彼氏に会わないとどうでもよくなる8つの理由!会えない時間の男女の違いとは?

彼氏と会わないとどうでもよくなる

彼氏に会わないとどうでもよくなる女性が多いのには理由があります!

女性と男性は脳の作りが違うと言われており、考え方が根本的に異なるのです。

会えない時間が長くなればなるほど、女性は不安も消え、冷静になってきてしまいます。

冷静になって、今の彼氏と付き合っている意味を考えるようになるでしょう。

今回は彼氏と会わないとどうでもよくなる理由、会えない時間の男女の違いはなにか解説します。

彼氏に会わないとどうでもよくなる8つの理由

女性が彼氏と会わないとどうでもよくなる理由は次の8つが考えられます。

  1. 会っているときのときめきが冷めていくから
  2. 愛されていないと感じるから
  3. ひとりの時間に慣れてしまうから
  4. いい未来を想像できないから
  5. 会えない現実から逃げたくなるから
  6. 頼りにしたいときに傍にいてくれないから
  7. 彼より近くにいる良い人に気づくから
  8. 仕事・趣味や他の人との付き合いで充実感を得ているから

女性は会っている現実に満足したり、会うことで愛情を感じたりすることが多いのです。

そのため、会えない彼氏に満足できなくなってしまうことはあるでしょう。

 

会っていない時間が長くなるほど、相手へ抱いていた不安も自分や周りの環境に目が行くようになります。

愛されていないと感じている時間から、自分の周りや将来、自分自身を見つめ直す時間になるのです。

仕事や趣味、今の彼氏よりもそばにいてくれるステキな人など、夢中になることを見つけて彼氏への気持ちが冷めていく場合もあるでしょう。

 

会っているときのときめきが冷めていくから

女性は会っているときのときめきが冷めていくから、彼氏のことがどうでもよくなってしまうことがあります。

会っているときは、彼氏と一緒にいることの幸せで胸がいっぱいになるでしょう。

しかし、会っていない時間がそれ以上に長くなると、胸いっぱいになっていたときめきも忘れてしまうのです。

 

女性は恋愛モードと仕事モードなどのスイッチを男性よりもうまく切り替えられる人が多い傾向があります。

彼氏といた思い出もあまり引きずらないため、恋愛モードにスイッチが切り替わるには彼氏を目の前にするなどのアクションが必要です。

思い出だけではスイッチの切り替えが難しくなるでしょう。

会わない時間が長いと女性の気持ちが恋愛モードに切り替わらずに、ときめきが冷めていくのです。

ときめきが冷めてしまい、彼氏の存在もどうでもよくなってしまうのではないでしょうか。

 

愛されていないと感じるから

愛されていないと感じることで、彼氏のことがどうでもよくなってしまう女性も多くいます。

会う時間を作ってくれないということは、愛されていないのではないかと不安になる女性もいるでしょう。

自分だけこんなに会いたいと思っているのではないかと感じると、彼氏への愛も急に冷めていく可能性があります。

 

女性は愛されていると感じることで、この男性についていこうと決心します。

また、女性からの愛情にしっかり応えてくれる男性に愛されていると感じるのです。

女性がいくら会えるようにスケジュール調整したとしても、男性から会う工夫や努力を感じられなければ恋心が一方通行であると感じるでしょう。

ずっと一方通行で愛されていないと感じてしまったら、一気に恋愛感情も冷め、彼氏はどうでもよくなってしまうでしょう。

 

ひとりの時間に慣れてしまうから

あまりに会わない時間が長いとひとりの時間になれてしまうから、彼氏のことはどうでもよくなってしまう女性もいるでしょう。

1ヶ月以上も連絡も少なく、会っていないとなるとひとりでいる時間がどんどん長くなってしまいます。

人によっては、会えないことに落ち込んでいる人もいるでしょう。

しかし、しだいにひとりの時間に慣れ、むしろ充実してくる人もいるのではないでしょうか。

 

