ガルプラ・クリエーションミッションの結果は?チーム分けや曲も紹介!

ガルプラクリエーションミッションの結果

ガルプラ9話から始まった「クリエーションミッション」。

ガルプラも終盤に差し掛かっており、デビューに向けたファイナルステージに挑戦できるかどうかの大事なミッションです。

今回はガルプラ・クリエーションミッションの結果とチーム分け・メンバー・曲をまとめました。

そこで今回は、ガルプラ・クリエーションミッションの結果は?チーム分けや曲も紹介!と題してお送りします。

ガルプラ・クリエーションミッションの結果は?

https://twitter.com/k_idol_00/status/1446458892251119619?s=20

ガルプラ・クリエーションミッションの結果はU+ME=LOVEの勝利となりました!

2位との差がわずか1.34点だったことを考えると、かなり接戦だったようですね。

番組では2位以下の順位については公表されませんでした。

チームごとの評価は以下のとおりです。

 

뱀 (Snake)チームの評価

キムダヨンは「ベンベンベン」の後に息をすーっと吸う場面を活かしていた。そこに感情移入した。

シェンシャオティンは中間評価でキリングパートなのに目立たないと思っていたが、メデューサのシーンから鳥肌が立った。ダンスブレイクを本当に活かしていた。

フーヤーニンがこの曲の強弱を中間評価でうまくできていたと思いパートチェンジを提案したが、欲が出てしまっており、リズムが崩れ落ちてしまった。

 

実力者ぞろいのチームでしたが、練習時点から雰囲気があまり良くなく、本番ではミスもありました。

ただ、江崎ひかるのオリジナルの振りがマスターやトレーナーの間で評価されるなど、個人単位で実力を発揮できたメンバーもいました。

 

U+ME=LOVEチームの評価

始まる前にした心配は本当に不要だった。

スヨンはメンタルが本当に素晴らしい。曲に遅れて合流した中で重要なポジションを担当したが、遅れて合流したことを全く感じさせないステージだった。

プラネットパスを受け取った練習生は今回のステージが本当に素晴らしかった。

スネークから移動してきたスヨンとヨンウンは、スネークメンバーが緊張が必要なくらい良いステージだった。

 

他のチームU+ME=LOVEから放出されて合流したメンバーや、プラネットパスでぎりぎり生存したメンバーが大半を占めるチームでしたが、最もチームワークや雰囲気が良かったです。

ミスもなく、すでにデビューしているかのようなまとまりのあるチームで、全員が役割をしっかり果たし、輝いて見えました。

100点満点の94.17点を獲得したとのことで、かなり高評価だったことが分かりますね!

 

Shoot!チームの評価

このチームでデビューしたとすれば、このデビューステージを何度も見たくなると思う。

それくらい自分たちの歌にしていて、感情移入もしっかりできていたし、解釈も良かった。

成功的なデビューステージだった。みんなにすごい可能性、エネルギーを感じた。

グインマヤは宝物のようだった!歯も生えて身長も伸び、実力も伸びたと思う。

チョウシンユーがとても良かった。

ユジン、おつかれさま。中間評価で辛いことを言ったのは信頼があったから。メンバーを引っ張ってくれて、ユジンも本当に良かった。

 

比較的若いメンバーが多いチームでしたが、本番ではミスなくすばらしいステージを披露していました。

練習では指摘されていたチェユジンのメインボーカルもしっかりこなしていました。

 

Utopiaチームの評価

Utopiaは表現するのが難しい曲だと思う。

イェソがとても上手だったし、ユリナも良かった。チェヒョンも雰囲気を表現していたが、なぜそんなに怖がるのか。

パフォーマンスを見て、全員が良かったとは言い難い。ファンシンチャオはガールズグループになりたいなら、今の練習の何倍もの練習をしなければならない。

とても良かったと思う。振付を作りながら、どうすればみんなが美しいステージを作り出せるか考えていた。力量に差はあるかもしれませんが、平均的にみんなよかった。

 

全体的によくまとまったステージだったと思います。

1つのチームに見えましたし、ボーカルレベルの高い練習生が集まっているため、ボーカルも全体的に安定していました。

ただ、チェヒョンがプレッシャーを感じすぎたのか、本来の実力を出し切れなかったのが残念だったと感じました。

 

ガルプラ・クリエーションミッションのチーム分けは?

ガルプラ・クリエーションミッションに進んだメンバーは各国の個人順位の上位8人とプラネットパス3人から、辞退した1人を除き合計26人です。

 

クリエーションミッションチームは順位発表前に視聴者の投票により一旦決定していましたが、第2回順位発表式の結果を踏まえ、チームメンバーが調整されました。

 

ガルプラ・クリエーションミッションのチーム分け:뱀 (Snake)

https://twitter.com/_girlsplanet999/status/1444891131800473602?s=20

この曲は7人のチームになります。

뱀 (Snake)チーム分け&ポジション

  1. キムダヨン:リーダー、ボーカル1
  2. シェンシャオティン:キリングパート、ボーカル3
  3. スールイチー:メインボーカル
  4. フーヤーニン:ボーカル2
  5. ウェンジャ:ボーカル4
  6. ツァイビーン:ラッパー1
  7. 江崎ひかる:ラッパー2

