お互い好きなまま別れた後の連絡方法やタイミングは?連絡を我慢する方法も紹介!

お互い好きなまま別れた後の連絡方法やタイミング・連絡を我慢する方法

お互い好きなまま別れた後、連絡をとりたいけどタイミングが分からない…。

別れた後に再度アプローチする際はタイミングが何よりも重要です。

今回はお互い好きなまま別れた後の連絡方法やタイミング、その連絡を我慢する方法について紹介します。

お互い好きなまま別れた後の連絡方法は?

お互い好きなまま別れた後、どんな方法で連絡するのが一番効果的でしょうか?

まずはお互い好きなまま別れた後の連絡方法を紹介します!

あなたに一番ピッタリな連絡方法を見つけてみてください♪

 

LINEやメール

一番気軽に連絡ができるのはLINEやメールです。

ただ、自分の気持ちや相手の真意が伝わりにくいというのが難点になります。

頻繁にメッセージ交換するタイプの相手にはおすすめできる方法かもしれません。

マメにメッセージするタイプではない人にとっては、逆に重荷になってしまったり返事を忘れたりする可能性があるので、あまりおすすめできません。

 

電話してみる

思い切って電話してみるのも一つの方法です。

相手と落ち着いてゆっくり二人だけで話すことができるのが良い点です。

直接会わなくても、声色で相手の気持ちが伝わりやすくなります。

ただ、微妙な関係でいきなり電話をすると、話が盛り上がらず変な雰囲気になってしまう危険性もあります。

また、電話は相手が忙しい時にかけると迷惑になってしまう可能性が高いところが懸念点です。

 

直接会う

直接会うという方法もあります。

二人きりでなくとも、共通の友人に協力してもらって数人で会うことから始めてもいいかもしれません。

二人で話すタイミングも作れるだろうし、周りに友人もいるため気まずさも紛らわせます。

また、直接目を見て話すことでお互いの気持ちも確認しやすいです。

デメリットとしては、恋愛関係ではなく、そのまま友達関係に戻ってしまう可能性もあることです。

 

お互い好きなまま別れた後の連絡タイミングは?

お互い好きなまま別れた後、連絡するタイミングは非常に重要なものになります。

ただ、状況によってタイミングは異なります。

自分の状況がどれに近いか考えて、相手に連絡するタイミングをつかんでみてください♪

 

数日後

お互い好きなまま、口喧嘩した拍子に勢いで別れた場合などは数日後に連絡して良いでしょう。

突発的に気持ちが高揚し、お互い冷静な判断ができない状態で別れてしまった場合です。

このような気持ちは2~3日するとおさまります。

同時に「なぜあの時あんなことを言ってしまったんだろう」といった後悔の念も生まれてきます。

心を落ち着けるには数日が適切でしょう。

 

数週間後

何度か別れの危機があった末、別れるに至った場合数週間後に連絡するのが良いでしょう。

何度も別れを考えるということは、明確な理由があるはずです。

連絡するのに数日しか空いてないと、また同じことを繰り返しそうだと思われてしまうかもしれません。

数週間は時間をおき、相手が寂しくなってきた頃に連絡するのが狙い目です。

「うまくやっていけるかもしれない」という気持ちになってくれる可能性があります。

 

1か月後

お互いきちんと話し合ったうえで、しばらく距離を置くことになった場合1か月後くらいに連絡するのが好ましいでしょう。

距離を置こうと決めたにも関わらず、数日・数週間で連絡するのはさすがに早すぎます。

ただ、お互い好きなまま別れているため、連絡することを必死に我慢しているはずです。

1か月経つと気持ちが少し落ち着き、他に目を向けられるような時期に入るでしょう。

そのような状態で連絡を取れば、抑えていた気持ちがあふれ出してお互いの気持ちを再確認できる可能性があります。

 

3か月後

自分の努力次第でどうにかなるような問題が原因で別れた場合3か月後に連絡するのが良いでしょう。

「好きだけど、ここだけはどうしても耐えられない!」なんてことは、どんなカップルにでも起こりうる問題です。

その原因さえ直せば、ヨリを戻せるでしょう。

しかし数日しか経っていない段階で、「もう直したから大丈夫」と言われても、あまり信憑性がありません。

お互い気持ちが整理でき、過去を美化し始める3か月後くらいがちょうどいい頃合いでしょう。

 

1年後

現状では変えられない何かしらの問題が原因で別れた場合は、1年ほどの期間が必要でしょう。

お互いが内面的に成長するのに時間を十分に空ける必要があります。

また、相手の変化に期待ができるのも1年ほど経ってからでしょう。

数か月で人は変われるものではありませんが、1年経ってなお自分のことを思ってくれて、その上自分のために成長しようと努力してくれた姿勢に気持ちが動かされるでしょう。

 

お互い好きなまま別れた後に連絡を我慢する方法

頃合いをみて、ちょうどいいタイミングで連絡しようと思っていても、好きな相手に連絡するのを我慢するのは難しいものですよね。

ここからは連絡を我慢する方法を紹介します!

 

自分の将来像を考える

将来どんな自分になりたいか、改めて自分の将来像を考えてみましょう。

どんな状況で、どんな仕事で、誰と過ごしていたいのか。

自ずと今やるべきことが見えてくるはずです。

相手に連絡をしたい気持ちと葛藤する暇もなくなるでしょう。

 

理想のパートナー像を具体的に書き出す

あなたの理想のパートナー像を具体的に書き出してみるのもひとつの方法です。

理想のパートナー像に見合った自分になるために、そんな人に出会うために今すべきことは何か、見えてくるかもしれません。

また、あなたがヨリを戻したいと思っている相手が、もしかすると理想像とは大きくかけ離れている可能性もあります。

 

気晴らしになるものや新しい趣味を探す

今までチャレンジしてこなかった新しい趣味や気晴らしになるものを探すのもいいでしょう。

アウトドアやスポーツ、新しい楽器に挑戦するのもいいですね。

絵をかいたり、新しい本や漫画を読み始めるのもいいかもしれませんね♪

 

仲のいい友人に連絡する

仲のいい友人に連絡するのもいいですね。

今の状況を相談をするのもいいですし、積もる話でも盛り上がるでしょう。

辛い気持ちを一人で抱え込み、連絡するのを我慢するのはとても難しいことです。

そのような場合は友人に相談して協力してもらうのもいいでしょう。

 

まとめ

今回はお互い好きなまま別れた後の連絡方法やタイミング、その連絡を我慢する方法について紹介しました。

どのタイミングで連絡したらよいのか目安はつきましたでしょうか?

また、連絡を我慢する方法に関しても、ぜひ参考にしていただければと思います♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。