好きな同性にとる態度・女性の場合は?同性が好きな女性の特徴も解説!

好きな同性にとる態度が女性の場合

好きな同性にとる態度が女性の場合はどうなるかご存知ですか?

好きになった人がたまたま同性だったということもあるでしょう。

また、異性に対してトラウマがあることで、同性しか愛せないと言う人もいるかもしれません。

今回は女性が好きな同性にとる態度と同性が好きな女性の特徴、心理を解説します!

女性として女性が好きになった時の対処法も紹介するので参考にしてください。

好きな同性にとる態度・女性の場合8選!

女性同士で話をする

女性が好きな同性にとる態度8選を紹介します。

  1. 距離感がほかの人より近い
  2. ボディタッチが多い
  3. ふたりで遊びに誘われることが多い
  4. 複数人でいる時は好き避けしてくる
  5. LINEなどでのメッセージがよく来る
  6. ささいな変化に気づいてくれる
  7. 同性愛についてなど恋愛の価値観を聞いてくる
  8. あなたが女性と仲良くすると機嫌が悪くなる

同性であるために、スキンシップは積極的な人が多いかもしれませんね。

 

同性なので距離感が近くても違和感はないかもしれませんが、よく観察すると他の人よりも近いと感じると思います。

また、ボディタッチも他の人より多くなるでしょう。

ふたりでいる時はとても優しいのですが、複数人でいる時は冷たいような感じがすることもあるかもしれません。

会えない時のLINEでのメッセージが頻繁に送られてくるのも、ささいな変化に気づいてくれるのも好きな人だからゆえなのではないでしょうか。

親密になってくると、同性愛についての考えなども聞いてくるようになります。

 

距離感がほかの人より近い

同性であることから気づかれにくいかもしれませんが、好きな同性に対しては距離感がほかの人より近い傾向があります。

同性であれば、周りの人からも仲がいいと思われる程度かもしれませんね。

距離感が近くても、同性同士であることから違和感もなく、最初は受け入れやすいのではないでしょうか。

 

例えば、一緒に行動することが多かったり、いつもそばにいると感じたりすることはありませんか?

さらにほかの人に対する態度とも比較してみましょう。

明らかにほかの人と比べて、距離感が近い感じがするのであれば好意を向けられているサインかもしれません。

同性同士で最初が気付かないほどの距離感の近さも、周囲と比較することでその違いに気づくはずです。

 

ボディタッチが多い

好きな同性にとる態度として女性の場合はボディタッチが増えることも特徴のひとつです。

好きな人に触れたいと思うのは、当たり前ともいえるでしょう。

さらに、相手が同性であればボディタッチも自然に見えるかもしれませんね。

周りからの視線もあまり気にしないでボディタッチをしてくるのではないでしょうか。

 

例えば、軽く肩を触るようなボディタッチは日常茶飯事になります。

体に触られることに抵抗がないと判断すると、腕をつかんだり、手を握ったりするようなボディタッチが増えてくるでしょう。

他の人に対しても、ボディタッチが多い人はいます。

しかし、あなたに対してだけボディタッチが多いと感じたとしたら好意サインのひとつかもしれません。

 

ふたりで遊びに誘われることが多い

みんな一緒にというよりも、ふたりで遊びに誘われることが多いと感じるのであれば、同性から好意を向けられている可能性があります。

とくに、映画館や夜景を見に行くなど、デートスポットに誘っているのであれば好意サインの可能性が高くなるでしょう。

もちろん、あなたの事を友人として慕って誘っている可能性も十分考えらえます。

相手の態度などを総合して好意があるかを見極める必要があるでしょう。

 

複数人で出かけるのは苦手という人もいます。

しかし、好きな同性に対しては誘う回数も多くなりますし、視線や仕草もいつもと違う感じがするのではないでしょうか。

遊びに誘ってくれるから好意があると判断するよりも、行く場所や相手の態度で好意があるかを判断した方が良いですね。

 

複数人でいる時は好き避けしてくる

好きな同性にとる態度として、複数人でいる時は好き避けしてくる態度をとるのも特徴のひとつです。

好き避けをするのは、相手や周囲に好意が伝わらないようにすることが多いと言われています。

しかし、複数人でいる時に好き避けしてくるのはあなたの気を引きたいからという可能性も高いでしょう。

 

懐いていた相手が急に冷たい態度をしてきたら、気になりませんか?

