40代既婚男性が好き避けする理由!急に避ける行動と対処法は?

40代既婚男性好き避け

40代既婚男性が好き避けするのは単純な理由だけでないと感じているのではないでしょうか?

急に避ける行動をとるのは、40代既婚男性だからこその理由があるのです。

人生を振り返る時期に突入して人生を考え直したり、社会的、家庭的に安定した立場にいたりすることが背景の可能性もあります。

今回は、40代既婚男性が好き避けする理由や行動、その対処法について紹介します。

40代既婚男性が好き避けする・急に避ける本当の理由とは?

40代既婚男性が急に避けたり、好き避けとわかる行動をとる本当の理由は次の3つが考えられます。

  1. 自分の人生を考えている
  2. 社会的立場が安定している
  3. 自他ともに認める育メンで家庭を大事にしている

とてもエネルギッシュに活動していた20代、30代とは違い40代になると人生も半分になり、落ち着いてくる男性がほとんどです。

あなたのことが好きだとしても、自分の人生の一部として、あなたとの関係について考えている可能性があります。

そのため、今は好き避けという形で距離をとっている可能性もありますね。

また、40代では社会的地位が安定している人も多いのではないでしょうか。

今後のことを考え、社会的地位が揺らぐようなリスクは避けたくて好き避けしているかもしれません。

お子さんや、奥さんのことを大切に思っている男性であれば、あなたに好意を寄せていても40代になって急に避ける行動をとる可能性もあります。

 

自分の人生を考え直している

40代とは、人生でいうと半分くらいですね。

40代既婚男性は、自分の人生を見つめなおす時期に突入してあなたとの距離を置くために急に避けるような好き避けの行動をしている可能性があります。

 

40代既婚男性の中ではあなたも人生に登場してくる重要人物になると言えるのではないでしょうか。

20代、30代では恋や仕事に燃えていたかもしれませんが、40代になると体力も落ちてきます。

大事にできるものは限られていると悟っているかもしれませんね。

結婚していてもあなたのことが好きだから、という理由だけではあなたと一緒にいるのが難しくなってきたと感じている可能性があります。

そのため、急に避けるという、好き避けの行動をとってしまったのでしょう。

 

社会的立場が安定している

40代になって社会的立場がある程度安定してきたため、波風立てないように好き避けしている可能性があります。

出世や昇格に燃えている20代、30代を抜けた40代は社会的地位も上がって、出世や昇格のスピードがある程度落ち着くのではないでしょうか。

さらに、会社の幹部クラスになってくると数年はそのポストを維持する人が多いでしょう。

そんな中、あなたとの関係を噂されることで自分の信用を落としてしまってはいけないと思っている可能性があります。

 

40代既婚男性であれば、自分の社会的地位を守ることで、家庭や会社全体を守ることになると気づいてあなたを急に避ける行動をとっているのでしょう。

ある程度高い役職についている人もいるでしょうから、社会的立場が安定しているからこそ好き避けする可能性があります。

 

自他ともに認める育メンで家庭を大事にしている

40代既婚男性であれば、お子さんもある程度大きくなって共働きの奥さんを気遣う自他ともに認める育メンになっている人もいるのではないでしょうか。

子供の成長を見守ることに喜びを感じるようになったり、子育てに対する奥さんの苦労に気づいたり、40代になって初めて気づいたこともあるかもしれません。

40代にして初めて気づいたことを職場や仲間内で話しているうちに自他ともに育メンと称されるようになったのではないでしょうか。

 

育メンと言われる男性のイメージでは、奥さん以外の女性と仲良くしている姿は想像できないですよね。

40代男性も同じことを思ったのかもしれません。

そのため、あなたを急に避けるという好き避けの行動で距離をとった可能性があります。

 

40代既婚男性の好き避けの行動

40代既婚男性の好き避けの行動は4つ考えられます。

  1. 話が盛り上がる前に会話から抜ける
  2. LINEなどのメッセージがとてもやさしい
  3. お酒が入ると近くにいることが多くなる
  4. 家庭が上手くいっていることをアピールしてくる

