既婚者同士の告白のタイミングはいつ?失敗しないためのコツや返事の仕方も!

既婚者同士の告白のタイミング

既婚者同士の告白のタイミングはいつなのか悩んでいませんか?

既婚者同士だとしても恋心を抱き、気持ちがあふれると告白して気持ちを伝えたいと思いますよね。

しかし、既婚者同士というリスクもあるので、告白をしても失敗する可能性も高いです。

今回は既婚者同士の告白のタイミングや失敗しないコツをお伝えします。

また、既婚者同士でお付き合いするリスクも解説するので参考にしてくださいね。

既婚者同士の告白のタイミングは?

既婚者同士の告白のタイミングは次の条件が整っているときが理想です。

  • 自分の気持ちを確かめて告白したいと思っているとき
  • 相手との距離感が十分縮まったと実感したとき
  • 相手の家庭状況が悪くないとき
  • 自分の配偶者から浮気を疑われていな状況のとき

既婚者同士にもかかわらず、告白をして自分の気持ちを伝えたうえでお付き合いしたいのであれば、お互いの状況が整っていないと難しいでしょう。

 

お互い既婚者であるにもかかわらず、気持ちを伝えるのでリスクがあることも承知の上で覚悟を決める必要があります。

強い意志が必要になるでしょう。

そして、告白を受け入れてもらえる程度には親密な中になっておく必要があります。

好きだと感じたからといって、気持ちが向くまま告白してはいけません。

また、相手の家庭状況や、自分の配偶者から疑いの目を向けられていない状況かなどを知っている必要もあるでしょう。

 

自分の気持ちを確かめて告白したいと思っているとき

既婚者に告白するにあたり、自分の気持ちを再度確かめて告白したいと思っているときでないと告白してはいけません。

配偶者や家庭がいるにもかかわらず、告白することを心に決めるのですから強い覚悟が必要になるでしょう。

また、あなたの告白で相手の家庭にも影響が出ることをしっかり理解しておく必要があります。

 

一般的に既婚者でありながら他の人に恋愛感情を抱いても告白しようとする人は少ないでしょう。

浮気や離婚は世間的にみてもあまりいいイメージはないからです。

しかし、周りの目が気にならないほどに恋焦がれているのであれば、気持ちを確かめたうえで告白をするのもひとつの手段になるでしょう。

告白する前に、まず自分が本当に気持ちを伝えたいと切望しているのか、もう一度考えてみることをおすすめします。

 

相手との距離感が十分縮まったと実感したとき

相手との距離感が十分に縮まったと実感したときは告白するタイミングの条件のひとつになるでしょう。

相手が既婚者でなくても、告白するのに相手との距離感は縮まっている方が良いですよね。

既婚者同士であれば、なおさら距離感が近い方が良いでしょう。

なぜなら、告白するタイミングはお互いの家庭状況や仕事環境、あらゆる状況を知ったうえで告白した方が良いからです。

 

既婚者だからこそ、好意を全面的に出してアピールすることは難しいでしょう。

小さなアピールを見逃さず、距離を詰めていく必要があります。

さらに、好きな相手も仕事や家庭が忙しい時に告白されてしまうと、好きでも断るしかなくなりますよね。

既婚者同士の告白のタイミングは、適切な距離感や縮め方も参考にして、相手との距離が十分縮まったときにするのが良いでしょう。

 

相手の家庭状況が悪くないとき

相手の家庭状況が悪くないときを選んで告白するようにしましょう。

家庭に不満を抱いている状況であれば、あなたの告白を受け入れる可能性は十分あります。

しかし、あなたの気持ちを受け入れたというよりも、今の状況を脱したくてあなたの告白に返事をしてしまう可能性も出てくるでしょう。

今までの関係に思いもよらない拍車がかかり、どんどん近づいていくことも考えられます。

 

家庭状況が悪いと、心にも余裕がなくなり、告白を受けいれるだけのゆとりはありません。

気持ちに余裕がなくて告白を受け入れてもらえない可能性もあります。

一方で告白に対していい返事がもらえる可能性もあるでしょう。

しかし、相手の気持ちのはけ口にされたり、都合のいいように扱われる可能性もあるので注意してください。

 

自分の配偶者から浮気を疑われていな状況のとき

既婚者同士で告白をする場合は、自分の配偶者から浮気を疑われていない状況のときにしてください。

これは、あなたの気持ちも相手のことも守るために必要なことです。

自分の配偶者から浮気を疑われているときに告白してしまうと、浮気のつもりがなくても配偶者からは浮気に見えてしまいますよね。

疑われているときは、疑わしい行動は避けましょう。

 