同性として一緒にいることが当たり前になってくると、懐かれているなと感じますよね。

だからこそ、複数人でいるときに嫉妬心が湧き上がってくるのかもしれません。

もちろん、周囲に好意がバレないことも考えてあえて好き避けしている人もいます。

一方で気を引きたくてつい冷たく当たってしまう人もいるようですね。

 

LINEなどでのメッセージがよく来る

休みの日もLINEなどでのメッセージがよく来るのは、好きな同性にとる態度のひとつかもしれませんね。

特に女性の方が男性に比べて社交性が高いため、LINEなどで連絡することに抵抗が少ない傾向があります。

好意を向けられている側も、大きなアクションがないと相手からの好意サインだと気づかないかもしれませんね。

 

普段から一緒にいることが多く、連絡もよく来るのであれば好意サインのひとつかもしれません。

特に、休みの日や会う約束をしていないときも、何気なく連絡が来たりすると可能性は高くなりますね。

好きなもので盛り上がったり、あなたに話を合わせてくれたりするのではないでしょうか。

また、メッセージが頻回になってくると電話をすることが当たり前になってくる可能性もあるでしょう。

 

ささいな変化に気づいてくれる

好きな人のささいな変化に気づいてくれるのも、女性同士だからこその視点があります。

例えば、シャンプーや香水が変わったことなど、目に見えない変化にも気づいてくれるでしょう。

好きな人であれば良くそばにいることも多いでしょうし、同性だからこその視点で変化に気づいてくれます。

 

ささいな変化に気づいてくれるのは嬉しいことでもありますよね。

さらに、香水やアクセサリーなど目立つものではないものに気づいてくれたら、より嬉しいと感じるのではないでしょうか。

好きな人となれば、相手もよく観察していると思うので、言ったら喜びそうな言葉を選んでほめてくれるでしょう。

あなたの変化に気づきほめることで、あなたが喜ぶのが相手にとっても嬉しいことなのです。

 

同性愛についてなど恋愛の価値観を聞いてくる

同性愛についてなど恋愛の価値観を聞いてくるのは、好きな同性がいる可能性がとても高いと考えられます。

さらに、あなた個人の同性に対する恋愛の価値観を聞いてくるとしたら、好きな同性があなたである確率は高いでしょう。

恋愛に関する価値観が人それぞれであることは世間でもよく知られるようになりました。

話題としても、同性愛については聞きやすいかもしれませんね。

 

もしあなたに好意があれば、同性に告白されたらどう思う?など具体的なことを聞いてくるでしょう。

同性愛についての意見ではなく、あなたの同性に対する恋愛の価値観を聞かれるのです。

あなた個人のことを聞いてきたとしたら相手があなたに好意を抱いている可能性は高くなるでしょう。

 

あなたが女性と仲良くすると機嫌が悪くなる

あなたが女性と仲良くすると機嫌が悪くなるのも、好きな同性にとる態度のひとつと考えられます。

相手の恋愛対象が同性である場合、あなたの周りにいる女性もあなたを狙っているように見えるのかもしれませんね。

あなたが自分以外の女性と仲良くしていると嫉妬心が膨らむのでしょう。

 

好きな人がほかの人と仲良くしている姿は誰でも嫉妬してしまいますよね。

特に、相手の女性が同性に対してのみ恋愛感情を持つとなれば、あなたの周りの女性はライバルです。

あなたが同性愛に対してどう考えているかの前に、あなたと一番仲がいい女性は自分でなければならないと考えています。

そのため、あなたがほかの女性と仲良くしていると機嫌が悪くなってしまう人もいるでしょう。

 

同性が好きな女性の特徴4つを紹介

女性のシルエット

同性が好きな女性の特徴を4つ紹介します。

  1. 同性といる方が落ち着いている
  2. 男性に対してトラウマがある
  3. 男女差別問題に敏感
  4. 可愛いものが好き

同性が好きになるきっかけがあると思うので、他の人と比べて少し特徴があるのかもしれませんね。

 