今まで行けなかったところに出かけたり、新しい趣味ができたり、彼氏のことが気になってできなかったことができるようになります。

ひとりでいることが当たり前で、彼氏とデートに行かなくてもいいかなと思うようになってきてしまうかもしれません。

会わない時間が長くなり、ひとりの時間に慣れてしまうことで、彼氏のことはどうでもいいと思うようになってしまう女性もいるようですね。

 

いい未来を想像できないから

年齢に関係なく、いい未来が想像できないから、彼氏のことはどうでもよくなって振ってしまう女性もいるでしょう。

女性は現実主義者も多いので、彼氏との未来をリアルに想像する人が多いです。

今が楽しいことは大前提ですが、この人と最終的にどこまで付き合うのかなと想像してしまうのです。

 

女性は1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後と長い将来を想像するでしょう。

その中には結婚や出産など、この先のライフプランまで考える人もいると思います。

そんな中、会う回数も時間も少ない、最近は会ってすらいないという関係であれば、どう思うでしょうか。

会う回数が少ないと、彼氏との未来も想像しにくいですよね。

愛情を感じない人とは、将来の約束は難しいでしょう。

そのため、いい未来を想像できなくなり、女性は今の彼氏をどうでもいいと感じるようになります。

 

会えない現実から逃げたくなるから

いくら大好きでお付き合いを始めた相手だとしても、会えない現実から逃げたくなるため彼氏のことを考えることをやめる女性はいるでしょう。

彼氏のことを考えないようにしているうちに、彼氏のことをどうでもいいと思うようになってしまうのです。

 

大好きな相手であればあるほど、女性は会えない現実が辛くなります。

そのため、会えない現実を受け入れられず、根源である彼氏のことをあまり考えないようにしてしまうのです。

あまり考えないようになってしまうので、女性のほうから彼氏に会いたいということも少なくなるのではないでしょうか。

会えない現実から逃れるために他のことに夢中になる女性もいるでしょう。

会わない時間が長くなり、あんなに好きだった彼にも興味が薄らいできてしまうのではないでしょうか。

 

頼りにしたいときに傍にいてくれないから

女性が頼りにしたいときに傍にいてくれないから、彼氏に対してどうでもいいとレッテルを貼ってしまう女性もいるでしょう。

やはり、彼氏を持つのであれば頼りになる存在の方が良いと感じる女性のほうが多いと思います。

落ち込んでいたり、何かトラブルに巻き込まれてしまっていたり、精神的にも物理的にも頼りたいときは必ずあると思います。

その時に限って、どんな理由だとしても会えない、傍にいてもらえないとなれば悲しいですよね。

人によっては、もっと頼りになるステキな男性がいるのではないかと思ってしまうのではないでしょうか。

 

普段からも会えない、いざってときに頼りにもならないのであれば、何で付き合っているんだっけと考え直すようになります。

頼りたいと思うときに傍にいてくれなければ意味がないと気持ちが冷めてしまうのも時間の問題でしょう。

 

彼より近くにいる良い人に気づくから

会う時間も作ってくれない彼より近くにいる良い人に気づくから、彼氏のことはどうでもいいと思うようになってしまうのかもしれません。

会えない時間が長ければ長いほど、自分の周りを見る余裕が生まれます。

 

彼のことが好きでしょうがないときは、彼の事しか目に映らないでしょう。

しかし、会わない時間が長くなると寂しい気持ちや不安がたまってきます。

ひとりの時間にも慣れてくると、不安な気持ちも薄れてきて自分の周りに目が行くようになるでしょう。

そして、自分の周りに彼以上に良い人がいると気づけば、彼に対してどうでもよくなってしまうのです。

彼氏のことを嫌いになるというよりも、かまってくれない彼氏よりも意識する相手ができる感覚なのではないでしょうか。

 

仕事・趣味や他の人との付き合いで充実感を得ているから

彼氏と会わない時間に仕事や趣味、他の人との付き合いで充実感を得ているから、彼氏のことはどうでもいいと思うようになってしまうのかもしれません。

彼と会えない時間に、仕事や趣味に真剣に取り組むことができ、いつも以上に充実感を得ることができるようになるでしょう。

また、会えない時間に他の人との付き合いで、食事やイベントに行くことで彼に会えない寂しさを解消する人もいるのではないでしょうか。

 

彼と会えない寂しさや不安を解消する方法を仕事や趣味で見つけられれば、彼と会わなくても平気になりますよね。

彼と会っているとき以上の充実感を得られていると感じれば、彼のことをどうでもいいと思うようになるのも時間の問題でしょう。

 

会えない時間の男女の違いは?