配偶者から浮気を疑われているときに告白すると、相手にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

相手の配偶者にも浮気をしていると間違った情報が伝わる可能性があるからです。

場合によっては、修羅場になってしまう可能性もあるでしょう。

自分の事も相手のことを守るためには、自分が浮気を疑われていないと自信を持って言えるタイミングで告白するようにしてください。

 

既婚者同士の告白で失敗しないためのコツ4選

既婚者同士の告白で失敗しないためのコツは次の4つです。

  1. 自分の素直な気持ちだけを伝える
  2. 相手のことを一番に考えて告白をする
  3. 少しずつ好意を示していく
  4. 占いを利用してみる

既婚者同士という立場もあるので、告白する場合は少し工夫が必要になるでしょう。

 

相手に返事を求める告白ではなく、自分の気持ちを伝えるだけにします。

あなたの気持ちに対して、いい返事がもらえたときに、今後どのように付き合っていくかしっかり話し合ってください。

相手の立場を考慮して、告白の先の関係はどうするかはっきりさせておく必要があるでしょう。

告白という形をとらず、少しずつ好意を示して、会話のいらない関係を築くこともひとつの手になると思います。

また、告白するか、どんな言葉を伝えたらいいか迷っているのであれば占いを利用してみるのもいい手段です。

 

自分の素直な気持ちだけを伝える

告白をするときは相手に返事を求めず、自分の素直な気持ちを伝えるようにしましょう。

お付き合いをする、しないは関係なく、今相手に抱いている気持ちを素直に言うだけです。

この時に、相手に見返りを求めてはいけません。

相手も付き合いたいと思っているかもしれませんが、いい返事をできる状況だとは限りません。

気持ちが伝えられただけでも良しと思うことにすると決めて告白した方が良いでしょう。

 

告白して、相手も同じ気持ちだったらうれしいですよね。

普通であればお付き合いに発展していきますが、既婚者同士なのでどんな関係を築いていくかも話しておいた方が良いでしょう。

今まで通り、たまに食事に行って、仲良く話をするだけのプラトニックな関係を築いていくのか、それ以上の関係性が欲しいのか話してください。

既婚者同士だからこそ、しっかり気持ちを確かめて関係性を決めましょう。

 

相手のことを一番に考えて告白をする

既婚者だからこそ相手のことを一番に考えて告白をするようにしましょう。

自分が既婚者であると、好きな人であってもパートナー以外から告白されてしまうと返事に困ります。

自分も好きだと素直に返事をしても、交際に至ることができないことで告白してくれた好きな人を傷つけてしまう可能性があるからです。

告白を受ける側にも、既婚者同士だからこそ苦悩があることを理解してあげましょう。

 

相手が返事に困るような告白を迫ってはいけないということです。

「好きだから、付き合ってほしい。これからはデートもたくさん連れてって」というように、付き合うこと前提の告白は相手を困らせます。

返事はいらない、今まで通り接してほしい、くらいがちょうどいいかもしれませんね。

相手からいい返事をただいて、今までよりも距離感が近くなったのであればお互いが満足できる付き合い方についてしっかり話してください。

 

少しずつ好意を示していく

あえて告白という形式にこだわらず、少しずつ好意を示していく方法もあります。

例えば、「いつも、ありがとう」とお礼と言ってみたり、「あなたのそういうとこ好き」と褒めてみたりするのはどうでしょう。

視線が合ったときに微笑んでみたり、コーヒーなどを差し入れしたり態度で表すこともおすすめです。

相手にも好意が伝えられますし、付き合っていないけれども親密な関係は築けそうですよね。

 

告白はせずに、それでいて友達よりも少し親密な関係を築くことで、最終的には相手のほうから告白してくれるかもしれません。

告白してしまうと、距離感が大きく変わってしまう可能性もあります。

告白をしないことで、お互いが満足するいい距離感で一緒にいることもできるのではないでしょうか。

 

占いを利用してみる

告白をする前に占いを利用してみるのも良い手段になるでしょう。

既婚者同士で告白をするということは自分の周りには相談しにくいですよね。

そんな時こそ、占いを利用してみてはいかがでしょうか。

既婚者で休みの日は夫婦一緒だったり、お子さんがいたりと占いに行けないという人もいるでしょう。

占いに行けない人でもSNSを使った占いなどもあるので誰にもばれずに占うことができます。

▼24時間アプリのチャットで相談できる

/恋の悩みに特化・個人情報入力不要&前払い制で安心\

誰にも言えない恋も相談できます。

 