異性といると落ち着かなくなったり不安に感じたりする一方で、同性といると落ち着いているという特徴があるようです。

また、男性に対してトラウマがあるから、同性に恋愛感情を抱くようになったという女性もいます。

同性が好きな女性の中には男女差別問題に対しても敏感な人がいるようです。

恋愛だけではなく、社会的地位などでも問題になりやすいので男性に苦手意識を持っている人ほど敏感かもしれませんね。

女性として女性が好きなだけあって、可愛いものに目がないという人もいます。

 

同性といる方が落ち着いている

同性が好きな女性の中には、同性といる方が落ち着いている人がいます。

男性と一緒にいると萎縮してしまったり、逆に嫌悪感を全面的に態度に出したり、落ち着かなくなるでしょう。

同性といると精神的にも安定する傾向があるため、安心して相手を見れるのではないでしょうか。

相手をしっかり見ることで恋愛感情を抱くのかもしれませんね。

 

同性といると安心するのであれば、男性といる時は居心地がよくない状態です。

居心地がよくないところから、恋愛感情のような特別な感情が生まれることはとても稀です。

精神的にも安定しているなかで、ドキドキするような高揚感を相手に感じることで意識するのではないでしょうか。

そのため、同性を好きになる女性は同性といる方が落ち着いている人が多いかもしれません。

 

男性に対してトラウマがある

男性に対してトラウマがある女性のなかには同性を好きになる人もいるでしょう。

過去、男性に暴言を吐かれたり、暴力を振るわれたり、大きなトラウマがあると男性に対して心を閉ざしてしまいます。

いじめられた内容や言葉を覚えていなくても、恐怖心や嫌悪感が強く残り、男性というだけでトラウマを感じてしまうのです。

そうなると心のよりどころは同性である女性だけだったかもしれません。

 

男性に対して、あまりにも強いトラウマを抱いていると、そもそも恋心は生まれません。

そばにいても問題のない女性に恋愛感情を抱きやすい状態ともいえます。

男性を拒むあまり、女性を好きになってもおかしくはありません。

同性を好きになる女性の特徴として、男性に対して強いトラウマがある場合があります。

 

男女差別問題に敏感

同性を好きになる女性の特徴として、男女差別問題に敏感な傾向があげられます。

女性の恋愛対象は男性という考えを否定したい気持ちもあるのではないでしょうか。

恋愛に関しては、性別を超えて人として相手を愛しているわけなので、性別で区切ることに対して疑問もあるでしょう。

女性だから、男性だから、という理由を言われることに対して疑問や嫌悪感を抱いてしまうかもしれませんね。

 

その延長線上で、仕事などでも男女差別問題に関しては敏感になっている可能性もあります。

男性の方が権力が上の社会もまだまだ存在します。

伝統や仕事の内容などでどうしても男性の方が有利になる場合もあるでしょう。

男女差別問題に敏感な女性は、それに関しても疑問を抱き、反発してしまう傾向があるかもしれませんね。

 

可愛いものが好き

同性が好きな女性は基本的に可愛いものが好きな傾向が強いです。

イケメン俳優が好きな女性は多いですよね。

同性が好きな女性は、男性に対して苦手意識を持っている人も多いので、どちらかというと可愛らしい女性アイドルなどが好きです。

キャラクターでも女の子や性別がわからないけど可愛いものを好む傾向が強いと思います。

 

女優さんや女性アイドルなど女性が好きな傾向があると同性に恋愛感情を抱く可能性も高いでしょう。

同時に男性を思わせる、カッコよさや逞しさは好まない傾向があります。

女性として女性が好きなので、男性を連想させるものは苦手意識を持つ女性もいるのではないでしょうか。

そのため同性が好きな女性は、可愛いもの好きが他の女性よりも強いと感じるかもしれませんね。

 

女性が女性を好きになる心理

女性の気持ち

女性が女性を好きになる理由は次の3つが考えられます。

  1. 好きになった人が同性だっただけ
  2. 生理的に男性を受け入れられない
  3. 同性との性的な想像をして欲情してしまう

女性として女性が好きになった人の価値観として、恋愛に性別は関係ないという考えが強いのかもしれませんね。

 

