

既婚者同士だとしても断りづらい状況であるばあいは十分考えられるでしょう。

 

配偶者に少し罪悪感がある

既婚者であることから配偶者に少し罪悪感がある人が多いのではないでしょうか。

配偶者との関係がうまくいっていない人でも、罪悪感を覚えることがあります。

既婚者同士のため恋愛感情になることはないとわかっていたり、仕事の関係上食事を共にしているだけだったりしても配偶者の存在を考えるでしょう。

 

結婚すると、女性は家庭を守る意識が男性よりも強くなる傾向があります。

女性は結婚すると家事に育児にと忙しい毎日を送っているイメージが強いからではないでしょうか。

そのため、自分が誘われた食事に2回も行ってしまったと罪悪感が生まれる可能性があります。

相手に恋愛感情を少しでも感じているのであれば、なおさら罪悪感を感じてしまうかもしれませんね。

 

既婚者同士で食事2回目の男性心理

既婚者同士で食事2回目の男性心理は次の4つが考えられます。

  1. 付き合ってないので問題なし
  2. 仕事などの関係で心配している
  3. 好意を抱いている
  4. 食事の後も一緒にいられる可能性を感じている

既婚者同士で食事に行くことに対して、あまり深く考えていない人もいれば、あなたに好意を抱いていて誘ってくる人もいるようですね。

 

1回目の食事で、既婚者同士として相談したり、話したりすることで安心感や楽しい気持ちがあったのではないでしょうか。

付き合っているわけでも、お互い下心があるわけでもないと判断して2回目の食事に誘っているのかもしれません。

また、恋愛とは別に市塔尾のことで心配していることがある可能性もあります。

一方で、あなたに好意を抱いていたり、食事の後も一緒にいることができるのではないかと考えていたりする男性もいるでしょう。

 

付き合ってないので問題なし

既婚者同士ということに安心して食事に誘うのが2回目だとしても、付き合ってないので問題なしと考える男性もいます。

1回目の食事は、仕事のことを話したり、プライベートなことでも相談したり、何かきっかけがあったのではないでしょうか。

1回目の食事で、話しがはずんだり、相談してよかったと感じたりしているのであれば深く考えずに2回目の食事に誘っている可能性があります。

 

既婚者同士なので、食事の後に何かあるとは考えていない人が多いのではないでしょうか。

1回目の食事でお互い下心がないと判断した可能性があります。

お互い恋愛感情がなく、付き合っているわけでもなく、既婚者同士ということに安心感があるのかもしれませんね。

ただ楽しい時間を過ごしたいという気持ちで2回目の食事に誘った可能性があります。

 

仕事などの関係で心配している

既婚者同士などは関係なく仕事などの関係で心配しているだけの可能性も考えられます。

仕事の後輩が失敗して落ち込んでいたら、あなたも励まそうと行動を起こすのではないでしょうか。

同じように、既婚者同士ということは関係なくあなたのことを心配して2回目の食事に誘っている人もいるのです。

 

職場の後輩や部下という認識であなたを見ている場合、あなたが既婚者であることなどは気にしていないでしょう。

大切な部下、いつも頼りになる後輩という見方をしているはずです。

そんな立場の人が、仕事で失敗して落ち込んでいたらどうにかして元気になってもらいたいと思うのではないでしょうか。

既婚者のあなたではなく、大切な後輩であるあなたの心配をして2回目の食事に誘った可能性があります。

 

好意を抱いている

既婚者同士でも好意を抱いているからあなたを2回目の食事に誘った可能性があります。

既婚者だろうと、気になる人がいたらアタックする男性もいるでしょう。

パートナーがいながらも、恋愛を楽しみたいと感じている人も少なからずいるのです。

普段から熱い視線を送ったり、1回目の食事のとき上機嫌だったりすると、2回目の食事に誘うことでさらに好意を伝えてくるでしょう。

 

既婚者同士だからこそ誘いやすいと思っている男性もいるかもしれません。

既婚者男性が、未婚の女性を食事に誘うと不倫しているように見えますよね。

しかし、既婚者同士で食事に行っていると、まず仕事の話をするために食事をしているようにも見えます。

好意を抱いた相手も既婚者で食事に誘いやすいため、2回目の食事にも誘った可能性もあるでしょう。

 

