BlueFlame/ルセラフィムの歌詞の意味は?カナルビ・和訳も調査!

BlueFlame/ルセラフィムの歌詞の意味

ルセラフィムのファーストミニアルバムの収録曲である『BlueFlame』の歌詞や意味は?

BlueFlameはルセラフィムのメンバーであるキムチェウォンとホユンジンが作詞に参加しています。

メンバー2人の等身大の歌詞が描かれているのか注目が集まりそうですね!

今回はBlue Flame/ルセラフィムの歌詞の意味は?カナルビ・和訳も調査と題して紹介していきます。

Blue Flame/ルセラフィムの歌詞の意味・カナルビ和訳は?

Blue Flame/ルセラフィムの歌詞の意味についてですが、タイトルを直訳すると「青い炎」となりますよね。

実際、曲中でも光や熱に関する言葉が複数回出てきます。

こちらの動画でBlue Flame/ルセラフィムの歌詞・カナルビ・和訳も紹介されているのでチェックてみてください。

 

Blue Flameはルセラフィムのデビュー前から関心を集めているオリジナルストーリー「Crimson Heart」のテーマ曲とのことです。

”青い蛍=炎”が欲望を象徴し、魔法の世界に進んでいくメンバー6人の物語を表すような雰囲気があるように感じますね。

 

ルセラフィムのアルバムタイトル曲・FEARLESSの歌詞の意味やカナルビはこちらで紹介しています。

 

Blue Flame/ルセラフィムの歌詞の意味まとめ

今回はルセラフィムのBlueFlameの歌詞の意味やカナルビ・和訳などについてまとめて紹介しました。

今後新たな情報が分かり次第追加していきます。

ルセラフィムの活動を応援していきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。