好きだけど別れた男は未練がある?元カノに未練がない男の行動も解説!

好きだけど別れた男の未練

好きだけど別れた男には未練が残っている場合があります。

好きだけど別れたということは、何かしら原因があって別れざるを得なかったのではないでしょうか。

納得して別れたつもりでも、未練タラタラの男もいると思いますよ!

今回は、好きだけど別れた男が未練を抱く理由と特徴、未練が残る期間、元カノに未練がない男の行動を解説します。

また、未練がある男性とは復縁の可能性もあるので参考にしてください。

好きだけど別れた男に未練があるのはなぜ?

好きだけど別れた男に未練があるのはなぜか、次の5つの理由が考えられます。

  1. 別れた理由が物理的に解決が困難な理由だった
  2. ケンカ別れなど後悔する別れ方をした
  3. ちょっとした価値観の違いがあった
  4. 別れてから元カノの魅力に気づいた
  5. 新しい彼女ができても元カノと比べてしまう

好きだけど別れなくてはいけない状況だったり、別れてから本当は好きだったのだと実感したり、未練がある理由は様々あるようですね。

 

例えば、遠距離恋愛だったり、相手が既婚者だったり、物理的に解決が困難なことがあると好きだけど別れるという選択を強いられる場合があります。

別れた原因がちょっとしたケンカや価値観の違いだと、謝ることもできずに未練だけが残ってしまいそうです。

別れてから元カノの魅力に気づいたり、違う人と付き合っても元カノと比べたり、未練を徐々に実感してくる人もいます。

 

別れた理由が物理的に解決が困難な理由だった

別れた理由が物理的に解決が困難な理由だったとしたら未練が残ってしまうでしょう。

どれだけ相手を好いていたとしても、別れる選択をせざるを得なかったのですから、未練が残るのは当たり前なのかもしれません。

例えば、遠距離恋愛で会えない時間が長くなることに耐えられなくなったり、相手が既婚者で恋人を続けるには迷惑をかけてしまうと考えたりしたらどうでしょう。

好きという気持ちがありながら、別れる選択をするのはとても辛いと思います。

 

両思いとわかっていても、物理的な距離や乗り越えられない壁があることで別れると気持ちが追いつかないのではないでしょうか。

嫌いになったわけではないのですから、別れたとしても気持ちは相手の方に向かっています。

別れた現実を受け入れたくない気持ちが未練となって、別れを選択した男性の胸に残っているのかもしれません。

 

ケンカ別れなど後悔する別れ方をした

ケンカ別れなど後悔する別れ方をした場合、時間が経つに連れて未練を感じるようになるでしょう。

ケンカをした直後は相手が悪いと思っているので怒りの方が強いかもしれません。

しかし、時間が経って冷静になってくるとなぜ別れ話まで至ってしまったのかと後悔の気持ちが押し寄せるでしょう。

 

例えば、仕事が忙しくてデートを忘れてしまったり、彼女が他の男友達と仲良く話しているところを見てしまったり、その場では許せないと感じるケンカをしたのではないでしょうか。

話し合えば解決することだったかもしれません。

その場でカッとなって相手を傷つけて別れてしまったとしたら、なぜあの時謝らなかったのか、許してあげなかったのかと思ってしまうのです。

時間が経つにつれて冷静になり未練が生まれるでしょう。

 

ちょっとした価値観の違いがあった

ちょっとした価値観の違いがあったことで別れると、じわじわと未練を感じる男性もいます。

人はそれぞれ生きてきた過程が違うので、もちろん価値観も異なるでしょう。

いくら好きな人でも価値観が違うのは当たり前です。

しかし、好きな人は一番近くにいる人でもあるので、自分の価値観を受け入れてほしいと強く思ってしまうのかもしれませんね。

 

例えば、男性の方が仕事優先だったり、女性の友好関係が気になったり、優先順位の違いなどは価値観の違いが出やすいと思います。

価値観の違いが受け入れられなくて別れを選択するカップルもいるでしょう。

別れた後に、人はみんな価値観が違うことを友達や新しい恋人を通して再認識する場合もあるでしょう。

価値観の違いが当たり前だったのに自分の価値観を押し付けていたと感じた時、未練が生まれるのかもしれませんね。

 

別れてから元カノの魅力に気づいた

好きな人は一番近くにいる人でもあるので、別れてから元カノの魅力に気づいた男性は未練を強く感じるでしょう。

今まで一番そばにいた元カノの魅力は、付き合ってから時間が経つにつれ、当たり前になってしまう場合があります。

付き合った当初は、すごい!と思っていたことも、慣れてしまうと当たり前になるのです。

 