告白しようと思っている既婚者との相性や、告白をした結果なども相談してみるといいでしょう。

あなたは告白に自信が持てますし、告白後も納得のいく関係を築けるようになるのではないでしょうか。

告白することに悩んでいるのであればぜひ利用してみてください。

 

既婚者同士で告白された時の返事の仕方

既婚者同士で告白された時の返事の仕方は次の4つです。

  1. 気持ちに答えられないのであればすぐに断る
  2. リスクやデメリットをその場で確認する
  3. 告白後はどんな関係を望んでいるのか聞く
  4. 付き合うと決めたのならばふたりだけの決めごとを作る

既婚者だからこそ、告白されたときの返事ははっきりとさせた方が良いでしょう。

 

告白されて、付き合えない、同じくらいの気持ちを返してあげられないと感じたのであればすぐにお断りしてください。

返事までに時間が空くと、変な期待をさせてしまう場合もあるので、告白直後に断りましょう。

また、これから関係を継続か発展させるのであればどんなリスクやデメリットがあるかお互い確認しておいた方が良いですね。

思わぬところに落とし穴があるかもしれません。

お互いの関係性もはっきりさせておくべきですね。

 

気持ちに答えられないのであればすぐに断る

相手の気持ちに答えられないのであればすぐに断ることをおすすめします。

あなたも相手に好意を抱いていたとしても、同じくらい好きかは話してみて初めて知る場合もあります。

あなたはプラトニックな関係を続けていきたいと思っていても、相手は配偶者との離婚も考えているかもしれません。

気持ちが釣り合っていないと感じるのであれば、告白はお断りするべきでしょう。

 

お互い既婚者同士であるので、相手が入ってもいいパーソナルスペースは人によって異なります。

家庭を捨ててまで付き合いたいと思っていなかったのに、相手に流されてお付き合いを始めてしまうと後悔しか残らないのではないでしょうか。

相手が好きだからと言って、あなたの気持ちが揺らぐ必要はありません。

自分の価値観と釣り合っていないのであればすぐにお断りしてください。

 

リスクやデメリットをその場で確認する

告白を受け入れたときのリスクやデメリットはその場で確認する方が良いでしょう。

お付き合いをするにしても、事前にリスクやデメリットも共有しておくことでお互いを守ることができる可能性があります。

たとえば、職場にバレたらどうなるか、職場にバレる前に防げる対策はあるか、お互いの家族にバレる心配はないかなど相手の考えも聞きましょう。

 

リスクやデメリットを話すだけでも相手との価値観の差も見られるかもしれません。

あなたが家族にはもちろん職場や友人にも付き合っていることを知られたくないと思っていても、相手の既婚者は親友には伝えたいと思っているかもしれません。

つまり、あなたがリスクと思っていても、相手はリスクと思っていない場合もあるということです。

そのため、あなたが心配だと思っているリスクやデメリットはしっかり伝えるようにしましょう。

 

告白後はどんな関係を望んでいるのか聞く

告白後はどんな関係を望んでいるか聞くことで、相手との距離感が変わってきます。

今まで通り接してほしいという人もいれば、もっと恋人らしいことがしたいという人もいるでしょう。

もしあなたと同じ考えであれば告白は受け入れても問題ありませんし、違うのであればあなたの考えも伝えてみてはいかがでしょうか。

 

既婚者同士であるため、必ずしも恋人のように付き合うことが自然な流れというわけではありません。

お互い惹かれあっていたとしても、家庭が大事だと思う人もいます。

「告白してくれたのほ嬉しいけど、あなたが望む私たちの関係は?」と、はっきり聞いてみた方が良いでしょう。

相手のことが好きだからと言って、相手の考えに流されないようにだけ注意してくださいね。

 

付き合うと決めたのならばふたりだけの決めごとを作る

付き合うと決めたのならばふたりだけの決め事を作るといいでしょう。

ただ一緒にいるだけではなく、既婚者同士でありながらお付き合いをすると決めるということはそれなりに覚悟があると思います。

ふたりの関係やお互いの家族、仕事、様々な面で守るものが増えます。

 

お互いとその周りも守れるように、お付き合いするうえでルールを決めておく方が良いでしょう。

連絡は平日のみや、デートの約束も家庭で何かあったら家庭優先など、問題が発生するたびに増えると思います。

それでも、今すぐ決められる分だけでも決めて、お互いが納得して付き合っていける環境を作りましょう。

決めごとがあると既婚者同士でお付き合いをするリスクを避けることにも繋がります。

家庭や仕事を優先させると割り切っていれば、いざその時に嫉妬心を抱いてしまうこともないでしょう。

 

既婚者同士で気持ちを伝えることはリスクのほうが多い!