男性に対して苦手意識があろうとなかろうと、好きになった人がたまたま女性だっただけという場合もあるでしょう。

逆に、男性は生理的にも受け入れられないという女性もいます。

男性を生理的に受け入れられないから、女性とだけ一緒にいた結果、女性に恋愛感情を抱くようになった可能性もあるでしょう。

また、様々な理由から同性との性的な想像をした時のほうが欲情してしまうという女性もいます。

 

好きになった人が同性だっただけ

好きになった人が同性だっただけという女性も中にはいるのではないでしょうか。

同性愛に強い関心があったわけでもなくても、恋愛感情を抱いていると感じた相手がたまたま同じ女性だった場合もあります。

最初は人としてのあこがれや、友人として好きだという感情だったかもしれません。

それが恋愛感情に転じることや、恋だと気づく瞬間がそれぞれあったのではないでしょうか。

 

例えば、同性として先輩に強いあこがれを抱いていると思っていたけれども、急に距離感が近くなったことで恋に転じることがあったかもしれません。

長く付き合っている友人でも、他の人と話している姿を見るたびに苦しくなって恋をしていると気づくこともあるでしょう。

好きになった人がたまたま女性だっただけという理由で、同性愛が発覚することもあるようですね。

 

生理的に男性を受け入れられない

苦手意識やトラウマによって生理的に男性を受け入れられないという理由で女性が女性を好きになる場合もあります。

男性が苦手だから恋をしないということはありません。

男性を生理的に受け入れられないのであれば、いつもそばにいたのは女性だったのではないでしょうか。

そばにいる女性の中から恋愛対象となる人物が出てきてもおかしくはありません。

 

男性を生理的に受け入れられないという理由から、自分の恋愛対象は女性と思っている女性もいるでしょう。

女性しか愛せないという先入観があると、どうしても恋愛対象は女性になってしまいます。

さらに男性を生理的に受け入れられないという感情が強いため、男性を好きになる可能性は限りなくゼロに近くなるでしょう。

 

同性との性的な想像をして欲情してしまう

同性との性的な想像をして欲情してしまうことから女性として女性が好きだと自覚する場合もあるでしょう。

特に、男性を生理的に受け入れられないなどの理由があると同性の方に欲情する傾向が強いかもしれません。

恋愛感情を持つと相手と触れ合いたいと思うことがあるでしょう。

それは相手が同性であっても同じことなのです。

 

例えば、仲の良い同性の友人に対して性的な想像をしてしまったとしましょう。

ただの友人であれば、想像してしまった自分が恥ずかしくなったり、早く忘れようとするのではないでしょうか。

しかし、相手に対して欲情する感覚をはっきり感じるというのであれば、その友人に対して恋心を抱いている可能性が高くなります。

今まで意識していなかった相手でも、意識するようになるでしょう。

 

女性として女性を好きになった時の対処法は?

女性を抱き寄せる別の女性

女性として女性が好きになった時の対処法を5つ解説しましょう。

  1. 人を好きになるのに性別は関係ないと受け入れる
  2. 厳しい恋路になることを自覚する
  3. 相手との距離は少しずつ詰める
  4. 相手の恋愛の価値観について確認する
  5. 告白するにしても相手に返事は求めない

ささいなことから自分が同性に恋をしていると気づく場合もあります。

急に自覚するようになると、驚いてしまう人もいると思いますが焦る必要はありません。

 

まずは、人を好きになるのに性別は関係ないと、自分自身を受け入れてあげてください。

恋をすることはとてもステキなことなのです。

しかし、同性を好きになることで厳しい恋路になることも覚悟しておいた方が良いと思います。

相手の女性とは少しずつ距離を詰めて、心地いい距離感をつかみましょう。

そして、ある程度近づいたと思ったら相手の恋愛の価値観も確認することをおすすめします。

気持ちを抑えられず、告白する場合は相手に返事を求めないようにしてくださいね。

 

人を好きになるのに性別は関係ないと受け入れる

同性に恋をしていると自覚したのであれば、人を好きになるのに性別は関係ないと受け入れることから始めましょう。

まさか好きになった相手が同性であることに驚いている人もいるかもしれません。

しかし、誰かを好きになることは、とてもステキなことです。

恋愛に対する価値観を変え、受け入れる必要があるでしょう。

 