会えない時間に女性と男性が考えていることは大きく違うことをご存知ですか?

これは、男性脳と女性脳で考え方に大きな違いがあるからです。

男性は主に結果を重要視する傾向があります。

一方、女性は結果までのプロセスに重点を置く傾向があるようです。

 

男性は彼女がいるという事実に満足感を覚えます。

つまり、彼女がいる、デートをしたという事実が大事だという考え方です。

男性脳では、彼女と会えないとしても付き合っている事実さえあれば大丈夫と考えるようですね。

女性は付き合っている男性とどんなデートをしたか、どのように過ごしたかなど、内容や過程を大事にします。

また、女性脳の方が理屈よりも感情を大切にするので、男性が自分にしてくれた行為の裏にある感情を察するのが得意です。

女性は彼氏と会えない時間に、自分と会わないということはそこに愛情はないと感じるでしょう。

 

会えない時間に気持ちが冷めていく女性脳!

会えない時間に気持ちが冷めていくのは圧倒的に女性脳の方でしょう。

女性脳はプロセスや感情を大切にする傾向があります。

そのため会えない時間は、会っていないというプロセスから、彼からの愛情はないと脳に記憶されていきます。

 

また、女性脳には感情もセットで記憶されていくため、女性が彼氏に対してどんな感情を抱いたかはとても重要です。

会えない時間、彼女が不安や退屈を感じたとすると、彼氏に対して、この人は私を不安にさせる人、退屈にさせる人というレッテルを貼っていきます。

他に楽しいものや、ときめくことを探すようになってしまうのではないでしょうか。

女性は、過程を大事にする分、過程が面白くないと思ったときの冷め方も男性に比べて早いでしょう。

 

会えない時間に男性はどう思っているの?

会えない時間、男性は次の3つを考える人が多いでしょう。

  1. 男性はひとつのことにしか集中できない
  2. どんどん好きになる
  3. 彼女がいることに安心している

男性は結果を重視する傾向があるので、まず、自分に彼女がいるという事実が大事になります。

 

まず、彼女がいるという事実があれば、新しい彼女を作る必要がないので、他のことに集中することができます。

他にも、自分のことを思って無理にデートをねだってこない理解のある彼女としてみているのかもしれません。

そして何より、自分には彼女がいるということが大事な事実であるため、それで安心しきっているのかもしれません。

男性はプライドが高い傾向があるため、自分に彼女がいるというステータスが重要である人もいるのです。

 

男性はひとつのことにしか集中できない

男性はひとつのことにしか集中できない人が多いです。

そのため、彼女ができたら彼女探しをしなくていいと思っているのです。

もちろん、新しい彼女を探す必要はありませんが、デートに出かけたり連絡を取り合うことは、さほど重要だと思っていない人もいます。

 

やっと気持ちが届いて付き合うことができた相手でも、自分の彼女になったという事実で満足できてしまいます。

恋人同士になったから、いつでも会えると認識している人もいるかもしれませんね。

そのため、恋愛が落ち着いたら仕事や趣味など自分が集中したいことに没頭するようになる傾向があります。

男性はひとつのことにしか集中できない分、一度集中したら満足する結果が得られるまで取り組んでしまう人が多いです。

仕事が忙しいなどの理由でデートを断ってくるようになるかもしません。

 

どんどん好きになる

女性とは逆で、どんどん好きになる男性もいます。

男性は付き合っている彼女がいる事実が重要なので、会っていない時も会えない彼女を思い浮かべて恋愛感情を保つことができるのです。

仕事に集中してなかなか会えないのであれば、自分の事を理解して黙って見守ってくれる良い彼女として見ている可能性もあります。

 

