既婚者同士の微妙な関係はどうするべき?心理や対処法を解説!

既婚者同士の微妙な関係はどうするべきか、心理や対処法を解説

男女が微妙な関係を続けることはよくありますよね。

しかしそれが既婚者同士となれば事情も違ってきます。

今回は既婚者同士の微妙な関係はどうするべきなのか、その心理や対処法について紹介します。

既婚者同士の微妙な関係とは?

まずはじめに、既婚者同士の微妙な関係とはどのような状況を指すのか紹介します。

あなたに実際に当てはまっているか確認してみてください。

 

身体の関係を持ってしまったが進展していない

過去にふとしたきっかけで身体の関係を持ってしまった場合です。

特にそれ以降音沙汰なく、進展もない状況は微妙な関係と言えますね。

 

2人だけで会っている

既婚者同士にも関わらず、2人だけで会っている場合です。

特に恋愛沙汰になっていないとしても、既婚の男女がふたりきりで会うのは微妙な関係に違いありませんね。

 

既婚者同士でLINEだけの関係

独身なら特に問題はないと思いますが、既婚者同士でLINEを継続的に送り合っている関係の場合。

定期的に連絡を取り合うのは、必然と仲の良い親密な間柄に限られてくると思います。

それが既婚者同士であればLINEのみの間柄でも微妙な関係といえます。

 

既婚者同士だけどボディタッチがある

既婚者同士は、世間体やお互いの家族のことも考えて適度な距離感で接するのが通常です。

しかしボディタッチがあるような間柄ともなれば微妙な関係と言えますね。

 

既婚者同士でもパーソナルスペースに入ってくる

前述しましたが、既婚者同士は基本的に世間体や家族のことを気にして不必要に異性に近づかないのが通常です。

しかし中には距離感が異様に近く、パーソナルスペースに入って来る様な人もいます。

そのような人との関係も微妙な関係と言えるのではないでしょうか。

 

好意をアピールしてくるが進展しない

相手があからさまな好意をアピールしてくる場合です。

しかしお互い既婚者同士なこともあり、特に進展のないのが主だと思います。

そんな関係性は通常の友人とは若干違う微妙な関係といえますね。

 

既婚者同士の微妙な関係を続けるときの心理は?

微妙な関係を続ける時、相手が一体何を考えているのか気になりますよね。

行動には必ず理由があるはずです。

 

ここからは既婚者同士の微妙な関係を続ける時の心理を紹介します♪

 

相手の出方を伺っている

やはり既婚者同士なので、不謹慎な行動はとれません。

もしぐいぐい責めて自分の家族に伝えられでもしたら大変な事になります。

あなたが乗り気かどうか出方をうかがっている可能性が高いです。

 

一度だけの関係にしたいと思っている

既婚者であるため、関係性を続けるにはあまりにもリスクがあります。

そのため一度だけの関係にしたいと思っているのかもしれません。

進展がないのも、全てなかったことにしようという暗黙の了解を求めているからかもしれませんね。

 

遊びで付き合いたいと思っている

フランクな気持ちで遊びとして付き合いたいと思っているのかもしれません。

ボディタッチが多かったり誘っている様な発言が多い場合、家族では埋められないドキドキをあなたに求めている可能性が高いです。

 

真剣に付き合いたいが家族への罪悪感を持っている

あなたのことが真剣に好きで付き合いたい気持ちがあるが、家族に対して罪悪感を持っている場合もあります。

自分の家族を裏切る行為になりますし、相手の家族にも影響を与えてしまいます。

 

今の現実を壊してまで欲望のまま突き進めない葛藤と戦っている故の、微妙な関係なのかもしれません。

 

既婚者同士の微妙な関係への対処法は?

既婚者同士の微妙な関係はリスクも伴いどっちつかずでモヤモヤしますよね。

ここからはこの微妙な関係性に対しての対処法を紹介します♪

 

将来を考えて関係を終わらせる

既婚者同士と言うことでお互い大切な家族がいます。

一時の欲望に突き動かされる気持ちも当然人間なのであります。

しかし、やはり将来の事を考えると関係を終わらせるのが最善策でしょう。

 

もし自分や相手に子供がいた場合、親が不倫などしていたらどんな気持ちがするでしょうか。

お互いの旦那さんや奥さんはどれだけ傷つくでしょうか。

また、不倫は民法上の不法行為に当たります。

今一度、何が一番正しいのか考えてみる事が大切です。

 

遊びと割り切って付き合う

お互い家族は大切だとしても、遊びとして割り切って付き合うという選択肢もあります。

お互いの家族を最優先にして、息抜き程度に遊びで付き合うなら軽い気持ちで関係性を楽しめるかもしれません。

 

真剣交際を考える

相手のことを心から愛しているなら真剣交際を考える手もあります。

しかしその場合、お互いに家族がいることを忘れてはいけません。

 

本当に真剣に交際するなら、今のパートナーとは別れる必要があります。

また、相手の家族にも話をつけて貰う必要があります。

 

微妙な関係を続ける

これからも微妙な関係性を続けていくのも手です。

つかず離れずの微妙な関係性なら、浮気までも行かずリスクも少ないです。

 

既婚者が行動を起こすのはなかなか難しいところですね。

 

まとめ

今回は既婚者同士の微妙な関係はどうするべきなのかと、その心理や対処法について紹介しました。

微妙な関係性には様々な種類や理由がありましたね。

微妙な関係性に悩んでいるあなたに少しでも参考になれば幸いです♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。