美味しい料理を作れることも、仕事でデートが中止になることを許してくれることも、当たり前になっていたのではないでしょうか。

別れた後に、美味しい料理がなくなったり、デートの中止を許してくれるのは当たり前ではないと諭されたりすることで元カノの魅力に気づきます。

付き合っている頃は日常化していたことでも、別れることによって大きな魅力だったことに気づく日が来るのではないでしょうか。

もう別れてしまっているので、残るのは未練だけのようですね。

 

新しい彼女ができても元カノと比べてしまう

新しい彼女ができても元カノと比べてしまうことが続くと元カノに未練を感じていると自覚する男性はいると思います。

何かきっかけがあって、付き合うことを諦めたと思いますが、人によってはまだ好きだと思っていなかった場合もあるのではないでしょうか。

別れるときは納得したつもりで別れを告げ、新しい彼女を作る人もいるでしょう。

納得したつもりでも新しい彼女と過ごす中で、無意識に元カノと比べているのです。

無意識に比べていたと自覚した時、はじめて元カノに未練があるんだと気づくでしょう。

 

新しい彼女にはなかった気配りが元カノは上手だったり、仕事のこともサポートしてくれたりと無意識に比べてしまうことはあると思います。

男性にとって当たり前のことも新しい彼女にとっては当たり前ではないことも出てくるでしょう。

その時に、元カノを思い出してしまうことで、なんで別れてしまったんだろうと考えてしまうようですね。

新しい彼女ができても、元カノと比べてしまう自分がいると気づくことで、元カノへの未練を意識してしまうようです。

 

好きだけど別れた未練タラタラな男の特徴

好きだけど未練タラタラな男の特徴は次の5つです。

  1. 元カノの写真を捨てられない
  2. つい元カノの話をしてしまう
  3. 連絡手段がある場合は元カノに連絡する
  4. 共通の友人から彼女の近況を聞き出そうとする
  5. 他の人と付き合っても長く続かない

未練タラタラな男性は元カノを心の奥底では忘れたくなくて、元カノの存在を感じることのできるような行動をとってしまうようです。

 

元カノとの思い出の写真やプレゼントなどは捨てることができません。

また、友人などと話していても、つい元カノの話をしてしまいます。

連絡手段がある場合は、元カノに連絡をして声を聴きたいと思うようです。

また付き合いたいと思っている男性なら、元カノの近況を共通の友人に聞いたりする人もいます。

あなたに未練タラタラであることで、新しい彼女ができたとしてもその関係は長続きしないようです。

 

元カノの写真を捨てられない

元カノの写真を捨てられないのは、未練タラタラな証拠ともいえるでしょう。

別れた理由は人それぞれですが、元カノの写真を手放せないのは元カノを今でも愛しているからです。

別れたことも、心のどこかでは受け入れられずにいるように感じます。

好きだけど振られてしまったり、つい感情的になって別れを切り出してしまったり、物理的に付き合い続けられなくなったり、別れたことに納得していないのでしょう。

 

写真は元カノの存在を感じやすいアイテムのひとつです。

写真で元カノの姿を見たり、デートに行った時の写真を見たりすることで思い出がよみがえってくるのでしょう。

元カノの写真を捨てられないのは、元カノのことがまだ好きで思い出に浸っていたいからなのではないでしょうか。

 

つい元カノの話をしてしまう

つい元カノの話をしてしまうのは、別れた後も未練タラタラだからと考えられます!

同性の友達と集まっているときに、恋愛話となると元カノの話で盛り上がろうとするのです。

この場合、男性は元カノに対して未練タラタラであると気づいていない可能性もあります。

 

話しの内容が元カノの愚痴などでも、元カノを意識していることに違いはありません。

男性は忘れようとして元カノの愚痴を言っているのかもしれませんが、逆効果になっていると気づいていないのです。

別れた事実を受け入れていると思っていても、受け入れることができずにいるようにも感じます。

元カノの話が多いことを友人から指摘されて、元カノに未練があると自覚する日が来るのではないでしょうか。

 

連絡手段がある場合は元カノに連絡する

好きだけど別れることを選んだ未練タラタラな男性は、別れた後だとしても連絡を取り合うことに抵抗がありません。

連絡手段がある場合は元カノに連絡をするという男性は、未練を自覚している人が多いと思います。

別れた後でも連絡するのは、まだ好きだからと伝えたうえで連絡してくる人もいるでしょう。

 