また、男性脳から考えると、男性は理論的思考が得意です。

なぜ自分は彼女が好きなのか、しっかり説明できる男性が多いと思います。

そのため、会えない時間でも男性の頭の中にはしっかり彼女がいる状態と言っても過言ではないでしょう。

会えない時間でも彼女に対する恋愛感情は薄れにくい傾向があります。

理論が説明できない感情論などに対しては疎いところがあるので、会えないことで彼女を不安にさせていると気づくのは少し遅いかもしれませんね。

 

彼女がいることに安心している

男性脳では事実重視なので、彼女がいることに安心して会えないとしても平気と思っている人はいるでしょう。

彼女ができたことへの安心感のほうが強く、気持ちに区切りがついてしまったのではないでしょうか。

女性に告白するときはもちろん緊張しますよね。

無事告白を乗り切れたという安心感や彼女ができた達成感で満たされているのです。

 

そのため、その後のデートプランやライフプランは全く考えていない可能性があります。

男性は、未来を想像するより、現在がどれほど幸せかに焦点をおく人も多いです。

彼女がいることで、自分のステータスも上がり、精神も安定したと思っているのではないでしょうか。

彼女がいることの安心感が勝っているので、会わなくても精神が安定している男性はいると思いますよ。

 

会わないとどうでもよくなる彼氏への気持ちを維持する方法6つ

会わないとどうでもよくなる彼氏への気持ちを維持する方法を6つ紹介します。

  1. できる限り毎日連絡する
  2. 旅行に行く計画を立てる
  3. すぐに会えなくても行きたい場所などを言い合う
  4. 「寂しい」と直接伝える
  5. 次回のデートプランを一緒に考える
  6. 自分磨きをして自信を付ける

せっかく好きになった彼氏であれば、大事にしたいと思いますよね。

あなた自身が安定した精神になるためにも、彼氏への気持ちは維持することをおすすめします。

 

基本的ですが、まずはできるだけ毎日彼とコミュニケーションを取りましょう。

彼の気持ちまでわからなくなってしまっては、彼のことをどうでもいいと思うようになってしまうのではないでしょうか。

普段会うのが難しい場合は、休みを合わせて両行の計画を立てたり、行きたい場所を言い合ったりしてコミュニケーションをとってはどうですか?

もちろん、彼に会えないことを寂しいと素直に伝えるのも大事です。

次に会うまでに自分磨きをするのもおすすめですよ。

 

できる限り毎日連絡する

できる限り毎日連絡をすることでお互いの存在を確かめ合いましょう。

恋人同士になったということは、お互いのことを好きであることに間違いはありません。

会うだけがコミュニケーションではありません。

電話をしたり、メッセージを送り合ったりすることもコミュニケーションのひとつです。

実際、好きな彼女から連絡が来たら、嬉しくない彼氏はいません。

会えなくても連絡を取り合っていればお互いの状況や気持ちがわかるようになるでしょう。

 

あなたは仕事で会えないことに納得できたり、男性はあなたが会いたいと思っていることを知ることができたり、毎日連絡することでわかることがあります。

電話は仕事の関係で迷惑になると嘆いていないで、LINEなどでメッセージを送っておけばいいのです。

基本的ではありますが、まずはできるだけ毎日連絡を取ってお互いを理解する努力をしてみましょう。

 

旅行に行く計画を立てる

遠距離や仕事の都合上会う時間を作りにくいのであれば、思い切って旅行に行く計画を立てることをおすすめします。

彼氏と会えない理由が遠距離に住んでいることや、仕事のシフトなどで会えるタイミングが少ないことであればぜひ旅行を考えてみてください。

 

思い切って有給休暇を使うなど休日を合わせて、ただ会うだけでなく普段行かない場所に行ってみてはどうでしょうか。

日帰り旅行でも、充実したプランなどはたくさんあるので一緒に計画を立てるだけでも楽しいと思いますよ。

普段会えない分、会うときは特別な思い出ができるように工夫してみると、彼と会うのが楽しみになるのではないでしょうか。

会うことをお互い我慢したご褒美として、旅行に行く計画を立てておくのがおすすめです。

 