 

※ソヨンウンとキムスヨンがU+ME=LOVEに移動となりました。

 

ガルプラ・クリエーションミッションのチーム分け:Shoot!

https://twitter.com/_girlsplanet999/status/1444890311956697088?s=20

この曲も7人でのチーム分けとなります。

Shoot!チーム分け&ポジション

  1. チェユジン:リーダー、メインボーカル
  2. 永井愛実:ボーカル1
  3. ヒュニンバヒエ:ボーカル2
  4. グインマヤ:ボーカル3
  5. チェンシンウェイ:ボーカル4
  6. 岸田莉里花:ボーカル5
  7. 池間琉杏:ボーカル6

 

※このチームは移動がありませんでした。

 

ガルプラ・クリエーションミッションのチーム分け:U+ME=LOVE

https://twitter.com/_girlsplanet999/status/1444890538809823233?s=20

この曲も7人でのチーム分けとなります。

U+ME=LOVEチーム分け&ポジション

  1. 坂本舞白:リーダー
  2. キムスヨン:キリングパート
  3. メイ
  4. チョウシンユー
  5. 嘉味元琴音
  6. ソヨンウン
  7. 野仲紗奈

 

※キムスヨン、ソヨンウンがsnakeチームから、野仲紗奈がUtopiaチームから移動してきました。

 

プラネットパスにより生存したメンバーが2人いるため、他のチームに比べて人気メンバーが少ない印象です。

ただ、プラネットパスのメンバーは実力者ですし、他のメンバーも実力者ぞろいですよね。

このチームに関してはポジション決めの映像がほとんどなかったため、分かり次第更新します。

 

ガルプラ・クリエーションミッションのチーム分け:Utopia

https://twitter.com/_girlsplanet999/status/1444890853172908034?s=20

Utopiaチーム分け&ポジション

  1. キムボラ:メインボーカル
  2. カンイェソ:キリングパート、ボーカル3
  3. キムチェヒョン:ボーカル1
  4. ファンシンチャオ:ボーカル2
  5. 川口ゆりな:ボーカル4

 

※野仲紗奈はU+ME=LOVEチームに移動しました。

 

ガルプラ・クリエーションミッションの曲を紹介!

クリエーションミッションの課題曲は4曲で、それぞれテイストが異なっています。

  1. snake
  2. Shoot!
  3. U+ME=LOVE
  4. Utopia

 

1曲目のsnakeは蛇のようなくねくねとした動きが特徴の曲で、ガールクラッシュな雰囲気です。

メンバーもガールクラッシュ系の人が集まっていますよね。

 

2曲目のShoot!は元気あふれる雰囲気の曲で、若くエネルギッシュなメンバーが集まっています。

3曲目のU+ME=LOVEはアイドルになりたてのグループが歌いそうな曲調ですが、歌いながら激しいダンスがあるので難易度が高そうです。

 

4曲目のUtopiaはとにかくボーカルが綺麗で印象的な曲です。

メンバーもボーカルが得意な人が集まっていますよね。

 

各チームの人数調整のため移動したメンバーが数人いますが、ほとんどのメンバーは視聴者投票によってイメージに合う曲に挑戦することになります。

ガルプラで初めてオリジナルの曲に挑戦するので、どんなステージになるのか楽しみですね。

 

ガルプラ・クリエーションミッションのチーム分けでみんなの声は?

ガルプラ・クリエーションミッションのチーム分けでみんなの声を紹介します。

https://twitter.com/yxy_1212/status/1441382345471193100?s=20

https://twitter.com/yontansukiiiii/status/1441395167370514444?s=20

さまざまな声が上がっていますが、投票方法やメンバーへの声が多くありました。

現時点での投票ルールだと、韓国メンバーや後半に放送されるチームが不利だとの指摘も多いです。

クリエーションミッションでの投票も大きなカギとなってくるため、どんな結果になるのか気になりますよね。

 

ガルプラ・クリエーションミッションのルールは?

ガルプラ・クリエーションミッションのルールで分かっていることは、

  • 視聴者投票により決まった曲を披露する
  • チームのJ、K、Cグループの人数ルールはなし

ということです。

クリエーションミッションは、プデュでいうコンセプト評価とも言われていますよね。

 

クリエーションミッションに挑戦できるメンバーは27人※のため、ガルプラ・コンビネーションミッションでの順位や結果が大きく関係しました。

※生存したシュイズーインが辞退したため、結果的に26人

 

なお、クリエーションミッションの投票期間は9月10日~11日の24時間で行われました。

 

ガルプラ・クリエーションミッションの結果やチーム分けまとめ

今回はガルプラ・クリエーションミッションの結果とチーム分け、曲についてまとめました。

実力を発揮できたメンバー、できなかったメンバーが大きく分かれたミッションだったと思いますし、チームごとの雰囲気も全く違い、雰囲気が良かったチームは全体的にすばらしいステージでしたよね。

これからもガルプラを応援していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。