遠距離恋愛を続ける自信がないとか、相手が既婚者だったとかになると現状付き合うのは難しいということで、両思いとわかっていながら別れた人もいるでしょう。

友達に戻ろうと別れ話をしただけで、嫌いになったわけではありません。

友達に戻るとしても、まだ好きだから縁を切りたくないと思って連絡をしてくるのかもしれません。

未練タラタラと自覚しながらも、縁を切りたくないという気持ちから連絡を止められないのだと思います。

 

共通の友人から元カノの近況を聞き出そうとする

共通の友人から元カノの近況を聞き出そうとする男性は未練タラタラの場合があります。

共通の友人から元カノの近況を聞く場合は次の3つの理由があると思います。

  1. 好きだけど別れてしまったため復縁できる機会をうかがっている
  2. 別れた相手が幸せになっていてほしい
  3. 嫌いになって別れたから自分より幸せになっていてほしくない

共通の友人に男性の話し方がどんな雰囲気だったかなど尋ねれば男性の目的もわかるのではないでしょうか。

 

未練タラタラな男性は、元カノとの復縁を望んでいて友人から近況を聞き出そうとしているのです。

また、幸せかどうか聞きながらも、新しい彼氏ができていないと聞くと安心した方な顔をしていると思います。

共通の友人から、男性が元カノのことを聞いてきたと言われたら何を聞いてきたか、どんな様子だったか聞いてみるといいでしょう。

 

他の人と付き合っても長く続かない

未練タラタラな男性は他の人と付き合っても長く続かない特徴があります。

元カノと比べたり、理想の彼女像のレベルが高くなったり、元カノ基準で新しい彼女も見てしまうのです。

新しく付き合いはじめた彼女も、男性の様子から元カノと重ねられていると気づいて、彼女のほうから別れを切り出される場合もあるでしょう。

 

男性は他の人と付き合っても、元カノに未練を抱いている場合はどこか楽しくないと感じることがあるようです。

新しい彼女ができると最初はうれしくなって、彼女との思い出作りを大切にしようと努力を惜しまないでしょう。

しかし、付き合いが長くなるにつれて元カノと比べてしまったり、元カノの魅力に気づいたりすることも多くなります。

その時、元カノが好きだけど別れたことに気づき、未練があると自覚するでしょう。

 

好きだけど別れた男の未練はどのくらい続く?

好きだけど別れた男の未練はどれくらい続くのでしょうか?

これは個人差がありますが、平均して1週間から3ヶ月ほどは未練を感じていると言われています。

未練が強い人であれば3ヶ月以上続き、その中には何年も未練を感じ続けることだってあるそうです。

 

好きだけど別れた女性は別れた直後に未練を感じて、時間をかけてその未練を消化していく傾向があります。

しかし、男性は別れた直後ではなく時間がたつにつれてじわじわと未練を感じる傾向があるようです。

未練を感じる理由はいくつかあって、時間の経過だけではなく、新しい彼女ができるなどのきっかけがあって未練を自覚する人もいます。

別れた原因や状況にもよるとは思いますが、未練が少しでもある場合は時間をかければかけるほど未練を感じることが多くなるのかもしれません。

 

好きだけど別れた男でも元カノに未練がない男の行動の特徴

好きだけど別れた男でも元カノに未練がない男の行動の特徴は次の4つが考えられます。

  1. 仕事や趣味を思い切り楽しんでいる
  2. 元カノの話題を自分から出さない
  3. 必要以上に連絡しない
  4. 元カノの価値観を大切にしてくれる

未練が全くないとは言い切れませんが、男性なりに未練をうまく消化している人もいるようです。

 

仕事や趣味を思い切り楽しんでいるのであれば未練が残っている可能性は低いでしょう。

また、未練タラタラな男性とは違い、未練がない男性は自分から元カノの話題をわざわざ出さないはずです。

はれものに触るような感覚でもなく、フラットな雰囲気だと思います。

別れているため、元カノに迷惑をかけることがないように連絡も必要最低限で、人によっては連絡先を消すことも考えるでしょう。

別れても繋がりがある人であれば、価値観を理解して人生を応援してくれるのではないでしょうか。

 

仕事や趣味を思い切り楽しんでいる

仕事や趣味を思い切り楽しんでいるようであれば、好きだけど別れたという男性でもうまく未練と向き合い消化していると思われます。

恋愛ではなく、他のことで達成感や充実感を得ようとすることで、元カノの未練を消化しようとしているのではないでしょうか。

 