すぐに会えなくても行きたい場所などを言い合う

すぐに会えなくても行きたい場所などを言い合うだけでも、彼に会いたいという気持ちが伝わるのではないでしょうか。

お互いの時間が合わずに、旅行に行くのも難しい人もいるでしょう。

彼氏が忙しそうにしているのに、行きたい場所があると話すと嫌な顔をされないか不安に思う人もいるかもしれません。

男性としては、可愛い彼女から時間ができたら二人で行きたいねと話をされたら嬉しいはずです。

 

今は時間が作れないことも理解してくれているとわかるので、逆にあなたとの時間を作るために頑張れるのではないでしょうか。

男性のほうからも行きたい場所などの提案があるかもしれません。

忙しそうにしている彼に無理やり話すのは逆効果になるので注意が必要ですが、落ち着いて話だけでもできるタイミングで話してみてはどうでしょうか。

 

「寂しい」と直接伝える

会えないことを寂しいと感じているのであれば、「寂しい」と直接伝えることも大事ですよ。

直接会って伝えられなくても、電話などを使って、あなたの声で伝えることをおすすめします。

声を聴いてもらうだけで、あなたの気持ちも伝えることができるからです。

どうしても、LINEなどのメッセージでは気持ちまで伝えることは難しいでしょう。

人によっては文章で伝えられると重いと感じてしまう男性もいるかもしれません。

 

大事な彼女から会えなくて寂しいと伝えられたら、男性も会いたいと思うようになるのです。

それは、男性としてのプライドが刺激されるからでしょう。

男性は自分に価値がある、求められていると感じることで自信がつきます。

彼女から求められることで、嬉しいと思うと同時に満足感で満たされるのです。

そのため、あなたの会えなくて寂しいと思う気持ちは、ぜひ声にして直接伝えてあげましょう。

 

次回のデートプランを一緒に考える

デートの終わりは、そのまま終わるのではなく次回のデートプランを一緒に考える時間を作りましょう。

毎日のように顔を合わせられない相手であればなおさら、次回の約束は大切です。

次に会う日が決まっていたほうが、ワクワクしませんか?

次の予定が決まっているとワクワクするのは男性も女性も一緒ではないでしょうか。

 

次に会う日が決まらないまま別れてしまうと、次の予定を話し合う連絡をとる必要が出てきます。

連絡を取り合って、すぐに決まれば問題ないでしょうが、なかなか決まらずにだらだらとメッセージの送り合いをしていたら、飽きてしまいそうですよね。

できるだけ会っているその日のうちに、次回はいつデートをするか、どこに行くかなども決めてしまった方が話も弾みそうです。

会えない間に彼をどうでもいいように思わないためにも、次の予定は立ててしまいましょう!

 

自分磨きをして自信を付ける

会えない時間ができてしまったら、自分磨きをして自信を付けることもおすすめです。

彼氏に会えない時間があくほど、自分に魅力がないから会ってくれないのではないかなどネガティブになりやすくなります。

そして、それを考えるのも嫌になり彼氏のことをどうでもよく思ってしまうケースもあるようです。

自信がなくなってしまう前に、自分磨きをして自信を付けてはどうでしょうか。

 

また、自分磨きをすることで自信がつくだけでなく、いざ彼氏に会うときも堂々としていられる女性になります。

彼氏に依存してしまう女性はあまり魅力的とは言えませんよね。

会っていない間に依存度が高くなってしまったら、彼氏は女性から逃げたくなってしまうのではないでしょうか。

自信をつけることで、彼に依存しすぎないステキな女性になりましょう!

 

まとめ

彼氏に会わないとどうでもよくなる理由と、会えない時間の男女の違い、会えない彼への気持ちを維持する方法をお伝えしました。

彼氏に会わない間が長くなると、女性のほうがどうでもいいと思うようになってしまう傾向があります。

過程や感情を大事にする女性脳の働きによってどうでもいいと判断してしまうようです。

会えない時間は、連絡をマメにとったり、気持ちを素直に伝えたり、自分磨きをしたりすることで乗り越えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。