今まで、恋愛は男女の間で生まれるものと思って生きてきたのであればなおさら受け入れがたいかもしれません。

自分の気持ちなのに、受け入れることが難しい人もいるでしょう。

同性を好きになることに抵抗がある人でも、自分の気持ちに素直になることでだんだん受け入れられるようになります。

好きな人と一緒にいる時間を作ることで自分の気持ちを確かめていきましょう。

 

厳しい恋路になることを自覚する

自分の気持ちを受け入れられたところで辛いかもしれませんが、厳しい恋路になることを自覚する必要もあるでしょう。

恋愛は、双方の思いがつながることで叶うものです。

同性愛に対する理解が社会的に進んでいる中でも、同性同士であることから恋が実る可能性は低いと考えていた方が良いでしょう。

 

厳しい恋路になると自覚した方がいいことではありますが、諦めていい理由にはなりません

相手と恋が実りにくいことにくじけそうになることもあるとは思いますが、愛する気持ちを抑える方が難しい場合もあります。

自分の気持ちも大切にしながら、相手を思うことを楽しむことをおすすめします。

恋をしていることを純粋に楽しむことで、精神的にも安定するのではないでしょうか。

 

相手との距離は少しずつ詰める

好きな気持ちがわかったからと言って、急に相手との距離を詰めると逆に距離を置かれてしまうかもしれません。

相手との距離は少しずつ詰めることをおすすめします。

同性同士なので、そこまで慎重にならなくても大丈夫だとは思いますが、急にスキンシップが激しくなったら相手も驚くでしょう。

まずは軽いボディタッチや一緒にいる時間を長くするようなスキンシップをしてみましょう。

 

楽しい時間を共有したり、相手の好きなものを知ってプレゼントしたりすることで相手との距離感を縮めることをおすすめします。

相手への思いを抑えるのは大変かもしれませんが、急に距離感を詰めて避けられてしまっては意味がありません。

人は急な変化を受け入れられないことが多いので、相手のことも考えて少しずつ距離感を縮めてください。

 

相手の恋愛の価値観について確認する

ある程度距離も縮まってきたと感じるのであれば、相手の恋愛の価値観について確認するといいでしょう。

特に同性愛に対してどう考えているのか、恋愛対象として同性はありなのか聞けるといいですね。

あまり重くなりすぎないように、ライトに聞いてみるといいでしょう。

最近はSNSでジェンダー問題を発信している人がいるので、話の切り出しに使ってみるのも手段のひとつです。

 

相手のことを知ることのひとつとして、恋愛の価値観を聞くことも重要なことの一つです。

あなたの気持ちの整理にも必要なことになってくるでしょう。

また、あなたの行動ひとつで相手の考えが変わってくる可能性もあります。

恋愛に関する価値観もあなたの言動で変わることもあると思うので、少し時間を空けてから聞き出してもいいかもしれませんね。

 

告白するにしても相手に返事は求めない

恋愛の価値観を確認したうえで、告白するにしても相手に返事は求めないようにしましょう。

同性から告白されるのは、同性愛に理解があっても受け入れるのに時間がかかる人もいます。

好きであるあなたの気持ちを知ってもらうだけで、とりあえず告白は成功と考えるといいですよ。

 

同性愛に理解があることと、同性を好きになることはまた別の感覚になります。

男女であれば告白して、受け入れてもらえたら交際が自然とはじまるでしょう。

しかし、同性となると自然と交際という流れになるかは相手次第です。

まず、返事はしなくてもいいから、自分の気持ちを聞いてほしいということを伝えましょう。

告白する前にふたりの仲をしっかり深めておくことで、急に距離を置かれたり、避けられるような事はなくなるはずです。

 

まとめ

好きな同性にとる態度は女性の場合どうなるか、同性が好きな女性の特徴、もし同性が好きになった場合の対処法を解説しました。

好きになった人が同じ女性だったとしても、誰かを好きになることはステキなことです。

好きな同性にとる態度から好意サインが出ていると気づくことがあるでしょう。

相手からサインがあったと思っても動じずに受け止めてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。