基本的にあなたの近くにいたい願望があるので、最初は話に混ざっていることが多いです。

しかし、話が盛り上がって生きたと思ったら話の輪から抜けていくことがあります。

そんなそっけない、避けるような行動が多くてもLINEなどのSNSのメッセージはとてもやさしさを感じることが多いでしょう。

お酒が入るなど気が緩む瞬間は基本あなたのそばにいることが多いです。

あなたと話しているのに、今までとは違い家庭でうまくいっていることを話して、間接的に距離をとろうとする男性もいます。

40代既婚男性の好き避けの行動について詳しく解説します。

 

話が盛り上がる前に会話から抜ける

40代既婚男性は、話には混ざっていますが、話が盛り上がってくると自然と抜けていく傾向があります。

40代になると、落ち着いてくる人もいるのであからさまに避けたり、傷つくようなことを言ったりする人は少ないのではないでしょうか。

笑顔を向けてくれるけどよそよそしかったり、話はするけど盛り上がる前に切り上げてしまったり少しわかりにくい避け方をする傾向があります。

 

あなたを好きになることは、悪いことではないと折り合いもついているので恥ずかしがったり、自信がなかったりして好き避けすることはありません。

しかし、20代、30代と違ってはっきりと好きなことがわかる行動もなくなってしまいます。

40代既婚男性は話が盛り上がる前に退散するのが好き避け行動の1つと考えられます。

 

LINEなどのメッセージがとてもやさしい

40代既婚男性で社会的地位もあなたより上になると立場上あなたに厳しい時も多いかもしれません。

しかし、LINEなどのSNSではとても優しい一面を見せてくれるのではないでしょうか。

社会的地位を守ることでいろいろなものを守っている40代既婚男性は多くの目がある職場などではあなたと気軽に話すのは難しいです。

 

普段は厳しく接するしかないのですが、あなたの目にしか映らないLINEやSNSではやさしい言葉をかけることができます。

40代既婚男性としての余裕があり、あなたのことを気遣うステキな言葉を送ってきてくれるでしょう。

職場など他人の目があるところでかけられるような言葉ではないため困惑するかもしれません。

しかし、どちらも男性の本当の気持ちになることを覚えておいてください。

 

お酒が入ると近くにいることが多くなる

お酒が入る飲み会などの席ではいつの間にかあなたの近くに座っていることが多くなるでしょう。

お酒が入るとどうしても気が緩んでしまうことがあります。

周りもお酒が入っているからしょうがないですね、という空気になり、お互い近づきやすい環境になりますよね。

飲み会の席などの大勢で楽しむような席では、本音が出やすくなるのです。

 

お酒が入って本性が表れたとも考えられます。

普段は避けたり、冷たくしている人も、本当に好意があるのであれば、気が緩むお酒の席で近くに座ってしまいます。

普段は冷たくされて聞けない話もしてくれるでしょう。

もちろん次の日にはいつもの冷たい感じに戻りますが、お酒が入って本音が出やすい時はそばにいてくれることが多くなります。

 

家庭が上手くいっていることをアピールしてくる

和やかに話してくれるのですが、話の内容は家庭が充実してうまくいっていることをアピールすることが多くなります。

40代既婚男性は余裕があるため、誰もが嫌がるような態度で接してくるようなことはしないでしょう。

しかし、あなたにとっては少し酷な話題になりそうな、家庭の話題を振ってくるかもしれません。

週末家族で出かけたことや、奥さんの自慢などで家庭がうまくいっているようなアピールをしてきます。

 

直接的に避けるような子供のような態度はとりませんが、遠回しに避けるような好き避けをしてくるでしょう。

自他ともに認めるような家庭的な人の印象があると自覚しているのであれば、なおさらあなたにだけ家庭の話をしないのも不自然です。

あなたと適切な距離をとり、不自然にならないように好き避けとして家庭的な一面をアピールしている可能性があります。

 

40代既婚男性から好き避けされた時の対処法

40代既婚男性の好き避けの行動に対して次の5つの対処法をおすすめします。

  1. しばらく距離を置く
  2. 笑顔で対応することを心がける
  3. スキルアップやコミュニケーション能力アップで評価を上げる
  4. 避けられると辛いと素直に伝える
  5. 占いを利用して対処法を相談する