食事の後も一緒にいられる可能性を感じている

男性の中には食事の後も一緒にいられる可能性を感じているために2回目の食事に誘ったという人もいるでしょう。

男性の中には、結婚した相手とは別に恋愛したいと感じている人もいるということです。

2回目の食事にも行ってくれるということは、この後も一緒にいたいと思っている可能性があると根拠もなく確信している可能性があります。

 

誘われた食事に行くのは義理があったり、断る理由もなかったり、女性にも事情があるでしょう。

しかし、男性としてみたら、2回目のデートの誘いも受けてくれたから、相手も自分に気があると思ってしまうのです。

食事は建前で、あなたと食事の後も一緒に過ごしたいという下心がある人もいます。

普段の会話やしぐさで男性の気持ちも伝わっていると思うので、食事に誘われるのが2回目であるときは注意しましょう。

 

既婚者同士で食事をしたその後はどうなるの?

既婚者同士で食事をした後はどうなるのか、次の3パターンが考えられます。

  1. 食事だけで満足する
  2. 関係を発展させたい
  3. 身体目的の可能性もある

男性が食事に誘うのが2回目である場合は、必ずしも下心があるわけではありませんがある程度警戒する必要があるでしょう。

 

あなたを励ましたいと思っていたり、相談したいと思っていたり、恋愛感情とは別の目的がある場合です。

この時は、食事に誘うことで目的を達成させることなので、食事だけで満足するでしょう。

しかし、恋愛感情を抱いている場合は、告白など関係を発展させる行動がある可能性があります。

また、恋愛感情とは別に身体目的で食事に誘ってくる男性もいるでしょう。

食事に誘われるのが2回目のときは、1回目の食事のときよりも注意力が必要になります。

 

食事だけで満足する

既婚者同士の関係性によりますが、食事だけで満足する場合もあります。

相手の既婚男性の目的が、食事を通してあなたを元気づけることだったり、相談したいことがあったりする場合です。

職場の上司や、仲の良い同僚であれば、2回目の食事の理由を先に言ってくれるのではないでしょうか。

 

例えば、課長に注意を受け落ち込んでいる場面を見た先輩が、仕事上がりに飲みに行こう!と誘ってくれたら、元気づけようとしてくれてるんだなと感じますよね。

逆に、奥さんのことで相談したいから仕事上がりに付き合ってくれないか、と仲の良い同僚に言われたら力になってあげたいと思うでしょう。

あなたとの関係性がはっきりしていて、食事に誘う理由が明確であれば食事をするだけで目的が達成され満足するでしょう。

 

関係を発展させたい

あなたとの関係を発展させたいと思い、告白などのアクションを計画している人もいるでしょう。

純粋にあなたを恋愛対象として考えている場合は、食事に行く前から相手の下心を感じているのではないでしょうか。

例えば、1回目の食事以降、目が合うことが多くなったり、よく話しかけられたり、なにかしらサインがあるでしょう。

 

2回目の食事に来てくれれば、告白したときにいい返事をもらえるのではないかと期待しているのではないでしょうか。

2回目の食事に誘うということは、告白前に自分がどれくらい受け入れられているかテストしていると言っても過言ではありません。

食事に行く理由もよくわからないにもかかわらず、食事に誘ってOKをもらえたのなら、告白したときいい返事がもらえると考えてしまうのではないでしょうか。

 

身体目的の可能性もあるため注意!

あなたを2回目の食事に誘ったのは、身体目的の可能性もあるため注意が必要です。

男性の中には、結婚し子供ができることでパートナーとのセックスレスに悩む人もいます。

自分の性欲を発散したいがために、食事に誘い、その後肉体関係に持ち込もうと考えている人もいるということを覚えておきましょう。

 

あなたは相手を信頼して2回目の食事にも行こうと考えているかもしれません。

しかし、2回目の食事にも来てくれるということは、自分の誘いなら断らないと考えている男性もいるのです。

食事の後にホテルに誘っても来てくれるのではないかと思っている可能性もあるでしょう。

そのため、2回目の食事にも行くということは、男性があなたの身体目的の可能性もあるということを覚えておいてください。

 

まとめ

既婚者同士で食事に誘われるのが2回目という意味、そのときの女性心理、男性心理、その後どうなるかを解説しました。

既婚者同士だとしても、付き合っているわけではないため深い意味もなく食事に誘う人もいるでしょう。

一方で、あなたに好意を抱いて2回目の食事に誘う人もいます。

食事の後は身体目的だったことがわかる場合もあるので、2回目の食事に誘われた場合はある程度の警戒心も必要になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。