好きで別れているとなると未練を消化するのはなかなか難しいです。

元カノと過ごした時間をふと思い出してしまうこともあるでしょう。

葛藤しながらも、自分の好きなことや集中できることで心を満たし、元カノに対する未練を消化しようとしているのです。

悲しいことがあったあとに、自分にとってポジティブなことで心を満たすことで過去の恋愛をいい思い出に変えることができるのではないでしょうか。

 

元カノの話題を自分から出さない

好きだけど別れた男性でも未練がない場合は、元カノの話題を自分から出さない傾向があります。

別れたことが悲しいから出さないのではなく、男性としても納得して別れたからこそ終わった話として話題にすることではないと判断したのでしょう。

未練がない男性の特徴として、自分から元カノの話はしなくても、聞かれて答えられる範囲であれば答えてくれると思いますよ。

 

元カノの話題を自分から出さないのは、彼女に対する未練を消化しきっているからと考えられます。

未練がある男性は、未練でも愚痴でも元カノの話を自分から出してしまうのに対して、未練が消化している男性にとって元カノはいい思い出です。

元カノがいい思い出になっているのであれば、愚痴や彼女にとって恥ずかしいエピソードなんて話すはずがありません。

好きだけど別れたのであれば、別れたとしても彼女を傷つけるようなことは口にしないはずです。

 

必要以上に連絡しない

必要以上に連絡しないのは好きだけど別れた未練よりも、元カノに幸せになってほしい気持ちのほうが強いからだと考えられます。

好きなのに別れることを選択した上に、未練がないということは、別れを選択せざるを得なかった状況だったのではないでしょうか。

遠距離恋愛や相手が既婚者だったということであれば、自分の未練よりも相手の幸せを思って別れたと思います。

 

相手の将来を思って別れたとしたら、連絡をしない方が良い場合もあるでしょう。

将来できる新しい彼氏や、パートナーとの間に誤解や亀裂を生む可能性があるからです。

もう別れていると言っても、連絡を取り合っている異性がいると知られては相手にとっても気分がいいものではありません。

人によっては不幸を招く可能性もあります。

そこまでわかっている人であれば、必要以上の連絡を送ることはせず、お互いの幸せを考えた行動をとるでしょう。

 

元カノの価値観を大切にしてくれる

好きだけど別れた男性でも未練がないのであれば、元カノの価値観を大切にしてくれると思います。

別れた後でも、同じ職場や共通の友人が多いなど切っても切れない関係性が残る場合もありますよね。

好きだけど別れた男性で未練がある男性は無理にでも関係性を取り戻そうとしてくる人もいると思います。

しかし、未練が上手く消化できている人であれば、元カノの価値観をわかったうえで接してくれる男性もいるでしょう。

 

好きだけど別れた男性の中には未練よりも、相手が幸せになる方がいいと考えてくれる人もいます。

また、好きな人だからこそ、価値観を理解してあげられるのは自分だと考えているのでしょう。

好きだけど別れた男性の中には、価値観を理解できるからこそ、元カノに幸せであってほしいと願っている人もいるようです。

 

好きだけど別れた男に未練があるなら復縁も考えられる

好きだけど別れた男に未練があるなら復縁も考えられる場合もあります。

復縁が考えられる状況は次の5つです。

  1. 別れた原因が取り除ける状態になった
  2. 共通の友人などに協力してもらい彼の近況を知る
  3. 自分磨きをして魅力をあげる
  4. 価値観の違いなど受け入れられるようになった
  5. 一緒にいる未来をリアルにイメージできる

好きだけど別れた状況を解決できていて、彼に元カノに対して好意がまだあるのであれば復縁は十分考えられます。

 

別れた原因が解消され、気持ちさえ離れていなければ復縁を望んでいる可能性が高いのではないでしょうか。

共通の友人を通じて、彼がまだ元カノに未練があることを知ることができ、フリーでいることがわかれば復縁できると思います。

また、自分磨きをすることで自分にも自信がつき、相手の男性が復縁を考えるきっかけになるかもしれません。

距離をとることでお互いの価値観を受け入れることができるようになり自然と復縁する場合もあるでしょう。

なによりも一緒にいる未来を想像できることで、復縁する可能性はぐっと高くなると思います。

 

別れた原因が取り除ける状態になった

別れた原因が取り除ける状態になったのであれば、復縁の可能性はかなり高くなると思います。

とくに、お互い両思いでも別れなければならなかった状況が改善するのであれば、再びお付き合いをするのは自然な流れなのではないでしょうか。

例えば、住んでいるところが遠くて一緒にいられないことがつらくて別れたのに、近くに引っ越すことができるようになったらどうでしょう。

お互いフリーの状態であれば、お付き合いを再開することができるのではないでしょうか。

 