40代既婚男性となると、心境の変化もあって好き避けしている可能性が高いです。

ただあなたの注目を集めたかったり、恥ずかしかったりという単純な感情ではありません。

そのため、相手が距離を置いてきたら、あなたもそれに倣って距離を置くことをおすすめします。

家族の話をしだしたら、嫌な顔は見せずに笑顔で対応してみましょう。

職場で活躍したり、円滑なコミュニケーションをとれるようになると周りの信頼も厚くなり、彼からも距離を縮めてくる可能性があります。

彼から好き避けされて苦しい時は、素直に気持ちを伝えてみるのも良い対処法のひとつです。

他人には相談しにくい内容ですから、占いなどを利用して対処法のアドバイスをもらうのもいいですね。

それぞれ詳しく解説するので参考にしてみてください。

 

しばらく距離を置く

40代既婚男性から好き避けされていると感じた場合は流れに身を任せて距離を置くのもひとつの手です。

40代の既婚男性となると、人生について深く考えている可能性もあります。

あなたとの関係について自問自答しているため、そっと見守ってあげた方が良いでしょう。

40代既婚男性となると燃え上がるような恋はもうしたいと思わない人も増えてきます。

むしろ安心できるような、甘えることができる存在を求めている人もいるでしょう。

 

そのため、あなたとの関係について答えをせかすような関わり方をしてはいけません。

40代既婚男性とは一度距離をとって、自分の好きなことや趣味に取り組んでみてはいかがでしょうか。

距離をとっている間に自分磨きをすることもおすすめです。

 

笑顔で対応することを心がける

好き避けされていると自覚して、何事も笑顔で対応しましょう。

余裕がない対応をする女性は、40代既婚男性からみて魅力的な女性に見えないのではないでしょうか。

家庭や職場で守る立場に立つことが多くなっている40代既婚男性であれば、守らなくても毅然としている女性を好ましいと思う傾向があります。

 

好き避けのひとつとして、家庭の話をしても、避けるようなそぶりを見せても平気そうに笑っていたらどう思うでしょう。

したたかな姿勢に安心感や信頼を感じる男性は多いと思いますよ。

話題を振っている男性も、嫌われないか不安が全くないことはないので、笑顔でいつも通り対応されたら安心します。

好き避けされている、嫌われているわけじゃないことを忘れないで、笑顔での対応を心がけましょう。

 

スキルアップやコミュニケーション能力アップで評価を上げる

職場でスキルアップして昇格したり、コミュニケーション能力をあげて職場環境の改善に貢献したりすることであなたの評価を上げましょう。

あなたが社会的地位を確立することで、40代既婚男性からの評価も高くなります。

 

恋愛や好き避けとは関係なさそうですが、40代既婚男性で社会的地位がすでにある人から見たらどうでしょう。

職場で幹部クラスの人が一緒にいることはおかしな状況じゃないですよね。

40代既婚男性で役職がついている人からすると、自分だけではなく様々なことに貢献できる素晴らしい人として認識されます。

そんな素晴らしい相手にわかりにくい好き避けをわざわざするでしょうか。

好き避けなんかせず、適度な距離でいい関係が築けると思いますよ。

相手にやきもきせず、社会的地位を上げるように行動をしてみてはいかがでしょうか。

 

避けられると辛いと素直に伝える

好き避けされると、誰しもが辛いことなので素直に気持ちを伝えることも大切ですね。

大人げない行動に見えるかもしれませんが、わかりにくい好き避けをされて困っているのも事実です。

甘えるのではなく、具体的に40代既婚男性のどんな行動が辛かったかを伝えてみましょう。

自分から気持ちを伝えることで、40代既婚男性もなぜその行動をしたか話してくれる可能性があります。

なぜ好き避けされているのかわかればあなたも少し落ち着くのではないでしょうか。

 

好き避けをしている自覚がない場合もありますので、相手に伝えるときは一方的にならないように注意しましょう。

あなたが40代既婚男性から嫌われたくないように、相手も同じことを思っています。

落ち着いて話せる場を用意して、伝えてみてください。

 