既婚者同士の告白のタイミングなどをお伝えしましたが、既婚者同士で気持ちを伝えることはリスクのほうが多いことも忘れてはいけません。

お互いは、気持ちを伝えあって満足してプラトニックな関係を築けていると胸を張って言えるのかもしれません。

しかし、お互いの家庭を壊しかねない状況を自分で作っていることを自覚すべきです。

 

また職場で噂になってしまえば、お互いやましいことはしていないと思っていても浮気や不倫の噂が立ってしまいます。

噂も話題性があれば広まってしまうので、事実でなかったとしても、不倫しているという噂になってしまうのです。

人によっては社会的信頼を落としてしまうかもしれませんね。

既婚者同士で告白し、気持ちを伝えるということは、メリットよりもデメリットが大きすぎることを肝に銘じておいた方が良いでしょう。

 

お互いの家庭崩壊のリスク

既婚者同士であるためお互いが抱える大きなリスクは、お互いの家庭崩壊のリスクでしょう。

お互いが今までの家庭を捨て、新たな人生をふたりで過ごすという強い意志で動き出すのであればリスクにならないのかもしれません。

しかし、家庭も大事にしたいと考えているのであれば告白することやお付き合いを始めるということはとてもリスクになります。

 

SNSも発達しているのでどこで人がつながっていて、誰が見ているかわかりません。

お付き合いしていなくても、仲良さそうに歩いているだけで疑われることだってあるでしょう。

浮気や不倫が疑われ、離婚沙汰になってしまったら家庭は崩壊してしまいますよね。

気持ちを伝える告白をしたり、さらにお付き合いを始めるということはまず家庭崩壊のリスクを自ら抱えたということに気づいてください。

 

社会的信頼も失いかねない

不倫、浮気は世間的にもイメージが良くないことから社会的信頼も失いかねないというリスクがあります。

会社内でも不倫しているという人がいると、仕事がいくらできても人間性を疑ってしまうことがありますよね。

既婚者同士でプラトニックな関係を築いているとしても、浮気や不倫に見えてしまうことがあるでしょう。

 

本人たちにその気がなくても、噂が独り歩きしてしまうこともあります。

スキャンダル好きな人もいるでしょうから、告白をし、お付き合いを始めるということに関しては周囲の目も気にする必要がありますね。

また、不倫や浮気の噂が立つと、肩身が狭い思いをしたり、職場の雰囲気が悪くなってしまったりもするでしょう。

さらに信頼も失いかねないので、告白することやお付き合いをすることはリスクが大きいことを覚えておいてください。

 

付き合うことのメリットよりもデメリットが大きすぎる

既婚者同士で付き合うことのメリットよりもデメリットが大きすぎることは自覚できたでしょうか?

既婚者同士で付き合うことにメリットがあるとするのであれば、お互い好きな人と一緒にいられることくらいでしょう。

今まで築いてきた地位や、人間関係、配偶者との関係、家庭など失うリスクや関係性を壊すデメリットがあまりにも多いと気づくのではないでしょうか。

 

既婚者同士だから告白することが悪いことではありません。

気持ちを伝えることで、すっきりして新たな関係性を築くチャンスにもなります。

そのチャンスがリスクやデメリット以上に人生に必要であると考えるのであれば、お付き合いを始めてもいいでしょう。

既婚者同士、告白して付き合うことのメリット、デメリットをよく考えることをおすすめします。

 

まとめ

既婚者同士の告白のタイミングはいつが適切なのか、告白を失敗しないコツと返事の仕方、既婚者同士で付き合うリスクなどを解説しました。

既婚者同士だとしても、お互い好意を抱いてしまうこともあるでしょう。

しかし、既婚者同士だからこそ、告白する難しさや、告白後の関係性について悩むことも多いと思います。

ぜひ、自分の納得のいくように告白し、お互い納得のいく関係性でいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。