また、どちらかが既婚者だったためお付き合いをやめたとして、離婚したとなったらどうでしょうか。

男性からしたら、自分が元カノを本当に幸せにしたいと心から思うはずです。

別れた原因が物理的なもので、原因を解消することができたのであれば復縁は十分考えられると思います。

 

共通の友人などに協力してもらい彼の近況を知る

共通の友人などに協力してもらい彼の近況を知ることができれば、工夫しだいで復縁の可能性はグッと高くなります。

まずは、彼がフリーであることや、元カノに関して未練がある様子かどうかなどを聞いてみましょう。

付き合っていない様子で、まだ未練がありそうであれば、あなたが好きだけど別れた男性のことをまだ気にしていることを伝えてもらうのです。

もしかしたら、男性のほうからアクションがあるかもしれません。

 

ケンカ別れや価値観のズレで別れてしまった場合、後になってから好きなのに別れてしまったことに気づく場合があります。

男性も女性も未練が残る別れをしたと言っても過言ではありません。

ケンカ別れや価値観の違いによる別れをした場合は連絡も取りにくいと思います。

もし心を許せる共通の友人がいるのであれば、協力してもらい復縁を考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

自分磨きをして魅力をあげる

自分磨きをして魅力をあげることで、好きだけど別れた男性の未練を刺激して復縁を考えさせることができるかもしれません。

好きだけど別れた理由は様々あるでしょうが、あなたがさらに魅力的な女性になることで独占欲を刺激するのです。

男性も魅力的なあなたを見ることで、別れた原因の解決に働きかけたり、ケンカしたことや価値観について考え直したりするようになります。

 

また、自分磨きをすることであなたの心も余裕が生まれるのではないでしょうか。

考え方が変わったり、自立心が強くなり他人への依存がなくなったりすることで多くの人からも認められるようになるでしょう。

誰かのために頑張らないといけないと思うよりも、自分が自分のために頑張った分評価されることで心の余裕が生まれます。

別れた原因も小さなことに感じられるようになるかもしれませんよ。

 

価値観の違いなど受け入れられるようになった

好きだけど別れた原因が価値観の違いだとしても、時間が経つにつれ価値観の違いなど受け入れられるようになったら復縁の可能性が高くなります。

別れたときに価値観の違いを感じたとしても、時間が経つにつれ元カノの魅力のほうが価値観を上回ってくる場合があります。

別れてから他の人を見たり、友人と話したりしていると、元カノの魅力に気づいてくるようですね。

 

また、生きてきた環境が違うのだから価値観の違いはあって当たり前と考えられるようになる人もいるでしょう。

価値観の違いが受け入れられるようになると、別れた理由を解決したことになるため復縁する道は開けると思いますよ。

価値観の違いなどは乗り越えられるものだったと思えるようになると、復縁したいと男性のほうから申し出があるのではないでしょうか。

 

一緒にいる未来をリアルにイメージできる

一緒にいる未来をリアルにイメージできるのであれば、あなたの行動しだいで復縁を引き寄せられる可能性があります。

女性は男性よりも現実的な未来を想像する能力が高い傾向があります。

好きだけど別れたくらいですから、その時は幸せな未来は想像できなかったのではないでしょうか。

しかし、別れた原因が解消できたり、相手のことがどれだけ好きだったか自覚したりすることで復縁をイメージできるようになると実現する可能性が高くなります。

 

リアルにイメージできることは実現するという考えがあります。

逆に想像できないことが現実になることはありません。

あなたが復縁を強くイメージすることで、あなたの行動は変わってくるでしょう。

好きだけど別れた男性が変わっていくあなたを見て何も思わないわけがありません。

自分も変わろうと、復縁するために行動してみようと思うのではないでしょうか。

あなたが復縁をリアルに強くイメージすることで未来が変わってくる可能性はありますよ!

 

その一方で、お互い好きだけど別れた後に復縁せずに他の関係性になることも。

お互い好きだけど別れた後の関係性や、復縁するべきか考えるポイントはこちらをご覧ください。

 

まとめ

好きだけど別れた男が未練を抱く理由と特徴、未練が残る期間、元カノに未練がない男の行動を解説しました。

また、未練タラタラな男性とは復縁の可能性も十分あることがわかりましたね。

好きだけど別れた理由を取り除いたり、それすらも受け入れることができるようであれば、復縁も十分あり得ます。

あなたにとって未練の残らない、望ましい未来が訪れることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。