占いを利用して対処法を相談する

誰にも相談できないことだからこそ、占いを利用して対処法を相談してみてはいかがでしょうか。

最近の占いは、自宅でも電話やLINEなどのSNSで利用できるようなものもあります。

誰にもばれずに、相談できるので嬉しいですよね。

 

40代既婚男性にもプライドがあって好き避けしているうちは、なぜ好き避けしているのか本当の理由を言ってくれない人もいるでしょう。

誕生日などから、基本的な性格や考え方がわかったり、あなたとの相性がわかったりします。

\全国の人気占い師2,500人以上が登録/

【登録で3000円無料クーポンゲット】ココナラ電話占い

▲上場企業が運営しているから安心▲

男性との向き合い方などの参考にもなるのではないでしょうか?

40代既婚男性から好き避けされて、対処法に困っているのであれば占いを利用して解決の糸口を見つけるのもひとつの手です。

 

40代既婚男性はあなたをセカンドパートナーにしたい?

40代既婚男性の中にはあなたをセカンドパートナーにしたいと思っている人がいるかもしれません。

セカンドパートナーとは、配偶者がいながらお付き合いしている交際相手のことです。

セカンドパートナーは肉体関係を持たない関係の事なので、不倫や浮気とはその点が大きく異なります。

それでも、特別な存在であることは明確です。

 

40代既婚男性が人生を考えたとき、あなたと一緒にいたいという気持ちで落ち着いたとしたらどうでしょうか。

あなたをセカンドパートナーとしてそばに置きたいと思う人がいてもおかしくありません。

40代既婚男性になると、肉体関係よりも価値観や人生観を共有できる相手として、あなたをセカンドパートナーと見ている可能性があります。

不倫相手ではなくセカンドパートナーとしてみているのはなぜか、あなたが注意することは何か詳しく解説しますね。

 

不倫相手ではなくセカンドパートナーと考えている理由

不倫相手ではなくセカンドパートナーとしてみている理由は次の3点が考えられます。

  1. 家庭が一番大切で家族を傷つけることはしたくないから
  2. 社会的立場が高いから
  3. 40代になり価値観や人生観を優先するようになったから

あなたと不倫関係になると、一番傷つくのは家族です。

そして、次に傷つくのは、信頼していた上司や部下、同僚ですね。

家庭や仕事を大事にしている40代既婚男性であれば、すぐにわかることでしょう。

人の目があるときに好き避けして、あなたを避けるような行動をとっていることからも周りをどれだけ大事に思っているかわかります。

それでもあなたのことが好きなためセカンドパートナーとして考えている可能性があります。

 

40代になり人生を振り返ったり、今後の人生を考えたりしているときに、人として好意があり、尊敬しているあなたと一緒にいたいと考えているかもしれません。

人生であなたの言葉で人生観が豊かになったり、価値観が合うなと感じると一緒にいたいと思いますよね。

不倫関係まで求めてなくてもセカンドパートナーとして重要な人と考えているのではないでしょうか。

 

セカンドパートナーにされそうになったら注意すべきこと

セカンドパートナーにされそうになったら、自分の人生もしっかり考えて行動するようにしましょう。

セカンドパートナーはプラトニックな関係になることです。

プラトニックな関係と聞くと、よこしまな感情もなさそうで特別な感じがします。

しかし、これはあなたの人生にとって、とても重要な問題です。

 

セカンドパートナーになるということは、あなたの人生にも40代既婚男性が重要人物として存在するということです。

人の恋愛観や価値観は様々ですが、あなたの人生で出会うべき最も大切な人との出会いの妨げになる可能性もあることを理解してください。

また、セカンドパートナーとしてはじまったにもかかわらず、関係が進んでしまう可能性も全くないわけではありません。

いざというときは、彼との間にしっかり線を引く覚悟も必要になります。

セカンドパートナーにされそうになったら、自分の人生をしっかり考えて行動しましょう。

 

まとめ

40代既婚男性が好き避けする理由と急に避けるような行動、その対処法について解説しました。

40代既婚男性は会社や家庭でも立場があり、すでに安定している人が多いです。

そのため20代や30代がするような好き避けではない場合があります。

また、好き避けする理由も違うので相手のことも考えて対応してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。